動画広告を集客やブランディングに取り入れたいものの、どのようなクリエイティブが効果的か分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

反応の良い動画広告には共通するパターンがあり、型を知ることで集客力の高い動画広告作りが可能です。

この記事では、動画広告クリエイティブを成功させるためのポイントや、アイデア出しに役立つTipsを紹介します。動画広告の運用を担当する方はぜひ参考にしてください。

動画広告への注目が高まっている理由

動画広告クリエイティブのTipsを具体的に紹介する前に、まずは動画広告への注目が高まっている理由について簡単に解説します。

従来のオンライン広告では、テキストのみの広告や静止画のバナー広告が一般的でした。スマートフォンなどのデバイスによる動画視聴が簡単にできる環境が整ったことが、動画広告への注目が高まってきた主な理由です。

動画広告を活用することで、SNSや動画共有サイトのユーザーにリーチできます。また、テキスト広告や静止画のバナー広告では伝わりにくい商品やサービスであっても、動画広告なら効果的な宣伝が可能です。

動画を活用したマーケティングの詳細については、下記の資料も参考にしてください。

動画広告は開始1秒で勝負が決まる?

動画広告に使用できる動画の長さは媒体によってさまざまですが、最も重要なポイントは開始1秒の冒頭部分です。開始1秒でユーザーの注意を引くことができなければ、動画広告を最後まで視聴してもらえません。

SNSや動画共有サイトのユーザーは、画面をスクロールして自分が興味のある情報のみを詳しく見る傾向があります。そのため、動画広告の冒頭でユーザーにとって関係がない情報だと判断された場合、販促やブランディングは不可能です。

動画広告を活用するためには、画面をスクロールするユーザーの注意を引くための工夫が必要となります。

勝つための動画広告クリエイティブ100のTips

反応の良い動画広告の共通点を知ることで、開始1秒でユーザーの目に留まり、リンク先をクリックしてもらえる動画の制作が可能です。以下では、大きく「注意喚起」「興味関心」「利益」「行動喚起」の4つポイントに分け、広告向け動画制作における100のTipsのうち20個を紹介します。

100のTipsすべてを今すぐ知りたい方は、以下のリンクからPDF資料をダウンロードしてご覧ください。

動画広告のポイント①:注意喚起

動画の冒頭でユーザーの注意を喚起するためのTipsとして、次の5つを紹介します。

対象のターゲットを明示する

動画広告で宣伝する商品やサービスの対象者を明示すると、ターゲットユーザーの注意を引くことが可能です。「映画好きにオススメ!」や「忙しい社会人の味方」など、対象のターゲットを明示する文言を動画の冒頭で表示しましょう。

数値で商品価値を明示する

商品やサービスの価値を数値で表現すると、動画の訴求力が高まります。「コストを20%カット」や「転職求人80,000件以上」など、具体的な数値を含めましょう。

クイズ形式で惹きつける

動画の冒頭をクイズ形式でスタートすることも、ユーザーの注意を引く際に効果的です。「Q.無理のないダイエットに最適な方法はなに」など、クイズ形式の訴求ができないか検討してみましょう。

画面いっぱいの大きなテキストで惹きつける

動画の冒頭に、短いテキストを画面の大半を占めるようなサイズでテンポよく表示すると、ユーザーの視線を集めることができます。「えっ」や「必見」などのテキストを画面いっぱいに表示して視線を集め、動画の視聴を促しましょう。

取り入れる際のハードルを下げる

商品やサービスを簡単に取り入れられることを表現すると、ユーザーの注意が引きつけられます。「初めてでも簡単」や「手続き不要」などの文言を用いて、心理的なハードルを下げましょう。

動画広告のポイント②:興味関心

動画広告で宣伝する商品やサービスに興味を持ってもらうためのTipsとして、次の5つを紹介します。

商品・サービス価値を端的に説明する

動画広告の開始数秒で商品やサービスの魅力を伝えるためには、価値を端的に説明することが大切です。「好きな映画が見放題」や「高収入の転職求人が見つかる」など、ユーザーにとっての価値を短い文言で表現しましょう。

