通話内容の自動録音解析ツール「MiiTel(ミーテル)」を提供する株式会社RevComm(本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史 以下、レブコム)は、2020年3月23日SlackJapan株式会社(本社:東京都千代田区、カントリー・マネジャー:佐々木聖治、以下:Slack)の提供するビジネスコラボレーションハブ『Slack』との連携を開始したことをお知らせします。


MiiTel(ミーテル)は通話内容を自動で録音解析するクラウドIP電話です。通話内容がすべて録音解析、文字起こしされ、会話内容の質を定量的に評価します(※)。
クラウド上に資産として蓄積された通話データは、お使いのCRMツールの活動履歴などに自動保存。通話後の議事録作成の手間が省けます。これらデータへは、インターネット環境があればいつでもどこでもアクセスでき、必要に応じて音声データや文字起こしデータを抜粋共有することも可能です。CRMツール連携やGoogle Chromeの拡張機能によってワンクリック発信可能。受電時も発信者が表示されることで担当者自身が気づき対応できるため、内線転送する必要もなくなります。お使いのパソコンとスマートフォンがあれば利用可能で、専用機器を用意する必要もありません。

※)音声解析による定量評価例 : 相手が理解しやすいスピードで話しているかをはかる「話速」、適切な割合で話す/聞くができているかどうかの「Talk/Listen比率」、相手の発言に重ねて話していないかの「被り回数」、お互いの沈黙時間が長くなったときの「沈黙回数」

■連携により実現すること
今回のSlack連携により、従来、CRMに埋め込まれたソフトフォンを主に使っており、特定の通話履歴について Slack 通知を受信することができるようになり、よりリアルタイムなコミュニケーションが実現します。
通知をタイムリーに気付けることで、チーム間のより円滑なやりとりが可能となります。

<通知するタイミングの例>
・留守番電話録音完了時
・特定の単語が通話内で使用された時
・通話履歴にコメントが保存された時
・着信通話の通話開始/終了時
・発信通話の通話開始/終了時
・指定したタグが通話履歴に設定された時
・通話の分析と録音が完了した時

■設定は2ステップ
1.通知するSlack チャンネルとの連携設定
2.通知ルール設定

■「Slack」について

Slackは、チームの生産性の最大化を支援し、組織をまたいだオープンでスピーディなコミュニケーションを可能にするビジネスコラボレーションハブです。フォーチュン100企業からスタートアップまで世界中の様々な企業において、より優れた働き方を実現するために活用されています。Slackを開発するSlack Technologies, Incは「みなさんのビジネスライフを、よりシンプルに・より快適に・より有意義に」というミッションのもと、サンフランシスコ本社を含む世界17都市のオフィスを拠点にサービスを展開しています。

・公式サイト:https://slack.com/
■「MiiTel」について
MiiTelは電話営業や顧客対応を可視化する音声解析AI搭載型のクラウドIP電話です。 電話営業や顧客対応の内容をAIがリアルタイムで解析し、成約率を上げ、解約率と教育コストの低下に繋げます。また、Salesforceやkintoneなどご利用中の顧客管理システムと連携させることにより、顧客名をクリックするだけで簡単に発信できたり、着信時に顧客情報を自動表示し、生産性向上に役立てます。 会話内容は顧客情報に紐付けてクラウド上で自動録音されるので、振り返りたい録音データにいつでも・どこでも・すぐにアクセスすることができ、自ら学ぶセルフコーチングツールとしての教育目的やコンプライアンス目的など、幅広い業界でご活用いただいております。

・公式サイト:https://miitel.jp
・資料請求:https://miitel.jp/document-request/
・Slack App ディレクトリ:https://slack.com/apps/ARVAC6N5U-miitel

■会社概要
株式会社RevComm
・所在地   : 東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル3階
・代表者   : 會田 武史
・事業内容 :AI × Voice × Cloudのソフトウェア・データベースの開発
・企業サイト:https://www.revcomm.co.jp/
Slack Japan 株式会社
・所在地  :東京都千代田区大手町1-1-1 大手町 パーク ビルディング17階
・代表者  :カントリー・マネジャー 佐々木聖治
・設立   :2017年
・事業内容 :ビジネスコラボレーションハブ「Slack」の開発と提供
・企業サイト:https://slack.com/

■お問い合わせ先
株式会社RevComm(担当:PR)
メールアドレス:info@revcomm.co.jp

企業プレスリリース詳細へ

PRTIMESトップへ