この記事はマケストの提供にてお送りします。

今回は、Web広告外注サービスの選び方や比較ポイントなどについて紹介します。

特に、初めてサービスを取り入れようとしている企業や、サービスの再検討をしている企業にとって有益な情報となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

外注サービスの選び方と比較ポイント

外注サービスの選び方と比較ポイント

外注先がどこまで請け負ってくれるのか

外注サービスを選ぶ際は、どこまで請け負ってくれるのかを事前に確認して依頼するようにしましょう。

  • アカウント設計
  • 各種アカウント設定
  • 広告文作成
  • A/Bテスト
  • タグの発行
  • レポーティング

など、外注先によって手数料内で対応してもらえる内容が異なるため、自社で「ここまではやってほしい」というものがあれば、直接外注先などに問い合わせると良いかもしれません。

信頼できる外注先・担当者か

信頼できる外注、担当者であるかも重要な比較ポイントです。

もし、依頼するのが初めてで信頼できる外注先が見極められないという場合は、
・企業が損するような内容を提案されていないか
・企業の予算内で請け負ってくれるか
など、企業にとってデメリットとなる点がないかを確認しましょう。

もし売上目的の外注先・担当者であれば、どこまでも企業予算を上げてもらおうとしてきます。

話を聞いただけではわからないとう場合は、1度依頼してみるのも良いでしょう。
ただし、最低利用期間が短いプランでなければ、利用してみてやっぱりだめだと感じてもすぐに解約できないため、注意が必要です。

改善を急かさない、極端な改善をしないか

改善を急かしたり、極端な改善を行ったりする外注サービスはあまりおすすめできません。

外注サービス側が、すぐに効果が出せる施策を次々に打ち出してしまうと、これから効果がでそうだった施策が「効果なし」として判断・処理されてしまう可能性が高くなってしまいます。

また、「これはこうした方がもっと効果を出せる」という理由から極端に改善を行ってしまうと、正確なデータを集めることができず、これまでの費用をムダにしてしまうこともあります。

改善を急かす・極端な改善を行う外注は、売上を上げることしか考えていないといっても過言ではありません。
いくら外注側から「早くこうしましょう」と言われても、企業が納得のいくデータが取れるまでしっかり運用してもらうようにしましょう。

費用、手数料が相場と乖離していないか

Web広告の運用を外注サービスへ依頼する際は、費用や手数料が相場と乖離していないかもしっかり確認しましょう。

通常は、広告費の20%を手数料としているところが多いですが、極端に多く手数料をとる代理店も少なくありません。

運用を依頼する前に、自社の広告費に対してどのくらいの手数料が発生するのかを計算することで、外注へ依頼することが相応の手数料を提示しているかどうかがわかります。

費用対効果を少しでも高くするためにも、不必要な出費はなるべく抑えましょう。

コミュニケーションがとれるか

外注の担当者としっかりコミュニケーションがとれるかどうかも、比較するべきポイントの1つです。

担当者のレスポンスが速ければ速いほど、細かい内容まで連絡を取り合うことができるため、コミュニケーションの少ない外注先と比べてスムーズに運用が行えます。

セミナーなどに参加してコミュニケーションが取りやすそうな外注先を選ぶのも良いですが、セミナーで話をしてくれた人が必ず担当者になるとは限りません。

契約をする前に、運用担当者が誰なのかを確認し、コミュニケーションを取りやすいかどうかチェックしましょう。

Web広告を気軽に出せるおすすめの外注サービス

ASUE(リスティング広告運用代行)

ASUE(リスティング広告運用代行)

ASUE(リスティング広告運用代行)は、広告の運用代行の他にLPの制作や改善も対応可能なサービスです。

運用者1人に対しての担当件数を制限することで、きめ細かなフォローを実現しています。

また、ASUEには制作チームがあり、LPの制作や改善なども行うことが可能です。

リスティング広告の運用はもちろん、企業の目標達成に向けて分析や改善を惜しまないため、成果を求める企業に選ばれ続けています。

>>ASUE(リスティング広告運用代行)のサービス詳細はこちら[マケスト提供]

Shirofune(シロフネ)

Shirofune(シロフネ).png

Shirofune(シロフネ)は、導入実績No.1の広告運用アルゴリズムを搭載した、クラウド広告運用ツールです。

専門知識が不要な簡単操作で、リスティング広告ディスプレイ広告の運用を自動化できます。

1日10分、管理画面に表示される改善を確認、実行するだけで広告効果を得ることが可能です。

>>Shirofune(シロフネ)のサービス詳細はこちら[マケスト提供]

Web広告外注サービス比較表

Web広告外注・代理店名 ASUE(リスティング広告運用代行) Shirofune(シロフネ)
初期費用 0円 0円
月額費用 50,000円~ 1,980円~/ユーザー
サポート体制 電話、メール 問い合わせフォーム
セキュリティ 要問い合わせ 要問い合わせ
無料プラン × ×
無料お試し ×

まとめ

Web広告を外注先に依頼する場合は、企業の要望を柔軟に聞き入れしっかり効果を出せるかどうかをしっかり見極めましょう。

下記より、豊富な実績を持つWeb広告サービスの詳細が記載された資料を無料でダウンロードすることができます。サービスの詳しい情報を知ることは検討に不可欠です。資料の一括ダウンロードで効率のよい比較を!ぜひご活用ください。