リアルタイムでのインターネット配信に加え、会期後に全公式セッションのアーカイブ配信を実施することで、最大59セッションの参加も可能に。

マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているComexposium Japan(コムエクスポジアム・ジャパン)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古市優子)は、2020年10月29日(木)、30日(金)に行われる、アジア最大級のマーケティングの国際カンファレンス「ad:tech tokyo(以後 アドテック東京)」を、会場(東京国際フォーラム)にて予定通り開催することと合わせ、オンラインでも展開することで、12回目にして初めてオンライン×オフラインの「ハイブリッド形式」で開催することを発表します。


今回のことは、新型コロナウィルスの影響により、従来のイベントの在り方が大きく変化し、5000人以上のイベント開催が規制(2020年7月27日現在)されていることを受けての決定です。参加者及び関係者の皆さまの安全最優先のため、徹底した感染対策を行うのはもちろんのこと、イベントとしてのクオリティを担保し、これから訪れるNew Normalの世界を見据えた新しいイベントの形にいち早くチャレンジいたします。
具体的には下記のように、大幅なアップデートを行います。リアルな会場・オンライン問わず、参加者に対して新たなビジネスイベントの体験を届けてまいります。
1.公式カンファレンス及びキーノートのみの運営
展示会場は完全オンライン化(※)、リアル会場は公式カンファレンスとキーノートのみで開催します。政府からのコロナ対策の要請に基づくと、従来の展示会としての質の担保は難しいことと、来場人数制限(会場キャパシティの50%以下)が大きな理由です。

2.公式カンファレンスのインターネット視聴対応
今年より、全ての公式カンファレンス(合計59セッション)をインターネットで視聴可能とします。さらに会期終了後から一定期間(数日)、アーカイブ配信を行う予定です。これにより、従来の「同時間帯の公式セッションが見られない」という課題が解消します。さらに、最大参加可能なセッション数が、2日合計9セッションから、最大59セッションすべての視聴・参加が可能となります。

なお、上記の対応により参加可能なコンテンツ量は大きく増加しますが、フルカンファレンスパスの金額は****昨年同様となります。
※展示会場のオンライン化について
ad:tech tokyo期間中に限らず、8-11月にテーマ特化型の無料オンラインイベントを隔週で開催予定です。
参考 : https://comexposium-jp.com/live/
現在決定しているテーマ:App Connect(アプリ)、SeeHer Connect(女性向け商品・サービス、インサイト)、DtoC Connect、eCommerce Connect、他、計10種予定

ad:techtokyo 開催概要
2020年10月29日(木)-30日(金)
会場:東京国際フォーラム およびオンライン
会場アクセス : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 TEL:03-5221-9000
ad:techtokyoについて
ad:techは世界の主要都市で開催される国際マーケティングカンファレンス。広告主、エージェンシー、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルのマーケターが集まる。日本では2009年に初開催し、2020年で12回目を迎える。アドテクノロジーにとどまらず、あらゆるテクノロジーが企業のマーケティングマネジメントにかかわるようになる中で、常に最先端の情報を届けている。
公式サイト : http://adtech-tokyo.com/ja/
Comexposiumについて
Comexposiumは、世界で170を超えるB2C/B2Bイベントをプロデュースしています。食品、農業、ファッション、建設、ハイテクなど様々な分野をカバーしており、世界30か国で300万人以上の来場者を記録しています。Comexposium Japanは、2009年に「ad:tech」を日本初上陸させ、「アドテック東京」として11年の実績。そのほか、日本における宿泊型マーケティングカンファレンスの草分けである「Brand Summit」も実施。日本のマーケターが世界で戦ううえで必要となる知識・情報・ネットワークが得られる場を設けています。
ウェブサイト : https://www.comexposium.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