Googleペナルティ

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

Googleペナルティとは、Google検索結果で、検索順位を急激に下げられたり、検索エンジンにあった検索情報を削除されたりすることを指します。検索順位を上げるために、検索エンジンのシステムを作為的に悪用することが主な原因です。

Original

ペナルティを受ける原因

検索エンジン各社では、意図的に検索エンジンのシステムを悪用して、検索順位を上げることを常にチェックしています。たとえば、検索上位を狙う悪質なやりかたとして次のよう例があげられます。

・画像の中に文字を隠す。
クローラーの特性を悪用し、特定のページキーワードを詰め込む。
・コンピューターで自動的に作成されたページを掲示する。
・オリジナル情報の乏しいコピペ(コピー&ペースト)ページを掲示する。
・過度なリンクを作為的に作り出す。

つまり、上記のような作為的な悪質行為を行った場合、ペナルティを受けることになるのです。また、作為的でなかったとしても、結果として上記のようなことをした場合には、ペナルティを受けることがあります。

もしもペナルティを受けたら

実際にペナルティを受ける前に、検索エンジンなどから「ガイドラインに違反しています」という通知が来る場合があります。その場合は、すぐに誠実に対応しましょう。

ただ実際には、事前の通知なく突然ペナルティを受けることも多いようです。この場合は、原因と考えられる要素を取り除き、再審査リクエストを送る必要があります。しかし、もとの状態に戻るには、かなりの時間がかかるといわれています。ペナルティをもらってしまった場合には、じっくり対応するしかありませんので、日ごろからペナルティをもらわないよう気をつけることが重要です。

検索エンジン各社は、検索精度を上げるために、不正防止に努めています。また、検索順位に関しては、SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)ビジネスに直結するため、かなりの注意を払って防御しているようです。

会話例

「せっかくここまで努力して順位をあげてきたのにペナルティを受けてしまった。これまでの努力が水の泡だ」