Webマーケティングに欠かせないのがSNS。特にTwitterは、最も拡散性の高いプラットフォームと言われています。利用ユーザー数の多さからも、現在非常に重要度の高い媒体であると言える状況です。企業の公式アカウントを作成して認知度アップを図るのは当たり前。また、Twitterキャンペーン広告を展開するということも頻繁に行われています。

しかし、Twitterの公式アカウントを作ってみたものの、なかなか成果が出ないとお悩みの担当者も多いのではないでしょうか。

とにかくTwitterマーケティングは難しい!

Twitterを使ったマーケティングは、始めるのは簡単ですが成果を出すのはとても難しいものです。まずはその理由をいくつか挙げてみましょう。

データ量が膨大すぎる!

Twitterは、日本だけでもアクティブユーザー数が4500万人。仮にその人たちが1日1回つぶやいたとしても、1日4500万ツイートあることになります。かなり膨大な数になるため、担当者一人でTwitter全体のツイートの傾向を調査することは不可能。仮に担当者が複数いたとしても、ツイートを全部見て、エンゲージメントの高いツイートの傾向を分析したり、Twitter上での反響を分析し、把握すること等は不可能に近いでしょう。

アカウントの人気はあるけれど売り上げに結びつかない!

公式アカウントを開設して気の利いたツイートなどをしていると、フォロワー数がそれなりに増えてくることもあります。1000人、2000人、やがて1万人、2万人とフォロワー数が増えてきたものの、自社の売り上げには結びつかないこともあります。これでは、公式アカウントを運用している意味がありませんね。なぜフォロワーが増えているのに、売り上げに結びつかないのか。その原因がわからないままということはよくあります。

どのインフルエンサーをキャスティングすればいいのかわからない!

これは、特に広告代理店などの人が直面することが多い課題です。Twitter上でタイアップキャンペーンを実施する際に、対象のジャンルで影響力を持つインフルエンサーをキャスティングする場面があります。そのとき、プロモーションする商品やサービスに適切なインフルエンサーが誰なのかを見極められないというもの。

実際に、プロモーションする商品やサービスのカテゴリに合致してフォロワー数が多いインフルエンサーをキャスティングしてみたものの、思ったような効果が得られないということも多々あります。

このように、一口に「Twitterマーケティング」と言っても、なかなか一筋縄ではいかないものなのです。そんな「Twitterって難しい…」という悩みを解決してくれるのが「Keywordmap for SNS」です。

Twitterを可視化する魔法のツール「Keywordmap for SNS」

「Keywordmap for SNS」は、簡単に言えばTwitterの成功要因を可視化するツール。毎日毎日膨大なツイートが蓄積されていくTwitterは、分析することがとにかく困難。しかし、「Keywordmap for SNS」があれば、Twitterから欲しい情報をさっと取りだして分析することができるのです。

そこで、「Keywordmap for SNS」の主な機能を紹介します。

アカウントのフォロワーのプロフィール欄を分析

Twitterアカウントを運用する際に、一番重要なのが「ターゲット層をフォロワーとして獲得できているのか」ということ。いくらフォロワー数が増えても、自社の製品やサービスに関心がないフォロワーばかりでは、マーケティング的には成功とは言えません。

しかし、フォロワー一人ひとりの趣味嗜好を調べるのはかなり地道でたいへんな作業。フォロワー数が多い場合、それを行うのは不可能です。

「Keywordmap for SNS」には、特定のアカウントのフォロワーを分析する機能があります。そのうちのひとつが、フォロワーのプロフィール欄の分析です。

フォロワーのプロフィール欄の文章を自動分析し、キーワードを抽出。これにより、対象のアカウントのフォロワーが何に興味があるのか明らかとなります。仮に、当初、アカウント設計時にターゲットとして想定した属性以外のアカウントがフォロワーに多い場合、狙った層にメッセージが届いていないということ。アカウントの運用の見直しが必要となるでしょう。

フォロワー詳細情報分析機能

さらに、フォロワー関連の詳細分析機能も搭載されています。フォロワーのアクティブな時間、ツイート数、フォロワーのフォロワー数、エンゲージメント率などを可視化して表示してくれます。

