Web集客にとって大切なことの一つに、品質の高いコンテンツを作成することが挙げられます。ユーザーのニーズを捉えたコンテンツを作成することに注力したいので、Webサイトの制作や管理にはできるだけ時間やコストをかけたくない人も多いでしょう。

CMSコンテンツ・マネジメント・システム)は、誰でも簡単にWebサイトの制作や管理ができるものです。その中でも代表的な存在であるWordPressは無料で利用でき、世界中の企業や個人に利用されています。

そこで今回はWordPressをこれから使いたいと思っている人のために、初期設定や基本的な操作方法をまとめました。

WordPress(ワードプレス)とは

WordPressとは、HTMLCSSの技術知識がない人でもWebサイトの作成ができる無料のCMSです。

世界のCMSの中でもトップシェアを誇るWordPressは、機能追加ができるプラグインや、デザインテンプレートであるテーマが豊富であり、無料で利用できるものも数多くあります。

世界中で利用されているオープンソースのCMSということもあり、世界のデザイナーやエンジニアの知恵を手軽に利用できるのも魅力の一つと言えるでしょう。

本来はブログ作成専用のソフトではあるものの、ブログのみならず、企業のWebサイトから通販サイトに至るまで、幅広くWordPressが利用されているのです。

オリジナリティの高いWebサイトを制作したい企業の場合は、無料のテーマを使わず、Webサイト制作会社に独自のデザインを作成してもらえます。

さらに、デザイン面だけではなく、機能的なカスタマイズすることも可能で、自社に最適なWebサイトを構築できるのです。使い勝手のよいWordPressは、いまやWebマーケティングにおいて欠かせない存在であり、さらなる進化が期待されています。

とても便利なWordPressですが、メリットも多ければ、デメリットもあります。両方をきちんと把握しておきましょう。

WordPress(ワードプレス)のメリット

無料で利用できる

WordPressの最大の魅力と言えるのは無料であることでしょう。

個人ブログから大企業のオフィシャルサイト、通販サイトまで対応できる機能を備えつつ、WordPressの利用に関するコストはかかりません。独自のCMSを構築すると数百万円の予算が必要になることもあるので非常に大きなメリットです。

テーマやプラグインが豊富

テンプレートにあたるテーマや機能追加ができるプラグインには、無料で利用できるものがたくさんあります。

有償のテーマでも、無料のテーマにはない魅力的なものがありますが、極端に高いものは少なく、使いやすいのです。多くの選択肢から自社に適したものを使えるのはありがたいでしょう。

専門知識がなくてもサイト運営ができる

テーマを設定してしまえば、文字を入力して投稿するだけでWebサイトを運営できるのです。

テーマを自分で作成するには専門知識は必要ですが、テーマの設定やページの更新作業は誰にでもできます。

場所を問わずWebサイトを更新できる

WordPressにログインするためのアカウント情報とインターネットにつながる端末さえあれば、どこからでも更新作業ができます。

スマートフォンのアプリを使用した更新作業も可能です。

カスタマイズが可能

テーマを自社のニーズに合わせてカスタマイズできるので便利です。

テーマの中にはSEOに強いものもあり、手軽にSEO対策に強いWebサイトを構築できます。

WordPress(ワードプレス)のデメリット

セキュリティに心配な部分がある

世界中で利用されるオープンソースの人気CMSということもあり、WordPressの脆弱性を狙ったサイバー攻撃のリスクがあります。

最新版のアップデートによりセキュリティを高められるものの、別の方法で狙われる可能性があり注意が必要です。

ページの表示速度が遅い場合がある

WordPressは、ページを表示する際、データベースからデータを呼び出して表示します。そのため、静的なページと比べてページの表示が遅くなる可能性があります。

アップデートに伴う障害リスクがある

セキュリティ対策としてもWordPressのバージョンは最新にしておきたいところですが、プラグインが最新バージョンに対応しておらず正しく機能しないといったリスクもあります。

WordPress(ワードプレス)を動かせるサーバーの用意が必要

WordPressが動作するサーバーを用意しなければいけません。レンタルサーバーの仕様がWordPressに対応しているか確認しましょう。

それほど高い料金ではありませんが、データベースを使えるプランを選択する必要があります。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

