リスティング広告の運用を担当することになったものの、成果を上げる方法が分からず悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

リスティング広告運用で成果を出すためには、目標達成を妨げている原因を理解し、PDCAサイクルを回して課題を解決する必要があります。ポイントを押さえて運用することで、リスティング広告のパフォーマンスを改善することが可能です。

この記事では、リスティング広告を運用するポイントについて解説します。広告運用を始めたばかりの方や、これからリスティング広告を運用する予定がある方はぜひ参考にしてください。

尚、当記事は下記の資料を参考にしております、リスティング広告運用について詳しく知りたい方はチェックしてください。

リスティング広告の成果が出ない?その原因とは

リスティング広告の運用を開始したものの、思うようなコンバージョン数が得られていない場合、複数の原因が考えられます。

目標と現状の乖離が起きている原因を理解すれば、改善すべきポイントを特定し、成果を高めることが可能です。以下ではまず、リスティング広告の成果が出ない主な原因について解説します。

成果はクリック数とCVR(コンバージョン率)で決まる

リスティング広告のコンバージョン数を決める主な要素は、「クリック数」と「CVR(コンバージョン率)」の2つです。コンバージョン数は次の式によって決まります。

広告のクリック数×CVR(コンバージョン率)=コンバージョン数

たとえば、1ヶ月で広告が1,000回クリックされ、コンバージョン率が1%だった場合のコンバージョン数は次の通りです。

1,000件(クリック数)×1%(コンバージョン率)=10件(コンバージョン数)

1ヶ月のクリック数が1,000回から1,500回に増えれば、コンバージョン数は15件に増加します。また、クリック数がそのままであっても、コンバージョン率が1%から1.2%にアップすることで、コンバージョン数を12件に増やすことが可能です。

つまり、リスティング広告の成果を高めるためには、クリック数とコンバージョン率のいずれか、または両方を改善する必要があります。

目標との乖離はなぜ起こる?

リスティング広告を運用する際に立てた目標と、実際の成果が乖離する原因は様々です。主な理由として、次のような項目が考えられます。

広告のクリック数が足りていない

広告の表示回数がそもそも少ない場合や、表示されていてもクリック率が低い場合、広告のクリック数が少なくなる傾向です。また、広告のクリック単価が高く予算を使い切ってしまっていることも、クリック数が目標に達しない原因となります。

コンバージョン率が目標を下回っている

コンバージョン率が低い場合、広告がクリックされてもコンバージョンを得ることができません。購買意欲の低いユーザーからクリックされていたり、広告リンク先となっているランディングページの訴求が弱かったりすると、コンバージョン率が低くなる傾向です。

成果が上がらない原因

リスティング広告の成果が上がらない原因として、次のような項目が挙げられます。

広告アカウントの設定に誤りがある

リスティング広告アカウントの作成が初めての場合、広告アカウントの設定を誤りやすい傾向です。広告を配信するターゲットやキーワードの設定に不備があると、成果を出すことができません。

広告アカウントの改善点が把握できていない

広告アカウントの設定に大きな誤りがなかったとしても、運用開始後の改善点が把握できていない場合は成果が上がりにくい傾向です。目標との乖離を把握し、改善点を明確化する必要があります。

改善点が分かっていても具体的な修正方法が分からない

クリック数やコンバージョン率など、改善するべき数値が明確であっても、具体的な修正方法が分からなければ成果が上がりません。より成果の出る広告文の作り方や、アカウント設定の改善方法を知り、日々の運用のなかで実行する必要があります。