企業が守るべきブランド価値とは

みなさんはブランドが、アップルやグーグルなど世界的な知名度をもつ企業にだけ持ってる、と思っていませんか?

ブランドとは、「お客様への信頼」の証を表現したものですので、ビジネスの規模にはまったく関係ありません。どんな企業にも必要といえ、むしろ小さい会社にこそ重要なことです。お客様にブランドとして認知していただければ、競合への乗り換えも防ぐなど、囲い込み効果も期待できます。

本記事では、企業が守るべきブランド価値について、解説します。

<目次>
・注文殺到でも商品化しないバッグとは
・なぜ突然話題になるのか
・インフルエンサーの活用は広がっている
・売れることとブランドを守ることとは異なる
・ブランドを維持する企業努力の例

注文殺到でも商品化しないバッグとは

人気アーティストが使用し、Twitterでつぶやいたことから人気をはくしたカバンがあります。中学受験塾で有名な日能研という塾の通学カバンである「Nかばん」というバッグです。

これは、日能研に通う子どもたちが勉強道具を入れて通学するときに使うカバンです。しかし、その普遍的なデザインから世代をこえて使われつづけ、現在では4代目だそうです。

カバンに大きくあしらわれた「N」のマークと左右対称でシンプルなデザインが愛されてきた理由のようです。

そのNかばんが、人気アーティストであるきゃりーぱみゅぱみゅさんに注目されました。2度ほどTwitterでつぶやかれ、2回投稿目は、そのカバンを背負った写真とともにつぶやかれました。このツイートが瞬く間に拡散し人気となりました。

URL:http://withnews.jp/article/f0140926002qq000000000000000...
ツイッターで230万人以上のフォロワーがいる、きゃりーぱみゅぱみゅさんがつぶやきました。