近年、FacebookやLINE、Twitterなどで「ライブ配信」を行える機能の提供が盛んになっています。手軽に配信できる上にライブだからこその臨場感を楽しめるため、企業側・ユーザー側ともに利用者は増えつつあるのが現状です。このような流れの中、Twitterは機能のアップデートを発表。

記事では、アップデートによってこれまで以上に手軽にTwitterでのライブ配信を可能にする、Periscope(ペリスコープ)の使用方法を紹介します。

Periscope(ペリスコープ)とは

1.png
出典:Periscope

Periscopeとは、Twitterが提供しているスマートフォンでの生中継配信・閲覧が可能なアプリです。アプリを起動すれば、簡単に撮影した映像をリアルタイム配信できます。2015年の3月にサービスの提供が開始されて以降、わずが4ヶ月で1,000万人のユーザーが登録したことでも話題になりました。

参考:ライブストリーミングのPeriscope、登録ユーザー1000万人突破。1日の視聴時間は40年 | TechCrunch Japan

2016年12月15日にTwitter・Periscopeのアップデートが発表されたことにより、Periscopeのアプリを起動することなくTwitterからそのままライブ配信ができるようになりました。

Twitterは特に日本での使用率が高いため、Twitterでライブ配信を行うことで閲覧してもらえる機会が増えることはもちろん、新しいフォロワーの獲得機会につなげることも可能です。
これまでとは異なるSNSを活用したプロモーション方法を模索している方は、Twitterでのライブ配信を検討してみてはいかがでしょうか。

▼ダウンロードはこちら
App Store
Google play

Twitterアプリから直接ライブ配信を行う方法

2016年12月のアップデートで実装された、Twitterアプリからライブ配信を行う方法を解説します。

step1.

まず、Twitterアプリを最新のバージョンにアップデートします。アップデートしていない場合は機能が実装されていない場合がありますので、注意してください。

step2.

2.jpg
アップデート後、Twitterアプリを起動します。通常ツイートを行うように、アイコンをタップしてツイート画面を表示。

すると、ツイート画面下に「ライブ」というアイコンが表示されていますのでタップします。

step3.

3.jpg
初めてTwitterからライブ配信を行う際のみ、最初にチュートリアルが表示されますので「確認」をタップします。

step4.

4.jpg
「いまどうしてる?」というメッセージが表示されている場所には、ツイート文を入力できます。ライブ配信したい映像の内容やタイトルなどを、140文字以内で入力しましょう。

なお、ツイートは入力しなくてもライブ配信を行うことが可能です。ツイートを入力し、撮影の準備が整ったら「ライブ放送する」をタップします。

step5.

5.jpg
ライブ配信を開始すると、同時にTwitterのタイムライン上でもライブ配信していることが表示されます。ライブ中は、画面左下に「ライブ」と表示されていますので、必ずライブ配信がされているか確認するようにしましょう。

また、画面右下には2つのアイコン(画像赤枠部分)が表示されており、それぞれメニュー、視聴者の確認などが行えます。

step6.

6.jpg
「…」と表示されているアイコンでは、メニューを選択可能です。

・フォローをリクエスト:ライブ配信の視聴者へ自分のTwitterアカウントをフォローしてもらうようにリクエストを送れます。
・共有をリクエスト:ライブ配信を共有してもらえるようにリクエストができます。
・ライブ放送を共有:他のユーザーに、ライブ配信を共有できます。
・スケッチをはじめる:ライブ放送中に描画が可能です。
・チャットを非表示:ライブ放送中はチャット機能を使用できます。チャット機能を使用したくない場合は、ここをタップしてオフにしてください。再度チャット機能を使用したい場合は、ここをタップすればオンになります。
・カメラを反転:インカメラ/アウトカメラの切り替えが可能です。

step7.

7.jpg
人型のアイコンでは、ライブ配信の共有・チャット機能の使用が可能です。共有したい場合は「共有」をタップして共有先を選択しましょう。

チャット機能は、この画面上で使用できます。また、ライブ配信を閲覧している視聴者も確認可能です。

step8.

8.jpg
ライブ配信が終了したら、画面右上の☓アイコンをタップ。終了後、ライブ視聴者数や視聴時間を確認できます。

また、配信後に動画が再度再生された場合は「リプレイ視聴者数」としてここに表示されます。

step9.

9.jpg
ライブ配信中は、Twitterのタイムライン上で画像のように表示されます。終了後は「終了しました」というメッセージが動画の右下に小さく表示されていることが確認できるでしょう。