動画広告市場が右肩上がりに成長し続ける近年、動画を使ったマーケティングは今後も必要不可欠な手法になります。しかし、動画広告は従来の静止画像に比べて「制作するのに時間もお金もかかる」「動画広告運用での分析ができなく、成果が出せない」といったマーケティング担当者の悩みも尽きません。

本記事では動画広告運用における現状と課題を整理し、それらを解決できる方法を紹介します。

バナー画像と同じく、動画も当たり前に

これまでテキストや画像が主流となっていたWEB広告において、動画を活用する企業が増加傾向にあります。その要因の一つにデバイスの主流がPCからスマホへ移ったことが挙げられ、スマホでよく利用されるTwitterやinstagramなどのSNSに動画広告を出稿する企業が増えてきているのです。

動画は画像やテキストと違い、一度で多くの情報を伝えることができるためマーケティング効果が高いことも背景としてあります。

また今後は5Gの普及によって扱えるデータ量についても爆発的に増えるとされ、新しい表現を伴ったリッチコンテンツを取り入れることが一般的になるでしょう。動画の活用の幅が今後も拡大していくことが予測できます。

しかし動画活用に効果があることを知っていても、バナー画像より動画の制作費は大きく膨らみます。その上、1本あたりの制作期間も従来のテキストバナー画像の比ではありません。この点を考慮した多くの企業が、効果を目前に諦めていくケースが多いのです。

十分な動画広告の分析ができない現状

動画を活用して成果を出すためには、バナー画像と同じく、目的に最適化した動画を制作し、運用・検証する必要があります。しかし、動画制作のコストが大きいため、複数パターンでの検証ができず、継続的な運用が難しくなるケースも珍しくありません。

テキスト・画像ベースでのWEB広告運用ではABテストを行うことでターゲットに適したデータを収集し、成果の最大化を図ることができていました。

動画広告も同様、スピード感のあるPDCAサイクルが重要になり、検証データを積み上げていくことは成果を上げるためには必須となります。

動画広告の戦略から運用まで一貫して行える体制強化も必要

動画広告運用における課題は「制作と分析にかかるコスト」とお伝えしましたが、それだけでもまだ足りません。「どんなメッセージの動画を、どこでどんなユーザーに届けるのか」という戦略と、魅力的な動画を制作し、検証を回していく体制が必要になります。

このように課題ばかりで動画を活用することを諦めたくなりますが、そこで紹介するのが企業の動画制作の悩みを解決するリチカです。伝わるコミュニケーションを重要視するリチカは、動画制作はもちろん、効果的な動画活用方法を戦略からサポートしてくれるサービスです。

1to1サポートでインハウス化・運用を徹底支援

richika_2.jpg

リチカは動画制作についての豊富な機能が用意されている動画コミュニケーション開発ツールです。動画制作会社として蓄積されたノウハウによって作られたフォーマットが多数用意されているため、自社内で動画の制作から発信までを完結。動画制作のインハウス化を実現させることができます。

しかし特筆すべきはそれだけではありません。リチカでは、マーケティングの豊富な知識とノウハウを持ったクリエイティブチームのサポートを受けられます。ツール導入時のサポートはもちろん、動画広告の成果を出すために1to1で親身にアドバイスいただけます。

初心者でも簡単にプロクオリティの動画制作が可能

richika_1.jpg

一般的な動画編集ソフトを利用して制作をおこなう場合、導入時は機能を覚えるだけでも時間がかかる上、編集するにも膨大な時間を要します。リチカではそのようなコストを削減するため、動画制作のフォーマットが用意されており、初心者でも簡単にプロクオリティの動画制作が実現可能となります。

また動画制作をインハウス化することよって、*動画の作成から配信・分析にいたる工程も簡略化されスピード感ある動画運用が可能となり、これまで制作会社に依頼していた費用や時間も削減できることが魅力の一つと言えるでしょう。

成果にこだわる圧倒的な実績

richika_3.jpg

リチカが選ばれる理由として大手ブランドや代理店を含む400社以上の企業が活用しているという、圧倒的な実績があることです。広告運用はビジネスを促進するなかでも重要な部分。ツールやサポートの質に満足いかない場合は、サービス自体が続いていかないでしょう。豊富な導入実績は、リチカの成果に対する姿勢を示していると言えます。

リチカの導入事例

リチカについての紹介をしてきましたが、ここからは実際に活用して実現した成果を見ていきます。ツールとして優秀であることは、これまでの内容からもわかると思いますが、それ以上に事実に基づいた情報は何物にも代えがたい判断材料となります。

クリエイティブ未経験でもCPA120%改善!

インターネットを活用したダイレクトマーケティングをおこなっている株式会社ワンスターでは、CPAが120%改善されたという結果が出ています。

当初は動画を活用するにあたって、制作会社に外注をおこなっていました。しかし制作コストとスピード感が課題に。そこでリチカを導入します。動画クリエイティブの制作が未経験の状態にもかかわらず、外注時に比べ1つのコンテンツを作成するための時間とコストを大幅削減できました。制作が容易になったこともあり、論理的なABテストを繰り返し、成果の出る動画広告が作り続けられる環境が手に入ったといえます。

結果として静止画の10倍以上のCVRを記録するなど、ビジネスでの成果も明確に出ている事例の1つです。

CPA改善とコミュニケーションコスト削減を実現

広告運用代行やランディングページ制作など、Webマーケティング支援をおこなう株式会社リスティングプラスでは、CPAを1/3にする成果を出しながら、自社内の制作における連携を強化しています。

広告運用代行の一環として動画広告にも挑戦する過程で、多くの動画ツールも試したリスティングプラス。しかしそれぞれのツールにおいて制作の課題が生じ、目標とするクオリティの維持が難しくなっていました。そこでリチカを導入すると、テンプレートの多さから制作のしやすさが向上。コンテンツ制作が容易になるだけでなく、新しい動画広告のアイデアを生み出せるほどの活気を手に入れています。

リチカが持つ制作コストを削減する仕組みが、ビジネスの拡大に大きな影響を与えていることがわかるでしょう。

リチカを活用して成果にこだわる動画広告運用を

これから益々動画市場は拡大していきます。5Gが導入されれば、扱われるコンテンツがリッチ化していくことは多くの人が予測できるでしょう。「動画制作費と時間の削減」「充分な動画広告分析ができる体制」これらが動画活用における課題でしたが、リチカはそれを解決できる手法を提供しています。動画広告運用を考えている方は、リチカを導入して動画広告に対するノウハウを獲得し、成果を出せる体制を作ってみてはいかがでしょうか。

richika_5.jpg