WordPress(ワードプレス)の初期設定方法

初期設定の前に、まずはサーバーにWordPressをインストールしておいてください。

レンタルサーバーに簡単にインストールできる機能があれば、かなりスムーズに作業できます。最近はそういったサービスが増えているものの、レンタルサーバーにインストール機能がなければ公式サイトからダウンロードしたファイルを自分でサーバーに設定する必要があります。

その際はPHPやMySQLがWordPressの要件に対応しているか確認しましょう。

それでは、インストールの完了後に実施するべき設定を説明します。使い始めてから変更すると困るものもありますので注意しましょう。

サイトのタイトルとキャッチフレーズを登録する

image26.png

まず、WordPressの管理画面にある左側のメニューにある「設定」をクリックし「一般」を選択しましょう。

「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」の入力欄が表示されます。「サイトタイトル」は、ユーザーが興味を持つように、Webサイトの内容にマッチしたものを考えたいところです。

しかも、SEO対策にも影響がある部分ですので、どのようなキーワードを検索した場合に検索結果に表示したいのかを検討しておきましょう。

「キャッチフレーズ」はWebサイトの内容を一目で伝えられるわかりやすいものを設定します。閲覧するユーザーを具体的に想定して、言葉を選ぶとよいでしょう。

キャッチフレーズは後から変更しても、「サイトタイトル」は極端に変更するとユーザーが困惑してしまう可能性がある反面、「キャッチフレーズ」はユーザーに伝わるものであれば、最適なものに変えてもかまいません。

WordPress(ワードプレス)アドレスとサイトアドレスを設定する

image15.png

次に、先ほどのサイトタイトルとキャッチフレーズの下にある「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を設定します。この2つの違いを理解しておきましょう。

WordPressアドレス」が、WordPressをインストールした場所であることに対し、「サイトアドレス」は、サイトを表示させるためのアドレスです。

ここを間違えてしまうとサイトが表示されなくなってしまうので注意して入力しましょう。

一時的にインデックスされないようにする

image19.png

Webサイトがまだ完成するまでの間は、検索エンジンに登録されないようにしたいものです。

左メニューの「設定」から「表示設定」をクリックし、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れておきます。

検索エンジンインデックスされてもよい状態になったら、チェックを外しましょう。

記事一覧ページの表示数を設定する

image27.png

左メニューの「設定」から「表示設定」をクリックし、1ページに表示する最大投稿数を設定します。デフォルトでは10件になっているので、必要に応じて変更しましょう。あまり極端に増やさないほうがユーザーにとって見やすく便利です。

パーマリンクを設定する

パーマリンクは、投稿ページや固定ページなど各ページURLのことです。

パーマリンクは後から変更をするとすでに存在していたページURLが変わってしまうなどの影響があるため、初期設定時に行っておきましょう。

image3.png

左メニューの「設定」から「パーマリンク設定」をクリックします。パーマリンク設定画面の共通設定で、6種類から選択します。

カスタム構造は自分の好きなURL構造にすることも可能です。カテゴリー名を含めるなど解析しやすいように構成するのもよいでしょう。

コメントの表示を設定する

image9.png

ブログのコメントを受け付けたくない場合は、設定を変更しておく必要があります。

左メニューの「設定」から「ディスカッション」をクリックします。投稿のデフォルト設定という部分から、「新しい投稿へのコメントを許可する」からチェックを外します。

カテゴリーを設定する

ブログ記事のカテゴリー設定は、ユーザーの利便性を高めるだけではなく、SEOにとっても有効です。

image22.png

左メニュー「投稿」から「カテゴリー」をクリックします。登録したいカテゴリー名を「名前」に入力します。

その下にある「スラッグ」はURLにする際の名称であり、英数字とハイフンを利用できます。例えばカテゴリーの名前を「音楽」とすればスラッグは「music」といった付け方もできるでしょう。

