この記事はマケストの提供にてお送りします。

メールマーケティングシステムを導入するうえで、「これだけは事前に確認しておきたい!」というポイントがありますよね。

今回は、メールマーケティングシステムの主な機能や導入時の比較ポイント、ツールを導入するメリットやデメリットについて紹介します。

「メールマーケティングシステムって何?」という方からシステム導入を検討している方までが読める内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

メールマーケティングとは?

メールマーケティングとは?

メールマーケティングとは、メールを使用したマーケティング手法のことです。

集客やファンの育成、リピーターの醸成などの目的のために、自社の顧客に対してメール配信を行います。

メールマーケティングとメルマガの違いとは

メールマーケティングメルマガの違いとは、「誰にどのような内容のメールをいつ送るか」という点にあります。

メルマガとは、顧客全員へ一斉に同じ内容のメールを送ることで、決められた曜日や時間にメール会員全員に配信されることが多いです。

一方、メールマーケティングとは、顧客一人ひとりに合った内容のメールを適切なタイミングで送ることを意味しており、メール会員の性別や登録日時、利用状況などに応じた内容、タイミングでメールが配信されます。

メールマーケティングの種類

1.ターゲティングメール(セグメントメール)

ターゲティングメール(セグメントメール)とは、設定した条件で分類した見込み顧客ごとに適切だと思われる情報をメールで配信することです。

ユーザーにとって、より興味のある情報を届けることができるため、メール配信の効果アップが期待できます。

2.ステップメール

ステップメールとは、ユーザー1人ひとりの購入意欲やアクションに応じて、ストーリー性のあるメールを複数に分けて自動配信する方法です。

やり方としてはユーザーのアクション後、段階ごとにメールを配信していきます。

(例)
資料ダウンロードのお礼

商品の基本情報

成功事例・ユーザーの声

販売への誘導

「どんな内容ならユーザーがアクションを起こしてくれるか」など、ユーザーの心に響く内容を考えながらメールを作成することが大切です。

3.休眠発掘メール

休眠発掘メールとは、一定期間アクションがない休眠顧客に対して、何かしらのアクションを促す内容のメールを配信することです。

継続的にメール配信を行っているにも関わらず休眠状態となっている場合、読んでみたいと思えるタイトルのメールを配信できていない、迷惑フィルタに引っかかってしまっているといった可能性が考えられます。

このような場合の対処のやり方は、
・メールタイトルを変更する
・差出人の表記を変更する
などを行うことで、休眠状態を解消できることがあります。

メールマーケティングのやり方

ここからはメールマーケリングのやり方について紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(メールマーケティングのやり方1)目標を設定する

メールマーケティングを行うにあたって、はじめに行うのが目標設定です。

基本的には、KPI(目標を達成するための指標)とKGI(達成したい最終目標)を設定します。

メルマガ経由で商品の問い合わせを20件増加させる」というKGIを設定した場合は、「メールの開封率・クリック率・コンバージョン率」などがKPIになります。

KPIKGIの設定が完了したら、企業にとって最も理想的なユーザー像、「ペルソナ」を考えます。
ペルソナは設定が詳細であればあるほど、より具体的な行動パターンをイメージできるでしょう。

(メールマーケティングのやり方2)配信リストを準備する

続いて、メールアドレスの獲得・メール配信先リストの準備を行います。
ここで重要になるのが、「KGIを達成するためにどのくらいの配信する必要があるのか」です。

KPIKGIで設定した数と、現在のリード数のギャップをしっかり理解し、各数値を逆算して配信数を決定しましょう。

現在保有しているリード数ではメールの配信が難しいという場合は、先にリード数の獲得を優先します。

また、ユーザーからの問い合わせを待つだけではなく、メールの開封率やクリック数を分析して、企業側からフォローコールをしてみると、新たな商談を生むきっかけとなるかもしれません。

