株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、デバイス/アプリ/ブラウザ間を横断してユーザー行動を可視化する「クロスデバイス機能」を2018年8月より提供開始することを発表します。
国内の効果測定ツールとしては初めてデバイスやブラウザ間で分断されたユーザー行動の推定を実現、より高い精度で広告効果測定/アトリビューション分析を実現します。

■国内広告効果測定ツール”初”「デバイス間の同一ユーザー推定」を実現
「平成29年版 情報通信白書 第1部 特集 データ主導経済と社会変革(※)」によると、スマートフォンが消費に及ぼす影響は、スマートフォンを介した消費行動の他に、購入前の情報収集端末としての利用があり、スマートフォンやタブレットによる情報収集がきっかけで商品購入に結び付いた間接効果は、個人消費額の22%を占めているとされています。
スマートフォンで情報収集を行ったユーザーが最終的にPCを介して購入に至った場合、従来のCookieを用いた計測では同一ユーザーと見なされないため、デバイスを跨いだ間接効果の可視化が難しい状況でした。
また、これまで一般的とされてきた”IDやメールアドレスを使ったクロスデバイス分析”では、PC/スマートフォンの各端末で取得したユーザー情報(IDやメールアドレス)を基に同一ユーザーの判定を行うため、情報を取得している限られたユーザーのみが対象となり、活用範囲が限定的でした。
この度アドエビスに搭載されるクロスデバイス機能は、アドエビスが取り扱う年間120億を超える国内のアクセスログデータと3rd Partyデータを、独自に開発したAI(人工知能)へ組み込むことにより、国内の広告効果測定ツールとしては初のデバイス/ブラウザを横断した同一ユーザーの類推を実現しました。これにより、クロスデバイスの紐付け対象ユーザーを飛躍的に増加し、より高い精度でデバイス/ブラウザを横断したユーザーの購買行動の分析が可能となりました。
デバイス・ブラウザを横断した態度変容を可視化
デバイス/ブラウザを横断したユーザー行動を可視化することで、顧客が商品やサービスを知り、最終的に購買するまでカスタマージャーニーを正しく捉えることが可能となります。
従来の計測ではスマートフォンで情報収集したユーザーが、PCでコンバージョンした場合、別ユーザーとして計測されていました。クロスデバイス機能では、これらのプロセスを「同一ユーザー」として紐付けを行うため、認知から購買までデバイス/ブラウザを横断した態度変容が可視化されます。
これにより、アプリ横断を加味した広告効果測定や、デバイスを横断したカスタマージャーニーの分析といった、マーケティング戦略のパーソナライゼーションを実現します。

<本機能に関する詳細はこちら>
https://pages.ebis.ne.jp/crossdevice.html
※出展:「平成29年版情報通信白書」(総務省)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/pdf/29honpen.pdf
■「アドエビス」について
「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。
URL: https://www.ebis.ne.jp
■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京本社:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者:岩田 進(いわた すすむ)
設立:2001年6月
URLhttps://www.lockon.co.jp/
事業内容:マーケティング ロボットの提供
マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」
ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」