広告マネージャー

Profile

Webサイト制作会社、SEOコンサルタント、ferret編集部を経て2016年9月に福島県にUターン。
現在はフリーランスとして、メディアを運営しつつ企業のメディア運用支援やWeb制作事業などを行う。
  
「分かり易くて、今日から活用できる情報発信を目指します!」
  
>> 執筆記事一覧はこちら

広告マネージャーとは、Facebook広告を運用するときに、広告の管理が一括でできる機能のことを指します。複数の広告の表示、入札価格や予算の変更、広告表示の一時停止、再開などの管理を同時に行なうことができます。広告マネージャー広告の運用状況を把握・検証し効果的な広告配信に活用するために使われます。

Curriculum pt1

広告マネージャーの役割

広告マネージャーでは以下の三つの点から広告を最適化することができます。

1.ターゲット

ターゲット数に対して求めるだけのリーチをできているか、が明らかにできます。不足しているならばターゲッティングがうまくいっていない、広告予算が低いなどの原因が考えられます。
「回答者の人口統計データ」の項目から、獲得したいターゲットの属性に合っているかを確認できます。

2.入札価格

Facebookの広告は同じターゲットに対して、一番入札額が高い広告が優先的に表示される「入札方式」となっています。
そのためFacebookが提示する推奨入札価格よりも低い価格に最高入札額を設定すると、広告の表示数が少なくなる可能性があります。

3.クリック率

せっかく広告が表示されてもクリックされなければ意味がありません。また、Facebookは過去のデータから、クリックされる可能性の高い広告を配信します。
クリック率(CTR)が高いものほど、多く表示されるようになります。

導入の目的

Facebook広告マネージャーは管理者であれば誰でも使うことができます。グラフやレポートとしてデータが編集されるため直観的に管理でき、また一括して広告を編集できるため大幅に手間をはぶくことができるものです。
広告の管理者は、広告マネージャーを使って、広告にかかる費用とその効果を明らかにし、マーケティングをより最適化していくことができます。

会話の中で使われる例

広告マネージャー広告を一時停止する」
マーケティング広告マネージャーを活用する」