具体的なイメージを促す情報を明示する

商品やサービスを利用したときのイメージを促すような文言も、興味関心を高める際に効果があります。「サクサク食感」や「まるで無重力のような座り心地」など、具体的なイメージを促す情報を明示しましょう。

比較による興味関心を促す

比較を用いた表現はユーザーの興味関心を促す際に効果的です。「従来よりも3倍軽い羽毛布団」や「マッチング数よりも成婚率にこだわるお見合いサービス」など、比較による表現を検討してみましょう。

サービスのサブキャッチを明示する

商品やサービスの名称だけでなく、サブキャッチも明示することで興味を持ってもらいやすくなります。「経営者のためのビジネス講座」や「第二新卒のための求人サイト」など、商品やサービスの内容が分かるサブキャッチを動画内に含めましょう。

有識者の引用で興味関心を促す

業界の権威や専門家の意見を引用すると、興味関心を促すことが可能です。「人気ヨガ講師が教えるおうちストレッチ」や「医師も驚いたダイエット飲料」など、有識者の引用を活用しましょう。

動画広告のポイント③:利益

動画広告で宣伝する商品やサービスによって得られる利益を訴求するためのTipsとして、次の5つを紹介します。

悩みの解決方法を明示する

ユーザーが抱えている悩みを解決する方法を明示すると、商品やサービスによる利益の訴求が可能です。「1日1食置き換えるだけでカロリーカット」や「登録するだけで理想の相手と出会える」など、悩みの解決方法を明示しましょう。

簡単であることを明示する

商品やサービスが簡単に利用できることを表現すると、利益を効果的に訴求できます。「登録不要で手軽に楽しめる」や「ワンタッチで楽々お掃除」など、簡単さにフォーカスした表現を検討してみましょう。

最新情報であることを明示する

情報の新しさは、動画広告を見たユーザーの利益となる要素です。「最新のIT情報が丸わかり」や「最新の求人案件を多数掲載」など、最新情報であることを明示しましょう。

キャンペーンであることを明示する

動画広告の内容がキャンペーンであることを明示すると、訴求力が高まります。「新発売キャンペーンにつき無料モニター募集」や「抽選で100名様にプレゼント」など、キャンペーンによる販促を検討してみましょう。

レビューを根拠に利益を明示する

既存顧客による商品やサービスのレビューはユーザーからの信頼が得やすく、動画広告の訴求力を高めるために有用です。「“初日で効果を実感しました”」や「“毎日愛用しています”」など、レビューを根拠に利益を明示しましょう。

動画広告のポイント④行動喚起

動画広告を視聴したユーザーに対して、リンク先へのアクセスなどを促すためのTipsとして、次の5つを紹介します。

CTAボタン位置を明示する表現を用いる

「CTA」とはCall To Action(コールトゥアクション)の略で、ユーザーに対して広告のクリックや無料登録などの行動を促す呼びかけのことです。

動画内でCTAボタンの位置を明示すると、広告の反応率を高められます。「こちらをクリック」や「このボタンから登録」など、CTAボタンの位置をテキストでわかりやすく表示しましょう。

続きがあることを明示する

動画広告の内容に続きがあることを明示すると、広告リンク先へスムーズに誘導できます。「続きはこちら」や「さらに詳しく見る」など、続きがあることを明示しましょう。

プラットフォームに合わせたCTAを用いる

SNSや広告媒体など、プラットフォームに合わせたCTAを用いることも重要です。「”いいね”や”シェア”をお願いします」や「上へスワイプ」など、プラットフォームに適したCTAの表現を用いましょう。

「無料」という言葉を用いたCTAを用いる

動画広告リンク先で無料サンプルの配布やお試しキャンペーンを実施している場合、CTAに「無料」という言葉を明示することで反応率が高まります。「無料ダウンロード」や「無料サンプル進呈」など、CTAに無料である旨を記載しましょう。

時間的制限があることを明示する

キャンペーン期間やタイムセールなどの時間的な制限があると、行動を喚起しやすくなります。「○月○日まで限定」や「タイムセール終了まであと○時間」など、時間的制限があることを明示しましょう。

これら以外にも、動画広告の反応率を高めるアイデアは多数あります。動画制作に役立つ100のTipsをより詳しく知りたい方は、以下のPDF資料をダウンロードしてご確認ください。