Googleデータポータルの使用方法

image3.png

出典:機能の詳細。

ここでは簡単にGoogleデータポータルの使用方法について見ていきましょう。Googleデータポータルではレポート単位で情報をまとめることができ、Googleアナリティクスを始めとした連携可能ツールのデータを取り込んで分析をしていきます。

連携するツールは選択可能で、レポート内では選択したツールのデータを、条件に沿って細かく抽出していきます。これらの情報が決まったら、「グラフを追加」という項目からグラフの作成が可能です。

##Googleデータポータルを使いこなすために

Googleデータポータルを使いこなすには、何をすればよいのでしょうか。ここでは導入をする際に気を付けておきたいポイントを3つ紹介します。

何を目的として活用するのかを明確に

どのツールにもいえることですが、何を目的に活用するのかを明確にすることは重要です。Googleデータポータルは、データの資料化能力が高く、グラフ作成の必要性が高い場合に役立ちます。しかし、分析や情報管理がメインの場合は、他のツールも選択肢に入れる必要があるでしょう。

まずは自社がどのような目的でBIツールを導入したいのかを考えることが大切です。その上で、どのツールがいいのかを検討していくことで、よりよい選択ができるでしょう。

ツールを最大限生かすためのデータを用意する

BIツールは情報の整理や分析に特化したツールで、ビジネスでも重宝される存在です。しかし課題解決に必要な情報が揃っていない状態では、ツールの能力を発揮することはできません。

BIツールを導入する目的を明確にしたのであれば、ツールの機能を最大限生かすための準備をしましょう。必要な情報を揃えることは、分析結果の信頼性に関わります。ツールを通してビジネスを促進するためにも、下準備は怠らないようにしましょう。

ツールを活用していきながら見直しも適宜おこなう

ツールを上手に活用するコツとして、定期的に活用法の見直しをすることがあります。どんなに素晴らしいツールであっても、使い手が誤った利用をしていては成果は得られません。現在の活用方法で結果が出ているのかを中心に、利用の方針を見つめ直す機会を設けましょう。

定期的に進んでいる方向が正しいのかを確認する習慣は、大きなミスを避ける抑止力にもなります。ツール活用だけでなく、会社全体での流れをよくするためにも取り入れてみてください。

Googleデータポータルで課題解決を促進

Googleデータポータルは、上手に活用することで情報の管理を容易にし、効率的な資料作成や分析を可能にしてくれます。

Googleデータポータルを実際に導入する際は、何を目的にしているのかを明確にした上で進めるようにしましょう。

関連記事

BIツール導入で効果を出すには?活用ポイントや注意点を解説

BIツール導入で効果を出すには?活用ポイントや注意点を解説

会社の膨大なデータを整理し一括管理できるBIツールは、自社の課題発見に大きく役立つものです。しかし名前を聞いたことはあっても、特徴やメリットについて詳しく知っている人は少ないでしょう。そこで本記事では、BIツールの活用ポイントや導入する上での注意点を解説します。

2つのAIを搭載した「Qlik Sense」とは?特徴やメリットなどを解説

2つのAIを搭載した「Qlik Sense」とは?特徴やメリットなどを解説

BIツールとは、社内に蓄積されたデータの一元管理、分析、可視化、そして次なる打ち手についてヒントを得るために役立つツールです。この記事ではBIツール「Qlik Sense」にフォーカスし、その特徴・メリット・日本国内での導入事例・価格面などを解説していきます。