ビジネスでは大量の情報のやり取りが日常的におこなわれます。取引に関連する情報や自社の状況を記した報告書など、さまざまなものがあるでしょう。しかし、会社やプロジェクトの規模が大きくなればなるほど、情報の管理は難しくなるものです。

そこで多くの企業が導入しているのがBIツールです。Googleが提供しているGoogleデータポータルはBIツールの一種で、無料でありながらも豊富な機能を活用することができます。

本記事では、Googleデータポータルの使用方法や導入する際のポイントを解説します。

Googleデータポータルとは

image4.png

出典:Googleデータポータル

まず簡単にGoogleデータポータルの概要を紹介します。Googleデータポータル(旧
Googleデータスタジオ)はGoogle社が提供しているBIツールの一種です。複数のツールから得られるデータを一括管理し、整理・分析するためのツールとして開発され、多くのユーザーに活用されています。

##Googleデータポータルでできること
image1.png

出典:Googleデータポータル

ではGoogleデータポータルについて、より具体的に見ていきましょう。まずはGoogleデータポータルの機能について紹介していきます。できることを把握しておけば、導入の際のイメージ形成にも役立つでしょう。

データを可視化して効率的に運用

Googleデータポータルには、取り込んだデータを自動で表やグラフにするという機能があります。

Googleデータポータルを活用することで、従来はExcelなどで作成していた表やグラフを自動で簡単に作成することができるようになります。膨大な情報を整理し、視覚的に理解できる形にしてくれるため、自社の現状分析にも大きく役立つでしょう。

データを整理してレポートを作成

Googleデータポータルを使うことで、ツールの中に集めたデータをレポートという形でまとめることも可能です。情報をチームで共有する際や、外部の人に情報を伝える際にも重宝する機能といえます。先ほど紹介したグラフ作成の機能と組み合わせれば、コミュニケーションコストも下げることができるでしょう。

社内やチームでの情報共有を促進

作成したレポートやグラフは、簡単に情報共有が可能です。権限を付与することで共同で編集することもできるので、より密度の高い情報のやり取りが実現するでしょう。サイトなどに埋め込みをおこなうことで、情報を広く拡散することもでき、多様な選択肢が与えられているツールといえます。