PDCA

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

PDCAとは、さまざまな事業活動において、その事業を円滑に推進していくための手法の一つです。PDCAサイクルと呼ばれる場合もあります。PDCAの文字はそれぞれ、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)を表しています。PDCAでは、事業活動においてこれら4つのフェーズを順次適切に実施することによって事業活動がより効率的になるものと考えます。

何らかの施策を実施する場合、まず始めにその施策の目的や目標値を定めた後、具体的な行動計画に落とし込みます。これが計画(Plan)のフェーズです。計画に基づいて施策が実行(Do)されます。実施後または中間地点で、計画時に決定された目標や行動計画通りに事が運んでいるかどうかの評価(Check)を行います。当初の計画と乖離がある場合は、その原因を究明し必要であれば改善計画を立案します(Act)。

このようなPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)のフェーズを繰り返し実施することにより事業を円滑に推進していくのがPDCAの考え方です。

Curriculum pt1

使いかた

PDCAはそんなに大それたものでもなく、日々の業務でも活かせるものだよ」
PDCAで大切なのは、評価と改善だと思うんだけどどう思う?」
PDCAでもできるだけ数値目標などの客観的な指標を使った方がうまくいくね」