まとめ

なぜGoogle外部リンクではなくコンテンツを重視するようになったのでしょうか。
Googleは設立当初からユーザーの役に立つ情報を提供するという理念を掲げていました。検索エンジンも、その理念を実現するために頻繁にアルゴリズムを更新しています。

まだ技術が未熟でホームページコンテンツの内容まで解析することができなかった時代は、ユーザーに必要とされるホームページかどうかを判断する基準は外部からの評価(被リンクの量)に主軸が置かれていました。
しかし現在は、ホームページコンテンツ内容をかなりの精度で読み込むことができます。
ですので、外部リンクを評価していた時代よりも、ユーザーに役立つ情報か否かをより正確に判断できるようになっただけで、Googleの方針自体は変わっていません。

ユーザー視点を常に考えるという姿勢が最も重要ですが、上記で紹介したテクニックを使えばより効率的に良質な記事を作成することができるようになります。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

基礎知識:SEOについて正しく理解しよう
基礎知識:検索エンジンの歴史を知ろう
内部対策SEO:クローラーにホームページを巡回させよう

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。