Googleの提供するサービス、プラットフォームへWeb広告を出稿する際にはコストがかかりますが、このコストはクリック単価によって決められています。つまり、ユーザー広告を見て、興味をもってクリックやタップをした瞬間に広告費が決定され、広告主へ請求が行く流れになります。この時のコストを一般的にCPC(Cost Per Click、クリック単価)と呼びますが、ここでは、CPCが決まる仕組みやCPCを下げるために押さえておきたいポイントを詳しく解説していきます。

そもそもCPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、日本語で「クリック単価」とも呼ばれ、出稿した広告が1クリックされるためにかけたコストを指します。当然ながら、コストを抑えたほうが利益が高くなるので、全ての企業がCPCを下げるために様々な施策に取り組んでいます。

逆説的に言えば、広告の効果を図るうえで重要な指針となるのがCPCであると考えられるでしょう。CPCの重要性を改めて理解したところで、どのようにCPCが決められるのか見ていきます。

Google(グーグル)広告の仕組みを分かりやすく解説

CPCについて理解する前に、まずは前提であるGoogle広告の仕組みについて理解しておきましょう。Google広告を理解するうえで重要なのが、「広告ランク」という概念です。どのようなものなのか、詳しく見ていきます。

覚えておきたい「広告ランク」という考え方

この広告ランクとは、Google広告で適用される「オークション」の選定基準と捉えてもらって大丈夫です。

オークションと言えば、入札金額をじりじりと高めていく「競り」をイメージする方も多いかと思いますが、GoogleやYahoo!といった検索エンジンが提供する広告枠はお金だけでは手に入りません。

他にも広告塔となるLP(Landing Page)のクオリティや競争度、検索に至った背景などを加味して、総合的に広告ランクが判断され、最も高い広告ランクを手に入れた広告が、最も高い掲載順位に掲載してもらえる、という流れになります。

CPC(Cost Per Click)はどのように決められている?

CPCは先述した広告ランクにも関係しており、一つ下の掲載順位の広告よりも高い金額が設定されます。例えば、自社の広告広告ランクで一番上の順位だったとして、2位の広告のCPCが500円だったとします。この場合、自社の広告のCPCは500円よりも高い金額が設定される、という感覚です。

競合数によってもこの金額には大きな差が生まれるので一概には言えませんが、キーワードプランナーによって大まかな見積額を確認できるので、ぜひ狙うキーワード(以下、KW)を確認してみましょう。

参考:キーワードプランナー

CPC(Cost Per Click)が高いKWと低いKWがある

CPCは競合との競争率によって変動する、と述べましたが、これはまさに競りの仕組みと類似していると言えます。

競合率の高いKW、つまり「購買に直結しやすく、自社のサービスと合致しているワード」に対しては、どの企業も広告費をかけていきたいですし、反対に、自社の利益につながらなそうなKWに関しては広告を出稿しても意味がないので、出稿する企業が減少し、競合率が低下します。結果的に、低いコストで広告を掲載できるのです。

例えば、株式会社ベーシックのサービス「ferret One」というサービスについての広告を出稿するとします。BtoBマーケティングをオートメーション化するサービスなので、BtoBの業態でビジネスを行っている企業に活用してほしいですよね。

広告を載せるKWとして、「Webマーケティング」というKWと「Webマーケティング 外注」というKWを比較してみましょう。前者のKWは「Webマーケティングってなんなの?」というニーズが混在しているため、ビックワードではありますが、購買に直結するとは限りません。

加えて、ビックワードであるため広告費も大きくなってしまいます。これではメリットが薄くなってしまうので、あまり効果的ではないでしょう。

対して後者の「外注」というKWが含まれている場合はどうでしょうか。ニーズがよりはっきりしており、「自社のWebマーケティングを外注したい」という欲求が読み取れます。「ferret One」のサービスに興味を持ってもらえる可能性がすこし高くなりましたね。

このように、「どのKWに広告を出稿するのか」という点がWeb広告の難しいところでもあり、面白いところです。CPCを一つの指標として、どのKWに広告を出稿すれば効果が高くなるのか見極めるのが大切と言えます。

購買につながりやすく、競合が少ないKWを見つけられれば、CPCを下げつつ広告の効果を最大化できるので、ぜひ取り組んでみましょう。