ビズリーチがホールディングス化に伴い、ビジョナルを新設

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志水雄一郎 以下、フォースタートアップス)は、継続的に調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB (スタートアップデータベース)」に調査結果を公開しています。今回は、2020年3月2日時点での国内スタートアップ想定時価総額ランキングを発表いたします。

これまでビズリーチがランキングに入っていましたが、今月からビジョナルがランクインしました。ビズリーチはグループ経営を支えるホールディングカンパニーとしてビジョナルを新設し、ビズリーチはビジョナルの完全子会社となりました。同時に、新設分割を用いて、ビズリーチ内の新規事業開発を担う組織であるインキュベーションカンパニーをビジョナル・インキュベーションとして分社化し、ビジョナルの完全子会社としました。

その他、今回のランキングはTOP20位の変動はありませんでした。次月以降も引き続きスタートアップの想定時価総額の変動を追っていきます。

【調査概要】
タイトル:「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」
調査期間:2020年3月2日時点
レポート記事:STARTUP DB(https://media.startup-db.com/research/marketcap-ranking-202003
※当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

STARTUP DB(スタートアップデータベース)について
国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォームです。企業データベースは、11,000社を越える日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計100名以上のインタビューコンテンツをリリースしています。2019年6月24日より、英語版リリース。また、世界最大級のベンチャー企業データベース「Crunchbase」とデータ連携し、日本企業の情報を海外のプロフェッショナルに届けることで、国内の成長産業領域市場の発展に貢献しています。

https://startup-db.com/

フォースタートアップス株式会社について
フォースタートアップス株式会社は、2016年9月、株式会社ネットジンザイバンクとして創業。「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成長を支えていくこと」をミッションとして掲げ、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、Fintech、リアルビジネス領域も含めた成長産業領域特化型の転職支援と起業支援を中心に事業を推進。近年では、国内有力ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資金支援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」を展開。さらに、エコシステムビルディングの取り組みとして日本発のグローバルスタートアップコミュニティ『BARK』をサポートしています。今後もビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献してまいります。

https://forstartups.com/

企業プレスリリース詳細へ

PRTIMESトップへ