(メールマーケティングのやり方3)メールを作成する

メール配信先リストを準備したら、いよいよメール作成です。
メールは、先ほど設定したペルソナをもとに作成していきます。

本格的なメールマーケティングを行う場合は、「カスタマージャーニー」の作成をおすすめします。

カスタマージャーニーとは、商品購入やコンバージョンアップといった企業が目標としているアクションを起こすまでにユーザーが踏むプロセスを可視化したものです。

やり方としては、ペルソナを設定した後にこのカスタマージャーニーを作成することで、より深く顧客の心理を理解できるようになります。

企業側が顧客の心理を正しく理解することで、ユーザーにとって魅力的なメール内容になるでしょう。

(メールマーケティングのやり方4)メールを配信する

メールを作成したら配信設定を行います。
ペルソナ設定やカスタマージャーニーマップをもとに、配信時間や配信曜日を設定します。

メールマーケティングの場合は、メールを大量かつ正確に配信する必要があるため、ツールを活用すると効率的です。

ツールには、メール配信専用のものもあればメール作成から配信機能がついたものもあるため、企業のマーケティングに適したツールを選びましょう。

(メールマーケティングのやり方5)効果測定を行い各要素の再考・改善を行う

メール配信後は、効果測定を行い結果に応じて再考・改善を行います。

効果測定にはツールの分析機能でメールの到達率やクリック率などを確認します。

開封率が少ない場合は、「メールの内容以前にタイトルに興味を持ってもらえなかった」ということが考えられます。

反対に、メールの開封率は高いがURLのクリック率やコンバージョン率が低い場合は、「メールの内容に魅力を感じなかった」「単に商品・サービスに興味を持たなかった」などが考えられます。

このように、改善すべき点や良かった点を洗い出すことで、メールコンテンツのクオリティを高めていくことができるのです。

効果的なメールマーケティングを実施するには?

ユーザー設定や何を伝えるのかを明確にする

効果的なメールマーケティングを実施するためには、ユーザー設定や何を伝えなければいかないのかを明確にする必要があります。

ユーザー設定が曖昧な場合は、メールの内容すらも曖昧になってしまいます。

メールの内容が曖昧だと、いくらメールタイトルが良くてもユーザー側は「何を伝えたいのだろう?」と疑問に思い、商品・サービスの購買意欲が下がる可能性もあります。

そうならないためにも、「最終的にユーザーに何をして欲しいのか」を考えることが重要なのです。
上記でも紹介したように、やり方で重要な点は、ペルソナやカスタマージャーニーを細かく決めることです。ユーザーに何を伝えるべきなのかが明確になるでしょう。

PDCAを回して定期的な改善を行う

メールマーケティングには、改善を行いやすいという特徴があります。

ツールの分析機能を活用して「何がダメだったのか」「何が良かったのか」といったデータを的確に抽出できるため、何が原因なのかが明瞭になります。

メールを配信するごとに分析し、改善を続けることで、より理想的なコンテンツ内容を作成できるでしょう。

悪い点だけでなく、良い点は「こうすればもっと良くなるのではないか?」と提案を出し合うこともできます。

メールマーケティングシステムとは?

メールマーケティングシステムとは?

メールマーケティングシステムとは、設定したユーザーにメールを配信できるシステムのことです。
1度に大量かつスピーディーにメールを送信することができます。

メールマーケティングシステムにはクラウド型・オンプレミス型の2種類あり、近年ではクラウド型のシステムも一般的になってきています。

BtoBはもちろん、BtoCでも多く活用されており、効果測定機能が搭載された万能なシステムも多く販売されています。

メールマーケティングシステムの主な機能

メール作成機能

  • HTMLメールエディター:知識がなくてもHTMLメールが作成できる
  • 自動差し込み:個別の情報を文面に差し込むことができる
  • 絵文字・デコメール配信:携帯キャリアの端末に適した絵文字や装飾ができる

メール配信機能

  • HTMLメール、マルチパート配信:HTMLで装飾したメールを配信できる
  • 予約配信:指定した日時にメールを配信することができる
  • ターゲット配信:指定したグループにのみ配信できる

分析機能

  • クリック率:文面のURLを測定用のURLに変換できる
  • 配信エラー分析:配信に失敗したアドレスを確認できる
  • 開封率:到達したメールの開封数・開封率を測定できる

メールマーケティングシステムの比較ポイント

【比較ポイント1】メールの配信数上限

メールマーケティングシステムを比較する際は、メールの配信数に上限があるかどうかを確認しましょう。

毎回1,000通以上ものメールを配信する企業が、配信数500通までのシステムを導入しても意味がありません。

事前にメールをどのくらい配信するのかをしっかり確認し、その上限数に合ったシステムを選びましょう。

中には配信数に制限のないシステムもあるため、その他の機能なども考慮したうえで、じっくり検討してみてください。

【比較ポイント2】予算内で導入できるか

予算内で導入できるシステムかどうかという点も、比較するべきポイントの1つです。
いくら性能が良くても、自社の予算をオーバーするシステムは導入できません。

メールマーケティングシステムの初期費用や月額費用は、システムの性能や機能によって異なります。

もちろん、機能が豊富で性能が良いものほど値段は高い傾向にありますが、必要な機能だけを揃えてムダなく導入できるシステムもたくさんあります。

メールマーケティングシステムを比較する際は、自社の予算内に収まるものの中から選びましょう。

【比較ポイント3】自社が必要としている機能があるか

メールマーケティングシステムを比較する時、料金だけに目を向けてはいけません。

自社が必要としている機能を搭載したシステムであるかどうかも、重要な比較ポイントです。

メールマーケティングシステムを「何のために導入するのか」「どのように利用していくのか」をはっきりさせることで、自社に必要な機能が明確になります。

・年代や性別ごとにターゲット配信を行いたい
・ステップメールを配信したい
・エラーメールの配信を停止したい
など、各企業の課題や悩みを解消してくれる機能を搭載したシステムを導入するようにしましょう。

