ニッチ

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

ニッチとは、非常に小さな市場セグメントのこと、または既存の企業がニーズを充足していない隙間的な市場のことを表します。

従来はコトラーやランチェスターによって提唱された、小規模企業などの取り得る戦略として、ニッチ市場を攻略しそこで市場を独占する事により、強者や大企業との競争に勝つためのターゲットとして認識されていました。しかし近年は市場全体が細分化してきたために、必ずしも小規模事業者が主に対象とする市場でもなくなってきており、大企業においてもニッチ向けの製品を投入する機会も多くなってきました。

ニッチ市場は、市場規模が小さい反面、競争が発生していないかもしくは競争が激しくない、また特定の需要に対するニーズが高いため対象の消費者のプレミアム価格を受け入れやすいという特徴があります。また国内では市場規模が小さくても全世界で考えると相当の規模となる場合もあり、グローバルな視点でニッチ市場を攻略するという考え方も生まれています。

Curriculum pt1

使いかた

「一言でニッチ戦略といっても、まずニッチ市場がどこに存在するのかを見つけるのが一苦労だね」
「ITやインターネットの発展で、ニッチ市場の考え方も変わってくるんじゃないだろうか」
ニッチな商品って、やっぱりアイデアがすごいよね」