Google検索エンジンは日々進化し、重要な変更が頻繁に行われています。すべての情報を追い切るのはなかなか難しいことです。
今回は、直近1ヶ月で発表されたGoogle検索エンジン関連のニュースをまとめました。知らない方はしっかりチェックし、知っている方も確認してみてください。

パンダアルゴリズムのアップデート実施

9月26日、ホームページの質を評価するパンダップアルゴリズムのアップデートが実施されました。英語圏では歌詞サイトやゲームサイトに影響が出たようです。

URL:http://ascii.jp/elem/000/000/937/937201/
Google は2014年9月26日、パンダアップデートを開始した。同社英国法人のPierre Far氏(Webmaster Trends Analyst)が Google+ への投稿で明らかにした。

パンダとほぼ同じタイミングでペンギンアップデートも実施か

パンダが一段落したと思ったら、今度は被リンクの質を見るペンギンアルゴリズムのアップデートを実施すると発表がありました。いつ頃実施されるか具体的な日時はまだ不明です。

URL:http://ascii.jp/elem/000/000/939/939621/
Google の Gary Illyes氏(サーチクオリティエンジニア)は2014年10月2日、新しいペンギンアップデートを来週にも実施することを明らかにした。

Google検索結果のクリック率の調査結果。1位31.24%、2位14.04%と1位にクリックが集中する傾向に

Google検索結果画面の順位別クリック率の調査結果がでました。1位表示に3割近いクリックが集まっています。2位が14%、3位が10%弱と、1位表示のサイトにクリックが集中する傾向にあるようです。

URL:http://ascii.jp/elem/000/000/939/939058/
Advanced Web Ranking (開発会社はCAPHYON SRL、以下、AWR)は2014年10月1日、Googleウェブマスターツール(Google Search Console)の検索クエリレポートのデータに基づいた、Google 自然検索結果における検索順位別のクリック率の調査結果を公表した。

自分が今見ているテレビ番組まで検索結果に盈虚を与えるようになる?

Googleが最近新たな特許を取得しましたが、その技術が実現した場合、自分が観ているテレビの内容が検索結果に反映されるようになる可能性があります。ますます検索結果のパーソナライズ化が進みますね。

URL:http://blogos.com/article/94757/
コンテンツマーケティングワールドのレポート記事連投の真っ最中ですが、Googleがこの度、ユーザーのテレビ番組の視聴動向を検索結果に反映させる新たなアルゴリズム「TVランク」の特許を取得した、との気になるニュースが飛び込んできたので速報させていただきます。 —

テキスト数が多いホームページが評価される傾向

株式会社ディテイルクラウドクリエイティブがGoogle日本版の検索エンジンの9月の動向についての調査結果を発表しました。テクスト量が多いホームページが上位表示される傾向にあるようで、内部重視の傾向は強まっているようです。

URL:http://www.atpress.ne.jp/view/51737
SEO内部対策専門ソフトウェア「seoマスターProfessional」に最新情報を反映させるために定期的に統計分析を実施している日本版Google検索エンジンの動向について、2014年9月実施分を取りまとめました。その結果、これまで以上にページ内のテキスト文字数が多いほど上位に表示され易くなるなどの統計結果が出ましたのでご報告いたします。

インドのスマホユーザー向けに「軽量版」の検索結果を提供へ

Googleインド法人は、ネットワーク速度が低速で読み込みに時間がかかる状態を解決するため、読み込みに時間がかからないデータ量が軽いホームページを優先して上位表示させると発表しました。日本とは逆に、インドでは身軽なホームページが優遇されるようです。p>

URL:http://getnews.jp/archives/677974
Google のインド法人は 10 月 3 日、スマートフォンで Google 検索を利用する場合にインターネットの通信速度が遅いと自動的に読み込み速度を重視した軽量版の検索結果を表示するようにする計画を発表しました。

検索結果画面でスマホ対応サイトかどうか判別できるように

Googleは一部のユーザーに向けて、検索結果に表示されているホームページがスマホ対応しているかどうかをすぎに認識できるアイコンを表示させるテストを行いました。まだ実装されるかどうかは未定のようですが、もし実装された場合はほ全てのホームページでスマホ対応が必須yとなるでしょう。

