日本の人口の70%以上が利用していると言われる「LINE」。そのLINEに唯一対応したメッセージ配信ツール「LINE公式アカウント」を店舗や企業が開設し、送客に活用するケースも数多く見られるようになりました。

開設数は300万件以上にものぼり、友だちになったユーザーの半数近くがクーポン利用やキャンペーン応募などの行動に繋がっている販促には欠かせないサービスです。

しかし、LINE公式アカウントを運営する中で「思うような結果につながっていない」「何をどう改善すれば良いのか分からない」「やるべきことが多くて、細かな施策に手が回らない」といった悩みを抱える担当者も多いのではないでしょうか?

この記事では、LINE公式アカウント運用に関わる全ての人に向けて、LINEを使ったユーザーとのコミュニケーション、効率的な運用方法、売上アップを狙うための施策について解説します。

LINE公式アカウントを運用するメリット

企業・店舗がLINE公式アカウントを運用するメリットは、なんと言ってもユーザーへの情報の届けやすさ」にあります。

LINEの国内利用者数は8,900万人以上。日本の人口の70%以上に相当します。他のSNSと比べても、老若男女に幅広く利用されており、その分情報を届けやすいツールだと言えます。

ユーザーに情報を届けられるツールといえばメルマガとも似ていますが、メールの場合、独自ドメインのメールやGooglやyahoo!などフリーアドレスを個人で複数持つことができるので必ずしも全てを見ている訳ではありません。それに対しLINEはスマホ1台につき基本的には1アカウントになるので「似て非なるツール」だと言えます。

メルマガの場合、配信システムの契約、テキストや画像、デザインの作成など幾分か手間もコストもかかります。その一方で、LINE公式アカウントは0円で運用を始めることができ、スマホ1台さえあればすぐに情報発信ができます。

また、友だち登録者全体に向けた一斉配信だけでなく、特定のユーザーと1対1のメッセージのやりとりも可能です。画像や動画も簡単に送ることができ、メルマガでできることをLINEというツールの特性を活用してより柔軟に運用でき、比較的参入障壁の低い手法だと言えます。

では、LINEの優位性をより具体的に見ていきます。

①開封率の高さ

最も優位性のあるのは、圧倒的な開封率の高さです。

一般的にメルマガ開封率の平均は「10%程度」だと言われています。これに対し、LINEの場合は「60%」と、圧倒的に高くなります。

LINEでメッセージを受信すると、スマホにプッシュ通知が届くので移動中や仕事中であっても空き時間ができればチェックする人が多いため、送ったメッセージのインプレッションを獲得できる可能性がメルマガよりも高まるのです。

②配信直後の即効性

次に特徴的なのが「即効性」です。メッセージ配信後、すぐにユーザーからの反応が欲しい時にとても有効です。

開封率の高いLINEは見た人が次のアクションを起こす可能性も高まり、リアルタイムな告知ができます。

例えば、飲食店や雑貨屋など来店が必要な店舗の場合、雨の日はどうしても来店客が減少するため「雨の日クーポンプレゼント」や「雨の日は10%OFF」といったメッセージを送ることで悪天候による店舗集客や売上ダウンなどの課題を補填しやすくなります。

集客が難しい時間限定でタイムセールを行うことも一つの手段です。

③返信のハードルが低い

そして、「返信ハードルの低さ」もLINEならではのメリットです。

会社や店舗からの一方通行的なメルマガと違い、LINEは日常会話のようにユーザーとコミュニケーションが取りやすくなるツールです。

ユーザーから気軽な相談のメッセージが送られてくる場合もあり、それに丁寧に応えることで関係値も深まり、サービスや商品をリピートしてくれる可能性が高まります。

例えば購入に迷う高額商品の場合でも、相談ベースの気軽なやり取りを経て、成約につながるといった事例もあります。

LINE公式アカウントで売上を上げる鍵とは?