スラッグの下にある「親」はカテゴリーに階層を設ける場合に設定します。子カテゴリーを作成する際、すでに作成済みの親カテゴリーを選択できます。

WordPress(ワードプレス)のテーマ設定方法

WordPressは、デザインテンプレートにあたるテーマによって外観や機能を大きく変更できます。

無料のテーマも数多くあり、コストをかけずに用途にぴったりのWebサイトを作成できるかもしれません。

また、テーマには公式テーマと非公式テーマがあり、公式テーマであれば、WordPressの管理画面からダウンロードが可能です。

非公式のテーマもZipファイルをアップロードしてすぐに適用できます。公式テーマの変更方法を説明します。

テーマを新規追加する

image4.png

左メニューの「外観」をクリックするとテーマの設定画面が表示されます。「新規追加」をクリックしてください。

テーマを選択する

image23.png

右側にある検索窓からテーマを見つけるか、「注目」や「最新」などのタブを切り替えて変更するテーマを決めましょう。

例えば、オンラインマガジンのテーマを探したい場合として、検索窓に「magazine」と入力してみます。すると、該当するテーマが一覧表示されます。

テーマをインストールし有効化する

image12.png

気に入ったテーマの「インストール」をクリックします。インストールボタンが「有効化」に変わるので、「有効化」をクリックして完了です。

WordPress(ワードプレス)のプラグインの追加方法

WordPressには手軽に機能を拡張できるプラグインが豊富に揃っています。プラグインの追加は簡単ですが、プラグインのバージョンが自分が使用しているWordPressのバージョンに対応していない場合がありますので注意が必要です。

また、プラグイン同士の相性が悪く正しく動作しない場合がありますので、その場合は停止しておきましょう。

プラグインを新規追加する

image1.png

左メニュー「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。検索窓からプラグインを見つけるか、「注目」や「人気」などのタブを切り替えてプラグインを探しましょう。例えば「seo」に関するプラグインを検索したい場合は検索窓に「seo」と入力します。

プラグインをインストールする

image10.png

プラグインの一覧の中から、使用したいものがあれば、「今すぐインストール」をクリックします。

プラグインの下に、レビューとしての星の数、有効化済みインストールが何件くらいあるのか、WordPressのバージョンとの互換性などの情報が表示されています。多くの利用実績があり、評価が高い方が安心して利用できるでしょう。
WordPressの互換性だけは必ずあるものを選択しましょう。

プラグインを有効化する

image21.png

インストールを終えたプラグインは「有効化」ボタンを表示しますので、これをクリックして有効化が完了すれば利用できます。インストールしただけでは、利用できませんので注意しましょう。

image13.png

インストール済みのプラグインを確認する場合は、左メニューの「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリックします。上のイメージのように一覧で表示されるので必要に応じて、停止や有効化の切り替えをしましょう。

WordPress(ワードプレス)の基本的な使い方

WordPressを使い始められる準備を一通りご説明しました。さて、それでは実際にWordPressを使って記事を投稿してみましょう。記事の投稿ができれば、コンテンツを増やし、集客をスタートできます。

新しい記事を投稿する

新規投稿を追加する

image20.png

左メニューにある「投稿」から「新規追加」をクリックします。

タイトルと本文を入力する

image24.png

新規投稿画面が表示されますので、「タイトル」と「本文」を入力します。

本文入力欄の上にあるボタンでフォントを太字することや、左寄せ・センタリングなどの調整が可能です。

ブログをやったことのある人なら馴染みのあるボタン群でしょう。はじめての人でも感覚的にわかる範囲なので必要に応じて試してみてください。

画像を設置する

テキストだけの記事よりも画像や図などを配置すると、より読み手にとってわかりやすいコンテンツになります。

image7.png

投稿画面にある「メディアを追加」をクリックします。「メディアを挿入」という画面が表示されますので、設置したい画像を画面にドラッグ&ドロップしてメディアライブラリに登録します。

「投稿に挿入」をクリックして設置完了です。すでにメディアライブラリに登録している画像を使う場合は、画面上部のタブで「メディアライブラリ」に切り替えて画像を選択できます。