【比較ポイント4】クラウド型かオンプレミス型か

メールマーケティングシステムには、クラウド型とオンプレミス型の2種類にわかれています。

初めてシステムを導入するという方は、設定に手間がかからず低料金なクラウド型がおすすめです。
サーバーの設置が不要で特別な設定もないため、比較的すぐに利用を始めることができます。

オンプレミス型は、自社サーバーを利用してメール配信を行うため、サーバーの調達からPCの設定が完了するまでに工数とコストがかかります。
ですが、カスタマイズ性に優れており、自社オリジナルのものがつくれるなど、本格的なメールマーケティングにおすすめです。

【比較ポイント5】セキュリティやサポートは万全か

ネット犯罪が多発している現代で、セキュリティの甘いシステムはすぐにターゲットになってしまいます。

メールマーケティングシステムの中にもセキュリティ対策に特化しているものは多数販売されています。

ですが、単に「このシステムは万全のセキュリティ対策を施しています」とだけ記載されていても「どんなセキュリティなの?」と不安になってしまいますよね。

暗号化や二段階認証など、セキュリティの内容を細かく記載しているシステムなら、事前にどんなセキュリティがなされているのかを確認することができます。

顧客データはもちろん、自社の情報を漏洩させないためにも、強固なセキュリティを持つシステムを選びましょう。

メールマーケティングツール導入のメリット

比較前に確認!メールマーケティングツール導入のメリット

はじめに、ツールを比較する前に知っておきたいメールマーケティングツール導入のメリットについて紹介します。

メリット1:比較的低コストで導入できる

メールマーケティングツールは、比較的低コストで導入できるというメリットがあります。

クラウド型は自社サーバーが不要のため、月額数千円程度で利用することが可能です。
中には無料で利用できるツールもあります。

また、難しい設定もなく知識不要で操作できるため、中小企業や個人事業主の方にもおすすめです。

簡単にメールを作成・配信できるため、これまでかかっていた作業時間の短縮にもつながるでしょう。

メリット2:高いROI(投資利益率)が期待できる

メールマーケティングツールを導入するメリットとして、高いROI(投資利益率)が期待できることが挙げられます。

メールマーケティングツールは、他のマーケティング施策やサービスと比べても比較的安価に利用できます。

加えて、ターゲットとなるのは既にメルマガ登録をしている会員のため、コンバージョンにもつながりやすいというメリットもあります。

メールマーケティングを上手く活用し成果を出せれば、他の手法と比較してもメールマーケティングツールの費用に対して高いコンバージョンに期待できるでしょう。

メリット3:各登録会員に、最適な情報を確実に配信できる

メールマーケティングツールを導入することで、各登録会員に最適な情報を配信できます。

ツールを導入していない企業では、登録会員には同じメールを送っているところも多いでしょう。

メールアドレスを追加すればターゲットとなる会員にメールを送信できますが、誤送信の可能性も高く、何より手間がかかっていまいます。

ツールを導入することで「この人にはこの内容を」「この人にはこの商品・サービスを」といったターゲットに絞ったメールコンテンツを作成・送信できます。

メールマーケティングツール導入のデメリット

次に、ツールを比較する前に把握しておくべきメールマーケティングツール導入のデメリットについて紹介します。

デメリット1:予算や人員の確保が必要

メールマーケティングツールを導入するデメリットとして、予算や人員の確保が必要ということが挙げられます。

メールマーケティングは長期的な運用となるため、ノウハウの習得や体制づくりが必要不可欠です。

また、オンプレミス型のツールを導入した場合、比較的カスタマイズが自由にできますが、それなりの技術や知識が必要です。

他にもメールを作成する人員や会員を管理する人員など、メールマーケティングに付随する業務を対応できる人員が確保できなければ、スムーズな運用は難しいでしょう。

デメリット2:運用に手間がかかる場合がある

メールマーケティングツールを導入することで、運用に手間がかかってしまうというデメリットもあります。

比較的利用しやすいクラウド型でも、操作に慣れるまでには多少なりとも時間がかかります。
初めてツールを導入する企業ならなおさらです。

操作に慣れるまでの時間は人によってそれぞれ異なるため、社員の習熟度に合わせて担当業務を指定すると良いかもしれません。

また、ある程度自動化できるとはいえ、メールのコンテンツ内容などは自社で考える必要があります。

コンテンツの内容を考える時間やどんな構成にするかなどの手間は毎回発生するため、その分の時間の確保が必要です。

