近年、FacebookやLINE、Twitterなどで「ライブ配信」を行える機能の提供が盛んになっています。手軽に配信できる上にライブだからこその臨場感を楽しめるため、企業側・ユーザー側ともに利用者は増えつつあるのが現状です。このような流れの中、Twitterは機能のアップデートを発表。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

記事では、アップデートによってこれまで以上に手軽にTwitterでのライブ配信を可能にする、Periscope(ペリスコープ)の使用方法を紹介します。

Periscope(ペリスコープ)とは

1.png
出典:Periscope

Periscope(ペリスコープ)とは、Twitterが提供しているスマートフォンでの生中継配信・閲覧が可能なアプリです。アプリを起動すれば、簡単に撮影した映像をリアルタイム配信できます。日本では「ペリスコ」と略して呼ばれることもあるようです。2015年の3月にサービスの提供が開始されて以降、わずが4ヶ月で1,000万人のユーザーが登録したことでも話題になりました。

参考:ライブストリーミングのPeriscope、登録ユーザー1000万人突破。1日の視聴時間は40年 | TechCrunch Japan

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

2016年12月15日にTwitter・Periscopeのアップデートが発表されたことにより、Periscopeのアプリを起動することなくTwitterからそのままライブ配信ができるようになりました。

Twitterは特に日本での使用率が高いため、Twitterでライブ配信を行うことで閲覧してもらえる機会が増えることはもちろん、新しいフォロワーの獲得機会につなげることも可能です。これまでとは異なるSNSを活用したプロモーション方法を模索している方は、Twitterでのライブ配信を検討してみてはいかがでしょうか。

▼ダウンロードはこちら
App Store

Google play