最近TVCMもはじまったFacebook。これからますます利用者が増えていくことが想定できます。

Facebook

Facebookっという名前は知ってるけれど、「使い続けていて本当に大丈夫なの?何がいったいすごいの?」新人ソーシャルメディア担当者のなかには、そんな疑問がわく人も少なくないのではないでしょうか。

本記事では、Facebook活用をする上で押さえてくとよい事例をまとめました。

1.Facebookは偽名利用が圧倒的に少ない

Twitterや他のソーシャルメディアは、ニックネームでの利用が基本です。ですのでフリーメールの利用で複数のアカウントを取得したり、偽名で登録することができます。

実名利用がビジネスにはオススメ

一方、Facebookは立ち上げ当初から実名利用をうたっています。そして、携帯電話での認証や友人の連絡先リストからの照合など、偽名を摘発する仕組みが整っています。

偽名がバレてしまいますと、直ちにアカウント停止になり、低い偽名率を保っています。ビジネスにおいて、その信頼性が担保されるということは、データを吟味するうえでとても大事なことです。そして、利用者は世界中でふえ、2012年の時点ですでに10億人を超えていました。

偽名利用はわずか8.7%

URL:http://usatoday30.usatoday.com/tech/news/story/2012-08-03/cnbc-facebook-fake-accounts/56759964/1
Facebookでの偽名利用は1割にも満たしていません。

2.偽名利用調査の仕組みがある

URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13112670013
友人とのつながり機能が強力なため他からわかってしまいます。

3.ユニクロも認める実名制ソーシャルの価値

URL:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1102/17/news051.html
ユニクロはソーシャルメディア活用におけるインタビューで実名制の価値を評価しました。