このような情報がわかると、自社アカウントのフォロワーがどれだけ他のフォロワーに影響力を持っているのかがわかり、情報の拡散範囲や速度などを知ることができます。

また、フォロワーのアクティブな時間がわかるのはとても重要。TwitterはあらゆるSNSの中でも、最も情報量が多く、タイムラインのスピードが早いSNSと言われます。そんなTwitterでもコンテンツをメインターゲット層に届けやすい投稿時間帯を見つけることができ、リーチをより高めることが可能となります。

インフルエンサー検索機能

調査.jpg

Twitter上で、特定の分野で影響力をもつインフルエンサーを探し出す機能です。単純にフォロワー数が多いだけではなく、そのインフルエンサーのフォロワー数の推移やフォロワー数の増減要因や、インフルエンサーのツイート投稿数推移、ツイートに対するアクション数などを可視化して表示します。

これにより、一見フォロワー数が多く影響力がありそうなインフルエンサーでも、実はここ1年間でフォロワー数はほとんど増えていないことがわかったり、最近ツイート数が少ない、インフルエンサーとして期待しているテーマとは違うツイートが多い、ツイートに対してのフォロワーの反応がよくないといったことがわかり、自社製品・サービスとほんとうに親和性の高いインフルエンサーを見つけ出すことが可能となります。

ハッシュタグ分析機能

Twitterで使われるハッシュタグを分析する機能です。使用したいと思っているハッシュタグのキーワードを入力すると、そのキーワードを含むハッシュタグ一覧が表示され、ハッシュタグごとにツイート数やRT数、いいね数、リプライ数などを知ることができます。

似たようなハッシュタグであっても、Twitter上でのコミュニティの規模は大きく異なります。本来必要なA/Bテストを省略し、自社のサービスにとって親和性の高いハッシュタグを効率的に発見することが可能となります。

競合アカウント分析機能

「Keywordmap for SNS」には、競合アカウントを登録して定点観測する機能が搭載されています。アカウントを指定して、それらのアカウントのフォロワー数やツイート数の推移など追跡します。

競合.jpg

この機能を利用すれば、競合アカウントがどのようなツイートでフォロワー数を増やしてるのかといった成功要因や、ツイート数とフォロワー増減の関連性などを知ることができ、自社アカウントの運用の参考にすることができます。

もちろん、このほかにもツイートの予約投稿機能や、ツイートのカテゴリ分け、自社アカウントの投稿一覧をカレンダー形式で表示するといった、Twitter運用に関する基本的な機能が網羅されているので、日々のTwitter運用に活用できます。

定量的なデータに基づいたアカウント運用で一定の成果を再現できる

さまざまなTwitterの分析機能がある「Keywordmap for SNS」。それぞれの機能がアカウント運用をスムーズにしてくれるのはもちろんですが、このツールの最大のポイントは、定量的なデータによる「再現性」にあります。

人気の企業アカウントは、フォロワーとの距離感、ツイートの言語センスなど、担当者(いわゆる中の人)の資質に大きく左右されると思われてきました。

しかし、成功しているアカウントを分析しデータ化することで、Twitter運用に「再現性」を持たせることが可能となります。

自社のTwitterアカウントが伸び悩んでいるのは、担当者のセンスがないからではありません。圧倒的に分析データと試行回数が不足しているから。「Keywordmap for SNS」を使って分析を行えば、誰もが人気企業アカウントの「中の人」になれるかもしれません。

「Keywordmap for SNS」はTwitterの「困った」を解決してくれるツール

膨大なTwitterの情報を分析・可視化してくれる「Keywordmap for SNS」は、「フォロワーは増えたけれど売り上げになかなかつながらない」と悩んでいる企業アカウントの中の人や、「インフルエンサーをキャスティングしたけれど思ったような結果にならなかった」という課題をお持ちの広告代理店の方などに最適です。

Twitterという膨大な情報が漂う大海原から、自分の必要な情報をピンポイントで収集するだけでなく、グラフィカルに表示してくれるので、直感的且つ本質的な分析が可能。経験と勘に頼ったTwitter運用では、思ったような成果は出ません。定量的なデータ分析こそが、効果的で再現性のあるアカウント運用につながるのです。

短期間で成果が出ないSNSによるマーケティング。しかし、「Keywordmap for SNS」で最適なデータ分析を行えば、必ず成果が出るはず。「うちのアカウント、うまくいってないな」と思ったら、導入を考えてみてはいかがでしょうか?