リスティング広告で成果を上げる3つのポイント

リスティング広告で成果を上げるための主なポイントは次の3つです。

  ・ターゲットを意識した広告アカウント作り
  ・適切な入札単価調整
  ・予算の調整

ここからは、3つのポイントを押さえてリスティング広告で成果を上げる具体的な方法を解説します。

ターゲットを意識した広告アカウント作り

リスティング広告アカウントを設定する際は、ターゲットを意識したキーワード設定と広告文作りが重要なポイントです。

キーワード設定

ユーザーが検索するキーワードには様々なものがありますが、キーワードによってコンバージョンへの繋がりやすさは異なります。そのため、購買意欲が高いユーザーや、悩みを解決したい気持ちの強いユーザーが検索するキーワードを選ぶことが大切です。

たとえば、折り畳み自転車を販売する通販サイトの広告を出す場合、商品の型番や「価格」「通販」などのキーワードを検索しているユーザーは購買意欲が高いと考えられます。

一方、「折り畳み自転車 注意点」などのキーワードで検索しているユーザーはまだ購入の意思決定をしていないため、広告のコンバージョン率が低くなる傾向です。

広告文作り

広告文は、キーワードを検索するユーザーの意図をふまえて考える必要があります。キーワードに対して、個別に最適化した広告文を作ることが理想的です。

ただし、広告を出すキーワードが多いアカウントでは、個別のキーワードに対する広告文の最適化が難しい場合があります。キーワードが多い場合は、ニーズが似ているキーワードをグルーピングしたうえで広告文を割り当てましょう。

適切な入札単価調整

リスティング広告の運用を開始したあとは、クリック数やコンバージョン数の状況に応じた適切な入札単価調整が重要です。

キーワードの入札単価が低すぎる場合、広告検索結果の1ページ目に表示されず、クリックが得られない可能性があります。リスティング広告の管理画面を確認し、広告が表示されていないキーワードは入札単価を高めましょう。

また、クリック数が多くても、コンバージョン率が低く成果に貢献していないキーワードは入札単価を下げる必要があります。

入札単価の調整によって、アカウント全体の費用対効果を高めることが可能です。

予算の調整

リスティング広告の予算は、キャンペーンごとに正しく配分する必要があります。基本的な方針として、コンバージョンがより多く獲得できるキャンペーンに対して、より多くの予算を割り当てる方法が効果的です。

コンバージョン率の高いキャンペーンに対する1日あたりの広告予算が少ない場合、クリック数が制限されてしまい、機会損失に繋がるリスクがあります。

1日あたりの予算が消化され頭打ちとなっている場合は、予算配分の調整が特に重要です。一方、予算が使い切られていない場合は、コンバージョン率の高いキーワードの入札単価を高めたり、新たなキーワードを追加したりする対策を行いましょう。

リスティング広告で成果を上げるための方法として、上記以外にも配信スケジュールの設定や広告表示オプションなど様々な手法があります。配信設定のポイントをより詳しく知りたい方は、以下の資料をダウンロードしてご確認ください。