Periscope(ペリスコープ)利用時に注意したい2つのこと

ネット回線速度の問題

Periscopeは映像をリアルタイムで配信(受信)するサービスのため、ネット回線が遅い環境ではストレスを与える(感じる)ことになってしまいます。視聴者に問題があるケースであれば、個人の問題だと割り切って映像から離脱する程度で済みますが、配信側に問題があると、その映像を受信している全てのユーザーに対してネガティブな印象を与えることになってしまいます。よって、Periscopeを使って映像を配信する際は、必ずその配信環境を整えてから配信するように気をつけましょう。

公開範囲を間違えないようにする

Periscopeは映像を公開する対象を選択することができます。「公開」または「限定公開」のいずれかを選択でき、「限定公開」であれば選択したユーザーにのみ公開される仕様です。

ただし、本来であれば「限定公開」すべき映像を「公開」してしまうと、全世界に公開されてしまいます。気をつけましょう。

アップデートでより本格的なライブ配信が可能に!

これまでは、Twitterでライブ配信を行う際はPeriscopeアプリを起動してから動画を撮影する必要があったため、TwitterアプリとPeriscopeアプリを連携しなければなりませんでした。しかし、今回のアップデートにより少ないタップ数でライブ配信が可能になっただけではなく、コメント機能やいいね!機能をTwitterから直接使用ができるため、TwitterとPeriscopeの親和性が高まっています。

Twitterがライブ配信に本格的に対応したことで、これまで以上に盛んに行われることは想像に難くありません。複雑な操作はありませんので、早めにライブ配信機能を使いこなせるようにしておきましょう。

動画配信への理解を深める

動画広告全盛時代。そのなかでも注目の「ライブ配信動画」の強みとは?

動画広告全盛時代。そのなかでも注目の「ライブ配信動画」の強みとは?

動画コンテンツがインターネットの主流になりつつある現在、もっとも注目されているのが「ライブ配信動画」です。簡単に言えばインターネットでの生放送番組。なぜライブ動画配信が注目されているのか。その理由や、動画コンテンツと比較しての特徴やメリットなどを紹介します。

なぜライブ動画は人を惹き付けるのか!心理的背景を知って施策に活かそう

なぜライブ動画は人を惹き付けるのか!心理的背景を知って施策に活かそう

日本国内でも「ライブ動画」が少しずつ普及してきました。世界的に見ても、ライブ動画配信は今後の大きなトレンドの1つと目されていて、米Ciscoの最新のレポートによるとライブ配信動画の流通量は、この先5年で15倍に増え、2021年には全世界の動画のトラフィックのうち13%をライブ配信動画が占めると予想されています。 そこで今回は、心理学的に考えるライブ配信の価値を5つのポイントでご紹介します。

ライブ動画を配信しよう!主なメリット4つとオススメアプリ5選

ライブ動画を配信しよう!主なメリット4つとオススメアプリ5選

今回は、ライブ動画を配信することで得られる大きなメリット4つと、ライブ動画を配信することができるオススメアプリ5選をご紹介します。 話題にのぼるようになってきたとはいえ、まだまだこれから発展を続けていくであろう、ライブ動画。 本記事を参考に、特に新しい施策の検討をされている方は、競合他社よりも一足早くライブ動画を取り入れてみてはいかがでしょうか。