Google検索エンジンの精度が上がった今、外部リンクの量よりも、ホームページ内のコンテンツの質が評価されるようになりました。

コンテンツマーケティングを行う際、ただコンテンツを増やせばいいというわけではありません。自社のターゲットユーザーが必要としている情報をどれだけ揃えられるか、という視点がポイントになってきます。

今回は、コンテンツマーケティングの記事作成を実施する際におさえておくべき基本をまとめた記事をご紹介します。

1. Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう

Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
https://ferret-plus.com/66

コンテンツSEOは、自社が提供するサービスのターゲットユーザーに役立つ情報を一定量発信し、ホームページ流入数を増やし、徐々に成果を上げていくことが目的です。そのためには、まずユーザーにどのようなコンテンツを発信すれば自社のホームページを見てもらえるのかを推測する必要があります。実際にコンテンツを作成する前に、まずは自社・ユーザー・競合の分析を行いましょう。

2. 基礎知識:SEO対策キーワードの重要性を理解しよう

基礎知識:SEO対策キーワードの重要性を理解しよう
https://ferret-plus.com/1329
コンテンツの方向性が固まったら、次は対策するキーワードを選びましょう。しかし闇雲にキーワードを選ぶだけでは、コンテンツSEOは成功しません。そのような失敗を避けるために、まずはなぜキーワード選定が重要なのかをしっかり理解する必要があります。

3. 【ネタを生み出し続ける4の方法】コンテンツSEOにつきもののネタ不足を解消しよう

ネタを生み出し続ける4の方法】コンテンツSEOにつきもののネタ不足を解消しよう
https://ferret-plus.com/648

軸となる方向性が決まったらコンテンツを増やしていく段階にありますが、「更新するネタが無い」という問題にどこかのタイミングでぶつかるでしょう。こちらび記事ではそのような時に役立つネタを生み出すためのテクニックをご紹介しています。

4. コンテンツ追加で対策キーワードからの流入数が2.4倍になったSEO事例

コンテンツ追加で対策キーワードからの流入数が2.4倍になったSEO事例
https://ferret-plus.com/85

コンテンツマーケティングは明確な結果が見えにくいというイメージが強いですが、必ずしもそうではありません。弊社が運営するスマホケースのネットショップでは、計画的にコンテンツを追加した結果、流入数を2倍以上増やすことに成功しました。
こちらの記事では、その具体的な施策内容を公開しています。

まとめ

なぜGoogle外部リンクではなくコンテンツを重視するようになったのでしょうか。
Googleは設立当初からユーザーの役に立つ情報を提供するという理念を掲げていました。検索エンジンも、その理念を実現するために頻繁にアルゴリズムを更新しています。

まだ技術が未熟でホームページコンテンツの内容まで解析することができなかった時代は、ユーザーに必要とされるホームページかどうかを判断する基準は外部からの評価(被リンクの量)に主軸が置かれていました。
しかし現在は、ホームページコンテンツ内容をかなりの精度で読み込むことができます。
ですので、外部リンクを評価していた時代よりも、ユーザーに役立つ情報か否かをより正確に判断できるようになっただけで、Googleの方針自体は変わっていません。

ユーザー視点を常に考えるという姿勢が最も重要ですが、上記で紹介したテクニックを使えばより効率的に良質な記事を作成することができるようになります。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

基礎知識:SEOについて正しく理解しよう
基礎知識:検索エンジンの歴史を知ろう
内部対策SEO:クローラーにホームページを巡回させよう

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。