カテゴリー、タグ、アイキャッチ画像を設置する

カテゴリーとタグを使った投稿記事の分類や、目立たせるためのアイキャッチ画像など、記事内容以外の詳細を設定しましょう。

25.png

作成する記事が該当するカテゴリーにチェックを入れます。ユーザーにとってわかりやすいように、カテゴリーには正しく記事を分類しましょう。

一覧表示しているカテゴリーの中から該当するものにチェックをつけます。新しいカテゴリーをここから追加することも可能です。

16.png

タグは、ラベルのような存在であり、投稿記事の中から同じタグの記事だけを絞り込むことができます。

たくさんのタグを作成できますが、 類似したタグが増えると紛らわしくなるので注意しましょう。

入力欄にタグを入れて追加します。

14.png

アイキャッチ画像は記事一覧などに表示される画像です。

クリック率にも影響する大切な画像ですので、できるだけ設定しましょう。

「アイキャッチ画像を設定」をクリックするとメディアライブラリから画像を選択できます。

プレビューする

11.png

記事が完成したら、投稿する前にプレビューで確認してみましょう。

画面右上の「プレビュー」をクリックするとプレビュー画面が表示されます。

もし、変更したいところがあれば、修正の上、再度プレビューをしましょう。

公開する

5.png
プレビューで記事の完成を確認したら、「公開」を押して投稿完了です。

もし、すぐに公開せずに、予定日時に自動的に記事を公開したい場合は、以下のように「予約投稿」もできます。

17.png

「すぐに公開する」の右にある「編集」をクリックして、公開したい日時を設定します。日時を入力してから「予約投稿」をクリックして完了です。

更新や削除をする

公開後の投稿記事の更新や削除も簡単です。

image6.png

左メニュー「投稿」の「投稿一覧」をクリックすると、上の一覧画面が表示されます。更新したい記事の「タイトル」か「編集」をクリックすると投稿記事を開けます。

18.png

記事の編集をしたら、画面右側の「更新」をクリックするだけです。

8.png

削除したい場合は、投稿記事のページを開いた状態で、「更新」の左側にある「ゴミ箱へ移動」をクリックします。

2.png

記事を削除せず、非表示にしておきたい場合は、「公開状態:公開」の右にある「編集」をクリックし、「非公開」を選択した上で、「更新」をクリックしましょう。

必要に応じて公開に戻せば記事は元どおり表示されます。

WordPress(ワードプレス)を活用しよう

WordPressは初期設定はそれほど面倒なことはないと感じた方が多いのではないでしょうか。作業自体は流れに従って行えば、専門的な知識は必要としません。

大切なのは、設定を終え、集客のスタートラインに立ってからです。Webサイトのターゲットはどのような人なのか、その人たちが必要とするコンテンツは何かなど、ユーザーのニーズをしっかり把握する必要があります。

WordPressは、無料でも優良なテーマやプラグインがたくさんありますので、技術的な要素に不安を感じずにマーケティングを実践できるのです。仮説と検証を繰り返し、多くのコンバージョン獲得につなげられるように頑張りましょう。

Wordpres(ワードプレス)についてもっと知る

【2019年】WordPressのおすすめSEOプラグイン!

【2019年】WordPressのおすすめSEOプラグイン!

WordPressが多くの企業に選ばれる理由の一つとしてSEOプラグインが豊富であることが挙げられます。しかし、種類が多くて選べないとお困りの方もいらっしゃるでしょう。今回は、WordPress利用者におすすめのSEOプラグインを5つ紹介します。

WordPressで簡単にランディングページを作成する方法

WordPressで簡単にランディングページを作成する方法

世界的に多くのユーザーに愛用されているWordPressは、ランディングページの制作も簡単に行えます。ランディングページページを作成するには、どのようなプロセスが必要なのかご紹介します。

WordPressで目次を作成する方法 【プラグインあり・なし】

WordPressで目次を作成する方法 【プラグインあり・なし】

その記事に何が書いてあるのかを記事冒頭でひと目でわかるようにする目次。 有料や頻繁に更新されているテーマであれば目次機能は搭載されているものが多数ですが、無料テーマであれば目次の表示は自分で設置しなければいけないものもあります。 この記事ではWordPressで目次を作成する方法を、プラグインを使って作成する方法とプラグインを使用しない方法をそれぞれ紹介します。 そもそも目次を表示させる必要はあるのか、サイトが重くなる原因の一つであるプラグインを使ってまで表示させるメリットはあるのかなどについても解説します。