LINEならではのメリットを活かして、実際に売上を上げるには具体的にどんな工夫をしたら良いのでしょうか?LINE公式アカウントで売上を上げるポイントを紹介します。

LINE公式アカウントで売上を上げるための方程式

まず、売上を上げるための重要な方程式を理解しましょう。

【方程式】
売上=友だち登録数×反応率×単価

LINE公式アカウントを使って売上を上げるには上記の方程式に当てはめると何を行うべきか見えてきます。

友だち登録数はLINEに登録しているユーザー数のことで、人数を増やすには店頭でのDMや広告キャンペーンなどのプロモーションが必要です。継続的に行う必要があるため時間・コストがかかり、即効性もありません。

単価はサービスや商品の単価のことで、例えば5,000円か1万円で全体売上は変わってきます。しかしサービスや商品の単価は簡単に変えられるものではありません。

この中で即効性がありコントロールしやすいのが「反応率」です。配信の仕方や内容を変えるなど、少し工夫するだけで明日からでも変えることができます。

反応率はLINE公式アカウントの機能を自社のビジネスにどのように落とし込んで使うのか、どんな企画内容にするかによって大きく変わります。LINE公式アカウント運用の鍵となる「反応率」を上げる3つの施策を紹介します。

反応率を上げる3つの施策

①必要な人だけに必要なメッセージを届けるセグメント配信

セグメント配信は「ターゲティング」とも言われ、「女性だけに配信したい」「直近6日以内に友だちになってくれた人だけに、ありがとうクーポンをあげたい」といった、配信対象絞り込みの手段です。

不特定多数(興味のないユーザーも含む)に配信するよりも、セグメントされたユーザーごとに配信する方が効果が高くなります。また、同じ内容であっても切り口(訴求ポイント)を変えるだけで、伝わり方が異なってきます。

LINE公式アカウントでは、「タグ」を設定することでセグメント配信が可能になり、配信戦略を自社で策定して実践できます。

<例>

  • 「4月28日 セミナー参加者」→セミナー後のフォローメッセージ配信
  • 「クライアント」→自社クライアントだけに配信
  • 「ブロック者」→配信したくない人に配信しない
  • 「東京でのセミナー情報」→遠方の人には配信しない

この「セグメント配信」を実践することで、興味のある人や必要な人に必要なメッセージにだけ情報を届けることが可能なため、ユーザーからのブロック率が下がります。

逆に言うとブロック率が高い場合は、配信の仕方が間違っている可能性があります。ユーザーに煩わしいと思われブロックされてしまうのです。ブロック率が高くなると、せっかく運用していても情報を届けられなくなるので、配信方法の見直しが必要となります。

②抽選や診断などゲームを取り入れたコミュニケーション

ゲーム要素を取り入れたゲーミフィケーションはユーザー情報の獲得や商品の提案などに向いており、LINEで行うことで「反応率」は高まります。

ゲーミフィケーションの具体例として以下のようなやり方があります。

  • 友達登録したら、抽選で割引クーポンをプレゼント
  • 診断コンテンツユーザーの趣味・志向を取得し、それに合わせた提案を返す)
  • アンケート(LINE上で欲しいコンテンツユーザーから募り、新商品やサービスの参考にする)

ゲーム要素を取り入れることでユーザーも楽しんでもらい、運営側にとっても貴重な情報が取得できるという効率的な施策でもあります。

image4.jpg

例えば上図では毎日1回ログイン時にガチャを回してポイントや特別なチケットを獲得できるようにゲーム性を持たせています。

③細かなユーザー管理

そして、登録ユーザーの情報を細かく管理することも重要です。友だち登録の流入経路や、ユーザーがどのような属性か(性別・年代・居住地など)を細かく管理します。

例えば、登録直後のユーザーやしばらく来店されてないユーザーなど細かくセグメントすることによって配信内容やシナリオを変えることができようになります。

シナリオ配信の例
image2.png

出典:https://linestep.jp/2020/12/12/lstep/

新商品やサービスなどの案内を5回に分けて配信したい場合、回数ごとに配信内容を変えてユーザーに興味を持ってもらう手法です。

決められたタイミングで順番に配信することによって、商品やサービスへの期待値を上げて最後に購入してもらうシナリオになっています。

LINEマーケティングが初めての方の入門書はこちら

LINEマーケティングが初めての方の入門書はこちら

メルガマよりもLステップ!興味関心に合わせたセグメント配信・シナリオ分岐売上を伸ばすための顧客管理や分析ができるマーケティングツール。

LINE公式アカウントの機能では不十分

「反応率」を上げるための3つの施策を紹介しましたが、LINE公式アカウントで全てを行おうとすると大変な作業になってしまいます。現在デフォルトで備わっている機能では十分な施策ができません。

