ロングテール理論

Profile

マーケティングディレクター
ferret立ち上げ・企画・制作ディレクション・集客施策・アクセス解析など、サイトの裏側全般を担当しています。机にいないときは半蔵門のエクセルシオールを探してください。

Facebook : https://www.facebook.com/tetsuro.aoki
Twitter : https://twitter.com/te26_kun

執筆記事一覧はこちら

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

ロングテール理論 とは、売れ筋のヒット商品の売上よりも、あまり売れないニッチな商品群の売上合計額が上回る理論のことです。
2004年、米国の雑誌Wired Magazine誌の編集長クリス・アンダーソンによって提唱されました。

large.jpeg 縦軸に商品の販売量、横軸に販売量の多い順に商品を並べた場合、多品種少量販売の商品が、しっぽ(テール)のように長く伸びていくために ロングテール理論 となづけられました。

通常のビジネスにおいては、 パレートの法則 でいわれるように上位20%などの少数の商品が売上の多数を占め、効率よく収益を挙げるためにはそれらの上位商品に経営リソースを集中すべきであると言われています。

しかし インターネット ショッピングなどにおいては、商品管理に必要な固定費が通常のビジネスに比べきわめて低いため、多品種少量販売でも十分に収益が挙がるというのが ロングテール理論 の考え方です。

Curriculum pt1

使い方

ロングテール理論 は、今流行りの コンテンツ ビジネスにも当てはまるよね」
ロングテール理論 はどんな業態でも当てはまるというものではないので、注意が必要ですね」
「商品の種類によっても、 ロングテール理論 が有効な場合とそうでない場合があるんだ」