Webサイトのサービスページは、「製品・サービスについて詳しく知りたい」ニーズに応えるページです。

ここで興味を深めることができれば、お問い合わせ・資料請求にもつながっていく、重要なポジションにあります。御社のWebサイトは、訪問者のニーズにうまく応えられているでしょうか?

この記事では、Webサイト制作の際に知っておきたい、サービスページの作り方について解説します。

目次

  1. サービスページとは
  2. サービスページの構造
  3. サービスページの作り方
  4. ダメなサービスページの例
  5. サービスページでは「詳しく知りたい」に応える

サービスページとは

サービスページは、サービスコンセプトや、何ができるサービスなのかを網羅的に説明するページです

Webサイト全体の中でいうと、赤枠の部分のページになります。複数サービスがある場合は、この下層に各サービスA、B、Cといったページが続きます。この記事では、1つのサービスを1ページで紹介するパターンで解説します。

サイト全体の構成については、「BtoBのサイト制作で、これだけはそろえておきたいページ一覧」の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

website_servicepage_pattern_1.png

トップページでもサービスの紹介はありますが、それはあくまでも「気になるところを、つまみ食い的に読んで納得してもらう」「さらに知りたいと思ってもらう」ことが目的でした。

それに対して、サービスページを訪れるユーザーは「サービスについて、より詳しく知りたい」と思っています。製品・サービスが「誰の、どんな問題を、どう解決してくれるのか」全体像を知ってもらい、興味と理解を深めてもらえるページを作っていきましょう。

サービスページの構造

サービスページは下記の情報構造で作っていくのがオススメです。

・メインビジュアル・キャッチコピー・導入文
・サービスの特長
・機能紹介
・CTA(Call-To-Action)
・他ページへの導線(導入事例/価格/よくある質問 など)
作り方のポイントを、各パートごとに解説します。

メインビジュアル・キャッチコピー

ファーストビューの画像である「メインビジュアル」は、トップページ同様に

・ペルソナに合った画像
・商品・サービス内容がわかる画像
という視点で選びましょう。

また、キャッチコピーでは、「このサービスはどういったものか」といった特長を伝え、「自分のためのサービスだ」と感じてもらえる表現を選びます。

▲▲(サービス・製品名)とは
〇〇〇〇〇〇(どんなサービスなのかを端的に示したもの)

サービスの特長

続いて、サービスの特長について伝えるパートです。

キャッチコピーで伝えた「▲▲(サービス・製品名)とは〇〇〇〇〇〇(どんなサービスか)」の「〇〇〇〇〇〇」について、特長を数点に絞って説明していきます。

キャッチコピーでは一言で表されたものを、このパートで数点に分解し、このあとに続く機能紹介のパートで、より具体化していきます。サービスページを読み進めるにつれて、サービスが理解が深まっていく流れを意識してみてください。

機能紹介

機能紹介パートでは、トップページでは紹介しきれなかった主要機能を漏らさず伝えます。

この時重要なのは、機能の押し売りではなく、「ユーザーの課題やニーズにどう応えられるか」を伝えることです。

サイト訪問者は、この製品・サービスは

・自分にどういったメリットがあるのか
・どういったタイミングで役に立つのか
・機能として十分であり、不足しているものはないか

という視点で品定めをしています。そういった疑問・不安に対して、それを払しょくできる答えを、各機能と絡めて説明していきます。

img_One_Tip3.png

いつでも大事なのは、ユーザー目線!

会社が伝えたい商品スペック紹介に終始しているのはNG。サイト訪問者が「知りたいこと」「調べたいこと」を伝えましょう。

CTA(Call-To-Action)

お問い合わせボタン・資料請求ボタンなどの「Call-To-Action(コール・トゥ・アクション)」パートも忘れずに設定しましょう。

「いつでも、ご質問・ご相談ください」「専門スタッフがさらに詳しく機能についてご説明いたします」などの一言が添えてあると後押しになります。
website_servicepage_pattern_2.png

他ページへの導線

製品・サービスについてさらに検討したいという人が、次に知りたい情報はなんでしょうか?

・どういった企業が成果を出しているかを知りたい →「導入事例」
・導入する際の費用を知りたい →「価格・プラン」
・気になる疑問について回答が知りたい →「よくある質問」
など、訪問者が次に興味を持ちそうなページへの導線も設定しておきましょう。サイトを回遊することで、製品・サービスへの理解を深めてもらえます。

ここまでが、サービスページを構成するパーツになります。

サービスページの作り方

サービスの全体像を「ストーリー」で読ませる

サービスページでは

・メインビジュアル・キャッチコピー・導入文
・サービスの特長
・機能紹介
・CTA
の流れで「ストーリー」で読ませることを意識します。

website_servicepage_pattern_4.PNG

抽象的な表現から具体的な説明へ、粒度を細かくしていき、製品・サービスへの理解を深めてもらうストーリーを展開していきましょう。

読みやすさ・わかりやすさを意識する

ストーリーで読ませるためには、読みやすさ・わかりやすさも重要です。

長文でダラダラと説明をするのではなく、文章をブロックで区分けし、適切な見出しをつけましょう。見出しだけを読んでも意味が伝わるのが理想です。

website_servicepage_pattern_3.png

ダメなサービスページの例

逆に、こんなサービスページはNG、という例をご紹介します。

ストーリーで読ませる工夫がなく、「自分のためのサービス」と感じにくい

website_servicepage_pattern_5.png

・サイト訪問者にとって「自分ごと化」しにくいキャッチコピーで、共感できない
・ストーリーで読ませるべきところを、別ページへのリンクにしていて詳細がわからない
・CTAや、他のページへの導線といった次のアクションがない

など、各パーツのつながりがなく、訪問者にとって不親切な設計になってしまっている例です。

機能の押し売りになり、ユーザーのニーズや課題に応えていない

website_servicepage_pattern_6.png

「機能紹介」のパートでもお伝えしたように、訪問者が知りたいのは

・自分にどういったメリットがあるのか
・どういったタイミングで役に立つのか
・機能として十分であり、不足しているものはないか
です。単なる製品・サービスの機能一覧だけでは、これらのニーズには応えられません。

会社として伝えたいこととの押し売りでは、訪問者に「自分にとって必要なサービス」とは思ってもらえません。

サービスページでは「詳しく知りたい」に応える

サービスページの訪問者は、サービス・製品にある程度興味を持ってくれています。その「詳しく知りたい」というニーズに応えるために、サービスページは「ユーザーが求めていること」をしっかり伝える役目があります

ダメなサービスページの例にならないように注意しながら、サービスページを読んで「さらに詳しく知りたい」と思ってもらい、問い合わせ・資料請求へつなげていきましょう。