柔軟なシナリオ配信やセグメント配信ができない

前項で述べたとおり、LINE公式アカウントのデフォルト機能では手動でタグをつけてユーザーのグループを作り、セグメント配信することはできます。

しかし、以下のような細かな設定をすることができないので注意しましょう。

  • アンケートでユーザーに答えてもらった内容によるメッセージの出し分け
  • 配信したメッセージへの反応によって、次の送信内容の出し分け

また、ステップ配信は順番にメッセージを配信できますが、セグメント配信同様、途中でシナリオを変える、シナリオ内のメッセージを出し分けるなどの細かな設定はできません。

例えば、ユーザーからイベントの申し込みがあった場合、イベント申込者専用のシナリオにすることができません。申し込みした人にとって必要のないメッセージまで届けてしまう可能性があるのです。

友だちがどこから登録したかわからない

どの媒体から友だち登録されたのか流入経路が細かく分からない、という課題もあります。

LINE公式アカウントに備わっている分析機能では下記の流入経路までしかわかりません。

  • LINEスタンプ
  • LINE公式アカウントリスト
  • 検索
  • LINEログイン
  • その他

QRコードからの流入は全てその他に含まれてしまうため「どの店舗から登録したのか」「どの広告(チラシ)から流入したのか」「どのLP(WEBサイト)から流入したのか」といったことまでは追うことができません。

流入経路がわからなければ予算をかけるべき媒体も明確にならない上、流入経路ごとに最適化したメッセージも出せないため、LINEを活用したマーケティング施策を本格的に展開しようとすると、痒いところに手が届かない状態だと言えます。

ユーザーのパーソナル情報を蓄積して活用できない

アンケートや診断などで答えたパーソナルな情報を集めた場合、LINE公式アカウントの機能では個人ごとに自動で記録することができません。

もし管理する場合、収集した情報をまとめ直してからエクセルやgoogleのツールなどで手作業で行なわなければならず、個人経営者や専属スタッフがいない場合は管理が煩雑になってきます。また、本格的にマーケティング施策を実行しようすればするほど、データ管理にコストと時間がかかります。

LINE公式アカウント運用の効率と成果を上げる『Lステップ』

前述で述べたような、LINE公式アカウント運用の課題を解決できるサービスが今回紹介する「Lステップ」です。

LINE公式アカウント運用ならLステップ

LINE公式アカウント運用ならLステップ

見込み客のナーチャリングからセールスまで自動化し売上アップへ。LINEで自動化するならLステップ。

LINE公式アカウントの機能を補う使いやすさ

LINE公式アカウントのデフォルト機能で不十分だった部分を『Lステップ』ならすべて補うことができます。

自動で簡単なセグメント配信

LINE公式アカウントでは、手動でタグ付けしなければできなかったセグメント配信がLステップなら自動でタグ付けを行ってくれます。

具体的には、友だち追加時にアンケートを取って属性の回答を取得、それがそのまま自動でタグ付けされ、後々の配信に活かすことができます。

同様に、「セミナーに興味のある人だけに配信したい」なら、アンケートで「興味あり!」を押してくれた人だけに自動でセグメント配信ができるようになります。

また、月の送信通数を抑えるために、登録者のスコアリング(興味が高い、熱いユーザーを数値で可視化)もでき、スコアが高い上位15%だけにメッセージを送信する、といった施策も可能になります。

