この記事はマケストの提供にてお送りします。

MA(マーケティングオートメーション)ツールを導入する際、ほとんどの企業が自社にとって最適なツールを選ぶと思います。

ですが、中には「どんなものが合っているのかわからず値段で決めた」「性能重視で決めた」など、自社に適したツールを見極められず安直に導入している企業も多いでしょう。

今回は、導入前に見ていただきたいツール比較ポイントや、おすすめのMAサービスを紹介します。

MA(マーケティングオートメーション)のサービス比較ポイント

MA(マーケティングオートメーション)のサービス比較ポイント

比較ポイント1:自社の戦略に合ったMAツールか

自社の戦略に合ったツールかどうかという点は、MA(マーケティングオートメーション)ツールを導入する際の重要な比較ポイントとなります。

BtoB向けやBtoC向けのように、戦略が根本的に異なるツールもあるため、自社がどちらの戦略を行うのか、しっかり把握しておく必要があります。

また、戦略以外にも「導入目的と合致しているか」「必要な機能が搭載されているか」なども大事な比較ポイントです。確認しておきましょう。

比較ポイント2:費用面に無理がないか

MA(マーケティングオートメーション)ツールを導入する際は、自社の予算内で無理なく導入できるツールを選びましょう。

導入費用が高ければ性能も高いというわけではありません。
中には低コストで高性能なMAツールもたくさんあります。

自社の導入コストや月額コストを細かく割り出し、その予算内で比較し自社の戦略に適したMAツールを賢く選択しましょう。

それぞれのMAツールの特徴や欠点を見極める良い機会にもなります。

比較ポイント3:拡張性があるか

拡張性のあるMA(マーケティングオートメーション)ツールであるかという点も導入前に比較しておくべきポイントの1つです。

機能の拡張や他のシステムと連携ができるMAツールであれば、実用性はさらに増します。

また、拡張性の高いMAツールは長期にわたって利用し続けることができるため、買い換える必要がなくコスト削減にもつながります。

MAツールは、今後の運用体制が大幅に変更された場合でも柔軟に対応できるものを選ぶようにしましょう。

比較ポイント4:自社のリソースのみで運用できるツールか

MA(マーケティングオートメーション)を実行していくためには、十分な人的リソースと時間的リソースを確保しなければなりません。

導入したものの、「人が足りない」「時間がない」となってしまったら運用に失敗してまう可能性がぐっと高まります。

そうならないためにも、運用に関連する社員や部署内のメンバーからそれぞれ数名ずつMAの実行メンバーとして取り入れて、業務をスムーズにこなしていける環境を整えることが理想的です。自社のリソースで運用できないツールを導入しても宝の持ち腐れとなってしまうのです。

比較ポイント5:信頼性があるか

MA(マーケティングオートメーション)を比較する際は、信頼性のあるツールであるかどうかもチェックしておきましょう。

サポート体制が悪くセキュリティ性の低いMAツールは、いくら導入費用や月額コストが安くても導入を懸念してしまいますよね。

利便性や企業情報の漏洩リスクを考えると、上記のようなMAツールの導入はあまりおすすめできません。

セキュリティ性が高く、電話やメールでの問い合わせが可能など、導入した企業が快適に利用できるツールを選びましょう。

おすすめのMAツール3選一覧

b→dash(ビーダッシュ)

b→dash(ビーダッシュ)

b→dash(ビーダッシュ)は、大手企業からベンチャー企業まで、業種・業界を問わず導入可能なMA(マーケティングオートメーション)ツールです。

マーケティングに必要な機能を、各種幅広く用意されているため、企業のニーズに合った最適な機能を提供することができます。

また、メールやWebページなどのコンテンツを複数用意し、訪問したユーザーに対して自動的にパターンを振り分けて表示することが可能です。

ABテストがスムーズになり、効率的に改善を行うことができるようになります。

>>b→dash(ビーダッシュ)のサービス詳細はこちら[マケスト提供]

カスタマーリングス

カスタマーリングス

カスタマーリングスは、マーケティングの一連の流れをワンストップで対応できるMA(マーケティングオートメーション)ツールです。

顧客のWebサイト閲覧履歴と連携することで、かご落ちユーザーへのリマインドメールなど、カート情報を活用したフォローやアプローチが可能になります。

また、アクセスログを利用して分析を強化し、より効果的なマーケティングを実現します。

他にも魅力的な機能が多数あるため、気になる方は下記URLで詳細をご確認ください!

>>カスタマーリングスのサービス詳細はこちら[マケスト提供]

MOTENASU(モテナス)

MOTENASU(モテナス)

MOTENASU(モテナス)は、、顧客一人ひとりに特別感を演出できるMA(マーケティングオートメーション)ツールです。

これまでアフターフォローにかけていた手間や工数を大幅に削減し、よりきめ細かなアプローチを行うことができます。

1度シナリオを作成すれば永続的に運用することが可能です。

また、すべての顧客接点を個別に最適化できるため、顧客に対してより特別感を演出したOne to Oneコミュニケーションを実現し、エンゲージメントを上げてリピート率の向上を狙うことができます。

>>MOTENASU(モテナス)のサービス詳細はこちら[マケスト提供]

MAツール比較表

MAツール名 b→dash(ビーダッシュ) カスタマーリングス MOTENASU(モテナス)
初期費用 要問い合わせ 300,000円~ 300,000円
月額費用 要問い合わせ 98,000円~ 100,000円~
BtoB or BtoC BtoB向け BtoC向け BtoC向け
サポート体制 電話、メール オンラインサポート、勉強会 電話、メール、訪問
セキュリティ ISMS認証取得、ISMSクラウドセキュリティ認証取得、プライバシーマーク認証取得 データ管理、暗号化、利用者制限 など 要問い合わせ
他サービスとの連携
無料プラン × ×
無料お試し × × ×

まとめ

今回紹介した比較ポイントを参考にすることで、自社にとって最適なMAツールを導入まずはを進めていきましょう。

下記より、複数のMAツールの詳細をまとめて比較・検討することができます。

「今すぐMAツールを検討したい」という方はぜひ下記より資料請求をして、比較してみてください。まずは、資料請求することで、漠然と描いているMAツールを具体的に比較することができます。