Web広告には、検索エンジンに配信されるリスティング広告やSNSの広告、YouTubeなどの動画広告など様々な種類があります。Web広告運用を成功させるためには、各広告の特徴やメリット・デメリットについて理解することが重要です。

この記事では、主要なWeb広告の特徴や、Web広告で成果を得やすいシチュエーションについて解説します。広告運用をこれから始めたいマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください。

今回解説する内容の一部は、PDF資料「Web広告媒体と配信すべきシチュエーション」から抜粋しています。

「Web広告媒体の選び方」を今すぐ確認する

「Web広告媒体の選び方」を今すぐ確認する

初心者必見!ターゲットや目的に合わせた広告媒体の選び方とは

目次

  1. Web広告に取り組むべきタイミングとは?
  2. Web広告のメリット・デメリット
  3. 主要なWeb広告媒体と配信すべきシチュエーション
  4. Web広告を活用してビジネスを拡大しよう!

Web広告に取り組むべきタイミングとは?

Web広告は、新たな集客経路から新規客を獲得したい場合や、商品・サービスの認知を拡大したいときに効果的です。また、新商品の開発にあたって市場の反応を確認したい場合にも、Web広告が活用できます。

Web広告に取り組むべき主なタイミングは次の通りです。

より多くの新規客を獲得したい場合

オフライン以外の集客経路を作りたい場合や、自社のWebサイトに自然検索以外からアクセスを集めたい場合には、Web広告が適しています。

Web広告からアクセスを集めると、購買意欲の高いユーザーにリーチすることが可能です。商品の購入や資料請求、問い合わせなどを促すことで、より多くの新規客を獲得できます。

市場の反応を確認したい場合

Web広告は、テストマーケティングを行いたい場合にも有用です。新たな商品やサービスを開発する際に、Web広告を使ってモニター募集やアンケートを取ることで、市場の反応が確認できます。

また、リスティング広告を出稿すると、特定のキーワードで検索しているユーザーの購買意欲をチェックすることが可能です。広告のクリック率やコンバージョン率が特に高いキーワードを見つけ、SEO戦略を立てる参考にすることもできます。

新商品やサービスの認知を拡大したい場合

新しい商品やサービスの認知度を高めたい場合にも、Web広告によるプロモーションが効果的です。

まだ世に出ていない商品やサービスは、ユーザーが知らないため検索されることがありません。しかし、動画広告バナー広告を出稿すれば、ターゲットユーザーに対して商品やサービスを知ってもらうことができます。

求人募集を行いたい場合

広告媒体によっては、求人募集を行うことも可能です。たとえば、求人情報に特化した検索エンジンである「Indeed」では、従来の求人媒体と比べて低コストで集客できる場合があります。

また、リスティング広告やSNS広告も、求人募集の際に活用できる媒体です。

Web広告のメリット・デメリット

Web広告にはメリットとデメリットがあり、運用を開始する前に特徴を把握しておく必要があります。主なメリット・デメリットは次の通りです。

メリット

Web広告のメリットとして、スピーディーに成果が出ることや、細かな効果計測が可能な点などが挙げられます。

集客や認知拡大をスピーディーに行える

一般的に、Web広告では集客や認知拡大を短期間で行うことが可能です。同じオンラインの集客手法であるSEOと比較して、Web広告はスピーディーに成果が得られます。

リスティング広告やSNS広告の場合、広告アカウントの開設から広告表示までの期間は最短で1日です。審査が必要な媒体であっても、3~4営業日程度で広告出稿をスタートできます。

効果が計測できる

Web広告は表示回数やクリック回数などを正確に計測できる点がメリットです。また、商品購入や問い合わせなどのコンバージョンに繋がった広告も特定できます。

効果が計測できると、費用対効果の高い広告に予算を集中させたり、より高い成果が得られるように改善施策を行ったりすることも可能です。

ターゲットを細かく絞り込める

Web広告は、広告を表示させるユーザーを細かく絞り込むことができます。自社がターゲットとするユーザーを狙って広告を表示できるため、費用対効果を高められる点がWeb広告のメリットです。

SNS広告では、ユーザーの興味・関心や年齢、居住地域などのデータをもとにして広告を表示できます。

デメリット

Web広告の主なデメリットは、広告出稿にかかるコストと、運用にノウハウが必要な点です。

広告コストがかかる

一般的に、Web広告は表示された回数またはクリックされた回数に応じて広告費がかかります。たとえば、1クリックあたり30円かかる広告の場合、1,000件のアクセスを集めるためにかかる広告費は30,000円です。

