~モバイルアプリ開発の全プロセスでセキュリティ強化を支援~

2016年1月22日
報道関係各位

GMOグローバルサイン株式会社

米国のモバイルセキュリティのリーディングカンパニー
Bluebox Security(R)社と協業
~モバイルアプリ開発の全プロセスでセキュリティ強化を支援~

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子認
証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條
一郎 以下、GMOグローバルサイン社)は、本日2016年1月22日(金)より、
モバイルアプリケーション(以下、モバイルアプリ)のセキュリティ・ソリュー
ションを提供するBluebox Security(R)社(本社:米国カリフォルニア州サン
フランシスコ 以下、Bluebox Security社)と協業し、両社のサービスを通
じてモバイルアプリ開発のセキュリティ強化を総合的にサポートいたします。

【協業の背景】

 近年、モバイルデバイスを業務利用の目的で導入する企業や団体が増えて
おり、私用デバイスを業務にも使用するBYOD(Bring Your Own Device)の取
り組みも進んでいます。これに伴い、不正アクセスやなりすましによる情報
流出などのセキュリティリスクを回避するために、アクセス元のデバイス
本物であることを認証するクライアント証明書が必須となっています。
 さらに、顧客企業や取引先など社内外と業務用として共通のモバイルアプ
リを導入したり、自社開発したりする企業においては、昨今増加しているモ
バイルアプリの脆弱性を突いた攻撃から重要機密の漏洩や改ざんなどの被害
を防止するためにも、モバイルアプリ自体のセキュリティを強化する必要が
あります。
 こうした中、GMOグローバルサイン社とBluebox Security社は、安全なBYOD
環境の実現へ向けてそれぞれの技術の強みを生かし、デバイス認証と業務用
モバイルアプリ保護の両面からモバイルアプリ開発会社を総合的にサポート
するべく、協業することといたしました。

【協業の概要】

 GMOグローバルサイン社は、デバイス認証によるセキュリティ・ソリューショ
ン、Bluebox Security社はモバイルアプリ自体のセキュリティ・ソリューション
の提供を主に担います。
 モバイルアプリ開発会社は、両社が提供するサービスを組み合わせて利用する
ことで、社内ネットワークへのアクセス権限の管理といったインフラ面から、業
務で利用するアプリの保護に至るまで、モバイルアプリ開発におけるすべてのプ
ロセスでセキュリティの強化が図れます。

デバイス認証によるセキュリティ強化>
■GMOグローバルサイン社
クライアント証明書発行・管理サービス「マネージドPKI Lite」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 デバイス所有者の個人や組織の身元を証明するクライアント証明書の発行・管
理が行えるサービスです。これにより、社内システムへのアクセスが許可された
デバイスかどうかを認証します。

<モバイルアプリの保護によるセキュリティ強化>
■Bluebox Security社
モバイルアプリのセキュリティ・ソリューション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 業務用のiOS/Androidアプリを、数クリックで自己防衛機能を備えたアプリ
と変換することが可能です。これにより、待機時はもちろん送受信中もアプリ
データを保護できるほか、アプリへの攻撃を即座に検出して社内ネットワークへ
のセキュリティ侵害を防ぎます。

++
【GMOグローバルサイン社 CPO(最高製品責任者)Lila Kee コメント】
++
『従業員によるBYODの活用を許可する企業の数は増え続けており、保護されたネッ
トワーク内の機密データを狙う外部からの攻撃に対するセキュリティ対策はます
ます難しくなっています。この度、アプリレイヤーでのセキュリティを実装する
Bluebox Security社と、デバイスと開発者の間でセキュリティ対策を実装する当
社のPKI証明書サービスを組み合わせることにより、非常に強力なモバイルデバ
イス向けセキュリティサービスの提供を実現しました。』

++
【Bluebox Security社 CEO Pam Kostka氏のエンドースメント】
++
『企業は独自にカスタマイズしたモバイルアプリを従業員や取引先、下請け業者
に提供し、生産性の向上に努めようとしています。しかしこうしたアプリは、個
々に異なるセキュリティ対策を採用する複数のチームによって開発され、統合的
な管理のなされていないデバイス上にインストールされているという実情があり
ます。当社はアプリの開発者や使用するデバイスにかかわらず、企業に対してア
プリのセキュリティと透明性を一貫して保証し、企業のデータを確実に保護する
ことを目指しています。今回のGMOグローバルサイン社との協業は、このような
セキュアな環境下における生産性向上をさらに実現しやすくするものです。』

【Bluebox Security社とは】(URL : http://www.bluebox.com

 2012年にセキュリティ分野のエキスパートが集まって設立したBluebox
Security社は、モバイルアプリの保護と分析に関するソリューション提供で業界
をリードする企業です。モバイルセキュリティに関する豊かな専門知識と包括的
な分析手法を組み合わせた同社のソリューションは、モバイル技術の目覚ましい
進化の速度に歩調を合わせながら、企業向け品質の堅牢なアプリセキュリティを
エンド・ツー・エンドで提供します。このクラウド型ソリューションにより、企
業は自社のモバイル資産に対する脅威に対して、実用的な情報を提供してアプリ
を保護しつつ、脅威を発見し、常にデータを安全に保つべく必要な対策を迅速に
取ることが可能となり、安全なモバイル環境を構築・維持することができるよう
になります。Bluebox Security社は、企業活動の先端として新たに重要な役割を
担いつつあるモバイルアプリのセキュリティと透明性の実現において、様々な企
業を支援しています。

【「GlobalSign」とは】

 世に電子認証サービスが登場し始めた初期段階の1996年にベルギーでサービス
の提供を開始し、ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局です。ベルギー
政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC) をはじめとするベルギー
電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っ
ています。2006年にGMOインターネットグループにジョインし、政府レベルのセ
キュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開しております。現在では、
SSLサーバ証明書をはじめとした150万枚の電子証明書発行実績と、政府関連機関
や大手企業へ多数の納入実績があります。
 また、『CABF(CA/Browser Forum)』、『Anti-Phishing Working Group』に参
加し、電子証明書市場のリーディングカンパニーとして積極的な活動を行ってい
ます。2014年にはヨーロッパを中心にIdentity and Access Management(IAM)ソ
フトウェアを提供してきたフィンランドのUbisecure社をグループ化し、IAM事業
をサービス群に加えました。Ubisecure社のIAMソフトウェアは大手Slerを含む
150社のパートナーを通じて多くの政府機関、金融機関、大企業で利用されてい
ます。

※ eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カード
    プロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのID
    カードが配布される。

以上

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOグローバルサイン株式会社 マーケティング部 大澤
TEL:03-5728-1551 FAX:03-5728-1552
E-mail:support-jp@globalsign.com

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101
E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

【GMOグローバルサイン株式会社】 (URL : https://jp.globalsign.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOグローバルサイン株式会社
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長 中條 一郎
事業内容 ■情報セキュリティ及び電子認証業務事業
資本金  3億5,664万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOクラウド株式会社】 (URL : http://ir.gmocloud.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOクラウド株式会社 (東証第一部 証券コード:3788)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■クラウド・ホスティングサービス事業
    ■セキュリティ事業
    ■ソリューション事業
    ■IAM事業
資本金  9億1,690万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】 (URL : http://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット証券事業
    ■モバイルエンターテイメント事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2016 GMO GlobalSign K.K. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp