株式会社WACUL(ワカル)は、人工知能「AIアナリスト」に「評価機能」を追加しました。サイト全体の訪問数や購入数などの実績について、前月と比較したレポートを自動作成します。どの媒体からの訪問が効果的であったか、ひと目で把握できるので、手間のかかる月次振り返りや、資料作成の工数削減ができます。


株式会社WACUL(読み方:ワカル 本社:東京都文京区、代表取締役:大津裕史)は、Webサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」に、訪問数などの月次実績を自動でレポート化する「評価機能」を追加しました。

「Facebookからの訪問が前月よりも83%伸びた」 のように、重要指標の変化がひと目で分かるので、下記のような振り返りが今まで以上に簡単になります。
●先月行った施策がうまくいったのか
●異常数値が発生している箇所がないか

また、資料作成に必要なExcelデータをワンクリックでダウンロードできるので、毎月約3時間かかる(弊社調べ) データ集計とレポート作成の工数を削減できます。

本機能の詳細については、下記URLより確認できます。
https://wacul-ai.com/blog/aianalyst-guide-evaluation/
人工知能「AIアナリスト」は、下記URLより無料で利用登録できます。
https://wacul-ai.com/
機能や料金について、詳細なご質問などございましたら、下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。
今後とも「AIアナリスト」をよろしくお願いいたします。

人工知能「AIアナリスト」とは

株式会社WACULが提供する、人工知能によるサイト分析ツール。
Googleアナリティクスを連携するだけで、人工知能がWebサイトのデータを集計し、改善提案を行う。
2015年4月のリリースより、現在に至るまで3,000サイトで利用されている。
人工知能「AIアナリスト」申込サイトはこちら(無料)
https://wacul-ai.com/

株式会社WACUL(ワカル)

【所在地】 東京都文京区本郷3-40-10 2F
URLhttp://wacul.co.jp/
【設立年月】 2010年9月
【代表者】 代表取締役 大津裕史
京都大学卒業後、株式会社ビービットに入社。ユーザビリティコンサルタントとしてwebサイト評価、サイト制作プロジェクトに多数参画。2010年に株式会社waculを設立し、代表取締役に就任