HTTP

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

HTTPとは、HTMLで記述されたWebページなどの情報を、WebサーバーとPCなどのクライアント端末間でやり取りする方法を定めた通信手順のことです。Hyper Text Transfer Protocolの略です。

手順(プロトコル)はシンプルな構造で、クライアント側がサーバーへ要求を出し、サーバー側がそれに応える、という形式です。

例えばあるPCから特定Webページを表示する場合、WebブラウザURL欄に表示したいWebページURLを入力し、Webサーバーに接続します。そしてそのWebページの情報を取得するためのコマンドをサーバーに送信することにより、そこにあるHTMLファイルの情報を取得します。Webブラウザはその情報に基づいて、PC上にWebページを表示します。

このような手順を具体的に定めているのがHTTPです。

HTTPでは、上記のような情報を要求する「GET」メソッドの他に、情報を送信する「PUT」「POST」などのメソッドがあります。

Curriculum pt1

使いかた

HTTPは、インターネットの基本的な技術だからちゃんと理解しておいた方がいいよ」
HTTPHTTPSは、何が違うのか分かっているかい?」
「最近はブラウザでいちいち「http://」と最初に入れなくてもちゃんとWebページが表示されるようになったね」