URL:http://ascii.jp/elem/000/000/938/938599/
Google が一部の検索利用者を対象に、スマホ対応サイトを示すアイコンを検索結果画面に表示するテストを実施している。

アメリカGoogleが画像検索に関するトピックをカルーセルパネルで表示

アメリカGoogleでは、画像検索結果画面にカルーセルパネル(画像が横にスライドする機能)が実装されたようです。従来のようにひたすら縦にスクロールする必要がなく、関連画像も簡単に閲覧することができます。日本語版Googleではまだ未実装です。

URL:http://ascii.jp/elem/000/000/938/938175/
Google が画像検索(Google Image Search)の検索結果画面に新しい機能を追加した。ユーザーが検索したクエリと関連するトピックを、カルーセル(Carousel)のスタイルで一覧表示するようになった。

アメリカGoogleが複数のプライベートブログネットワークに対しガイドライン違反としてインデックスの削除・警告送付を実施

アメリカGoogleはプライベートブログネットワーク(複数の比較的小規模なブログをネットワーク化したもの。スパマーが使用していることがほとんど)に対し、ガイドライン違反としてインデックス削除・警告送付などの措置を取りました。不正なリンクに対する取り締まりは随時強化されているようです。

URL:http://ascii.jp/elem/000/000/936/936353/
Google が2014年9月頃より、複数のプライベートブログネットワークがガイドラインに違反するとして検索インデックスから削除したり Webmaster Tools を通じて警告を送付するなど取り締まりを強化している模様だ。

Googleがモバイルのユーザー体験を評価基準に入れると発表

Googleは、モバイル上でのユーザー体験が優れているサイトを評価すると発表しました。優れたユーザー体験の判断基準は、表示速度が早いか、HTTPSを導入しているか、という点です。モバイルが爆発的に伸びている今、Googleはモバイルを最も重視しているようです。

URL:http://www.suzukikenichi.com/blog/will-google-use-mobil...
モバイルユーザーユーザー体験(ユーザーエクスペリエンス、UX)を検索順位を決定するランキングシグナルとしてGoogleが採用するかもしれない。Googleからのコメントがそのように示唆しているように読み取れる。

Google検索結果でIn-depth articlesの出現率が増加

アメリカ Google検索結果画面に、In-depth articles(詳細な記事)の出現率が増加しています。In-depth articlesは国際問題や医療技術など、複雑で広範囲に渡る分野について、網羅的かつ詳細に記した品質の優れたウェブページを発見しやすいよう専用の検索枠内にハイライト表示させます。日本ではまだ未実装ですが、検索が容易になりユーザーのメリットが大きいのでいずれ導入されるでしょう。

URL:http://ascii.jp/elem/000/000/940/940968/
Google 検索結果を定点観測している MOZ によると、Google ウェブ検索における In-depth articles(日本版機能名称は詳細な記事) と アンサーボックスの検索結果出現率が増加しているという。

Google ToolbarのPageRank、提供終了か

Google Toolbarの機能の1つであるPageRankデータの更新予定が無いため、そのまま提供終了する流れのようです。PageRankは以前までは検索順位に大きな影響を及ぼすものとして認識されており、PageRankの高いホームページから被リンクを受けると順位が上がりやすくなる、ということもありましたが、現在はそのような価値観はほぼなくなり、ほとんど気にする必要が無いレベルとなったため、Googleも提供終了したのでしょう。

URL:http://www.sem-r.com/google-2010/20141008011907.html
Googleは、Google Toolbar に表示する PageRank データの更新を予定していないことを明らかにした。

ここ1ヶ月の間で、Google検索エンジン関連のニュースだけで10以上ありましたが皆さんすべてチェックできていたでしょうか?
検索エンジンの動向はホームページの集客を大きく左右します。自社に大きく影響するものもあるので、ニュースはできるだけチェックすることをオススメします。
Ferretが毎朝配信しているニュースまとめにも、Google検索エンジンの動向に関するニュースがあれば紹介しています。出勤前やお昼休みなど空き時間に確認するだけで把握できるようにしておりますので、ぜひチェックしてみてください。

このニュースに関連するカリキュラム

こちらのカリキュラムでウェブマスターツール(Google Search Console)の基本的な操作方法を覚えましょう!