デメリット3:セキュリティやサポートの心配

他の方法と比較し、セキュリティやサポート面で不安があるということも、メールマーケティングツールを導入するデメリットとして挙げられます。

メールマーケティングツールは、自社のPCにインストールして利用するため、情報漏洩やウイルス侵入の確率がゼロではありません。

もちろんメンテナンスやトラブル発生時に対応してもらえるツールはたくさんありますが、セキュリティやサポートが甘いツールほど復元率は低くなるでしょう。

万が一のことも考えて、
・高いセキュリティ性を持つツールを導入する
・自社PCにウイルス対策ソフトをインストールする
といった対策をとる必要があります。

メールマーケティングツールの導入事例

金融事業(ネット銀行)

データベース上の顧客情報を活用してMAを加速する「EBM」システム導入を機にメールマーケティングツールを導入。

膨大な時間をかけて手作業で配信先をリスト化していた100時間を超える作業の削減に成功しました。

通販・EC企業のWebコンサルティング事業

顧客の“見える化”が実現できる点やデータ抽出の速さ、操作性の高さ、親身なサポートなどを評価。

EC・通販、Webマーケティングの企業にご提案しています。

おすすめのメールマーケティングツール比較一覧

b→dash(ビーダッシュ)

b→dash(ビーダッシュ)

b→dash(ビーダッシュ)は、企業のニーズに合わせてマーケティングに必要な機能を提供するマーケティングプラットフォームです。

ビジネスデータを取得から活用までワンストップで完結します。
操作性に優れており、誰でも簡単に業務を進めることができます。

また、マーケティングリテラシーとシステムリテラシーをプロが企業を徹底サポート。
最短ルートでの目標達成を実現します。

>>b→dash(ビーダッシュ)のサービス詳細はこちら[マケスト提供]

配配メール

配配メール

配配メールは、月額メール配信数上限なしのメールマーケティングツールです。

シンプルなテキストメールから、絵文字や装飾を使ったデコメール・HTMLメールなど、さまざまな種類のメルマガを簡単に作成できます。

テスト配信や予約配信設定機能が搭載されており、初心者の方でもミスなく効果的にメール配信が可能です。

メール配信後の効果測定もワンストップで対応でき、その後の再考・改善もスムーズです。

>>配配メールのサービス詳細はこちら[マケスト提供]

カスタマーリングス

カスタマーリングスHP画像.PNG

カスタマーリングスは、充実した支援体制で企業のサポートを行うメールマーケティングツールです。

電話やメール、Webでのサポートはもちろん、コンサルタントによるCRM戦略支援や分析支援もあります。
勉強会やセミナーも開催しており、マーケティングに関する情報提供も可能です。

充実したサポート体制のほか、直感的な操作画面やカスタマイズ不要でデータ統合ができるなど、機能性にも優れています。

>>カスタマーリングスのサービス詳細はこちら[マケスト提供]

メールマーケティングツール比較一覧表

| メールマーケティングツール名 | b→dash(ビーダッシュ) | 配配メール | カスタマーリングス |
|:-------:|:--------------------------:|:--------------------------:|:--------------------------:|:--------------------------:|
| 年間費用 | 要問い合わせ | 10,000円~ | 300,000円 |
| 月額費用 | 要問い合わせ | 10,000円~ | 98,000円 |
| 機能数 | 12以上 | 4 | 4 | 12 |
| クラウドorオンプレミス | クラウド | クラウド | クラウド |
| サポート体制 | メール、電話 | 電話 | メール、電話、オンライン |
| セキュリティ | ISMS認証、ISMSクラウドセキュリティ認証、プライバシーマーク認証 など | 24時間365日の有人監視、データ消失時のバックアップ など | 要問い合わせ |
| 配信数(上限) | 要問い合わせ | 上限なし | 要問い合わせ |
| 無料プラン | なし | なし | なし |
| 無料トライアル | なし | あり | なし |

まとめ

今回紹介したツールの中に比較して気になるものがあれば、資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

また、下記ではおすすめのツールの資料を一括で請求できます。

「まとめてサービスを比較したい」「詳しい詳細が知りたい」方はぜひご利用ください。