ユーザーの状況に合わせたステップ配信が可能

image3.png

出典:https://linestep.jp/2020/12/12/lstep/

Lステップでは登録日に合わせて特定のメッセージを順番に送るステップ配信だけではなく、LINE公式アカウントではできなかったシナリオを途中で変えることが可能です。

ユーザーの状況に合わせて最も効果のあるメッセージ、シナリオを送ることで、最小限の配信数で成約まで誘導できます。そのため、アカウント運用費用(※送信通数による従量課金)のコスト削減にも繋がります。

 

登録者の把握・ユーザー管理を網羅

ユーザー一人ひとりに対して管理ページが作成され、関心度、流入経路、居住地など、ユーザーのアクションやアンケートで答えてもらった情報を個別に可視化できます。

友だち登録以後のアクションもすべて記録され、「この人はいつ、どこのボタンを押したか」「この人に対してどんなメッセージを送り、どんなリアクションがあったか」を後々追跡できるようになります。マーケティング施策の観点から、痒いところに手が届くようになる、というわけです。

細かな流入経路分析

広告A/Bのうち、どちらから流入が多いか?」「どこに設置したQRコードが成約に至りやすいか」といった細かな流入経路が分かるようになります。

予算をかけるべき媒体が明確になるだけでなく、流入経路ごとに違うメッセージを出し分けることも可能になります。

また、その分析は手動で行わなくても、自動で管理画面から確認できるので便利です。

自動化して運用効率を上げる

細かく分析や管理ができるようになればなるほど、LINEを使ったマーケティング施策も取り組むべきことが多くなってきます。

運用に慣れていない方は、全て自分でやってしまいがちですが『Lステップ』では、LINEによるマーケティング活動そのものをできるだけ自動化し、少ない人員、時間で対応できるようになります。

アクション設定や自動応答を使って、成約までを自動化

Lステップでは、URLクリックやアンケート回答のタイミングに合わせて、メッセージ送信やタグ付けなどができるアクション設定という機能があります。

また、特定のキーワードに合わせて、このアクション設定をすることも可能です。

これらを上手に使うと、ユーザーのアクションに合わせて、プロモーションを自動化していくことができます。

例えば、以下のようなセミナーの案内を想定したシナリオ配信をする場合、

友達登録→セミナー申し込み→サンキューメッセージ(申し込みのお礼)→リマインドメッセージ(開催前リマインド)→フォローメッセージ(参加のお礼、参加特典付与)

LINE公式アカウントでは一人ひとりの反応に対して個別で対応する必要があり、担当者はその対応に追われてしまいます。『Lステップ』では、ユーザーの返信に応じて自動メッセージを設定できるため、時間を割くことはありません。

ノーコードでアプリが作れる

反応率を上げる施策の一つとして、ゲーミフィケーションを展開していくことが重要だと述べました。

LINE公式アカウントでゲームを作る場合はエンジニアに作ってもらう必要がありましたが、『Lステップ』なら、エンジニアが居なくてもゲーム、クイズといったリッチコンテンツを簡単に作成することが可能になります。

一度作成したものは複製できるので、内容を少し変えるだけで継続的に利用することも可能です。

LINE公式アカウントのできないをできるにする『Lステップ』

LINE公式アカウントのできないをできるにする『Lステップ』

見込み客のナーチャリングからセールスまで自動化し売上アップへ。LINEで自動化するならLステップ。

LINE公式アカウントとLステップで売上アップを狙おう!

記事中でご紹介したサービス『Lステップ』は、LINE運用の中でできることが格段に増えます。そして、今なら30日間無料で利用できる上、その後も月々2,980円と費用を小さく抑えながら利用できるコストパフォーマンスの良さにも注目です。

image1.png

サービスに関してわからないことは、動画での解説やサポート体制が充実していることも魅力です。また、導入前の無料個別診断もあるので『Lステップ』の利用を検討してみてください。

LINE公式アカウント運用を自動化して集客アップを狙うなら『Lステップ』

LINE公式アカウント運用を自動化して集客アップを狙うなら『Lステップ』

見込み客のナーチャリングからセールスまで自動化し売上アップへ。LINEで自動化するならLステップ。