そのため、広告コストが回収できるようにビジネスモデルを設計したうえで、Web広告を運用する必要があります。

運用ノウハウが必要

Web広告を運用する際は、広告文やランディングページの作成、管理画面の使い方などに関する知識が必要です。自社のリソースのみでWeb広告を出稿する場合、運用ノウハウを学ぶ必要があります。

より早く確実に成果を出したい場合は、Web広告の運用に強いマーケティング会社や広告代理店に依頼することも選択肢の1つです。

主要なWeb広告媒体と配信すべきシチュエーション

主なWeb広告媒体として、次の8つが挙げられます。

  1. リスティング広告
  2. YouTube広告
  3. Facebook広告
  4. Instagram広告
  5. Twitter広告
  6. LINE広告
  7. SmartNews Ads
    8. Indeed広告

PDF資料「Web広告媒体と配信すべきシチュエーション」では、上記8つのWeb広告の特徴や運用のポイントをご覧いただくことが可能です。今回は、8つの中から3つをピックアップしてご紹介します。

8つのWeb広告媒体について今すぐ知りたい方は、以下のリンクからPDF資料をダウンロードしてご確認ください。

「Web広告媒体の選び方」を今すぐ確認する

「Web広告媒体の選び方」を今すぐ確認する

初心者必見!ターゲットや目的に合わせた広告媒体の選び方とは

リスティング広告

スクリーンショット 2021-10-07 15.16.16.jpg

リスティング広告とは、「Yahoo!広告」や「Google広告」などのクリック課金型広告サービスの総称です。リスティング広告には、検索連動型広告ディスプレイ広告の2種類が含まれます。

検索連動型広告は、検索エンジンの結果画面に表示されるタイプのリスティング広告です。一方、ディスプレイ広告Webサイトを閲覧しているユーザーを対象に広告が表示されます。

商品・サービスの購入や資料請求など、ダイレクトレスポンスを取りたい場合はリスティング広告が効果的です。ユーザーの検索キーワードや興味関心をもとに広告を表示できるため、高確率でコンバージョンを得ることができます。

YouTube広告

スクリーンショット 2021-10-07 15.17.14.jpg

YouTube広告は、動画共有サイトのYouTubeに表示できるWeb広告です。YouTubeはGoogleが運営しているため、YouTube広告Google広告アカウントで出稿できます。

YouTubeで動画を視聴している数多くのユーザーに対して広告を配信できることがYouTube広告の特徴です。広告が表示される位置や動画の形式によって、「インストリーム広告」や「バンパー広告」などの種類に分かれます。

動画を使って認知を拡大したい場合は、YouTube広告が効果的です。また、ニッチな業界で適切な広告が分からない場合も、興味関心でターゲット設定ができるYouTube広告が役立ちます。

Indeed広告

スクリーンショット 2021-10-07 15.18.41.jpg

Indeed広告とは、求人に特化した検索エンジン「Indeed」で掲載できるWeb広告です。職種や勤務地などを指定して求人情報を探しているユーザーに対して広告を配信できます。

求人票やエントリーフォームをIndeedのサービス上で作成でき、手軽に始められることがIndeed広告の特徴です。

初期費用をかけずに求人広告を始めたい場合、Indeed広告が適しています。Indeed広告は無料で始めることができ、広告がクリックされるまで広告費は発生しません。そのため、従来の求人媒体と比較して低コストで求人募集が可能です。

Web広告を活用してビジネスを拡大しよう!

Web広告を活用すると、新規集客や認知の拡大を短期間で行うことができます。ただし、媒体によって特徴が異なるため、自社の目的に合うWeb広告を選ぶことが重要です。

PDF資料「Web広告媒体と配信すべきシチュエーション」では、今回ご紹介した3つの媒体を含む全8種類のWeb広告が紹介されています。Web広告を効果的に運用したい方は、ぜひ以下のリンクからPDF資料をダウンロードし、ビジネスの拡大に役立ててください。

「Web広告媒体の選び方」を今すぐ確認する

「Web広告媒体の選び方」を今すぐ確認する

初心者必見!ターゲットや目的に合わせた広告媒体の選び方とは