近年、インターネットの普及やデジタル化に伴って、リスティング広告やYouTube広告、SNS広告などのWeb広告を活用する企業が増加しています。

Web広告はテレビや新聞などの従来のマス広告に比べると低コストであるだけでなく、ユーザーを絞った配信や閲覧数、クリック数などの分析が可能なことなど、あらゆるメリットがあります。

しかし、Web広告にはさまざまな種類があるため、それぞれの媒体の特徴を把握して、最適な方法で広告を配信しなければ、効果を得ることができません。

そこで、Web広告の主要媒体やその特徴、配信すべきシチュエーションなどを解説します。この記事を読むことで、自社が活用するべき媒体を判断できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

なお今回の内容の一部は、PDF資料「初心者必見!Web広告の主要媒体と配信すべきシチュエーション」から抜粋しています。

初心者必見!Web広告の主要媒体と配信すべきシチュエーション

初心者必見!Web広告の主要媒体と配信すべきシチュエーション

初心者必見!ターゲットや目的に合わせた広告媒体の選び方とは

目次

  1. Web広告の重要性が増している理由
  2. Web広告における主要媒体の特徴と配信すべきシチュエーションとは?
  3. 最適なWeb広告を目指そう

Web広告の重要性が増している理由

Web広告の市場規模が年々拡大している理由として、デジタル化が加速していることが挙げられるでしょう。経済産業省もデジタル化を推奨しており、早急に達成するべき課題として掲げています。

このようにデジタル化の必要性が叫ばれているのは、グローバル企業に対する競争力を保とうとしているためです。このままデジタル化に対応できないと、2025年までの経済的損失が多大なものになるとも言われています。多くの企業がデジタル化を強化する中で、Web広告は高い成果を出すために必要な取り組みとなっているのです。

また、Web広告には、テレビや新聞などの従来のマス広告にはないメリットがあります。例えば、Web広告はマス広告と比較すると、配信コストが低い傾向にあります。他にも、ターゲットに合わせて最適な広告を打ち出せたり、データをもとに効果測定を行えたりなどのメリットがあります。

このように、さまざまなメリットがあるWeb広告に多くの企業が注目し、インターネットを活用した施策を実施しているのです。

Web広告における主要媒体の特徴と配信すべきシチュエーションとは?

ここでは、Web広告における主要媒体の特徴と配信すべきシチュエーションを紹介します。

リスティング広告の特徴

image2.png

リスティング広告とは、ユーザーGoogleやYahooなどで検索したキーワードに対して表示される広告のことです。リスティング広告を大きく分けると、検索連動型広告ディスプレイ広告の2種類に分けられます。

​​検索連動型広告検索結果ページに表示されるのに対して、ディスプレイ広告検索結果ページ以外のコンテンツに表示される広告です。

キーワードに対してある程度関心の高いユーザー広告を見ることになるので、高いコンバージョン率を期待できる点がメリットです。

リスティング広告を配信すべきシチュエーション

image6.png

リスティング広告を配信すべきシチュエーションとして、ダイレクトレスポンスがほしいケースが挙げられるでしょう。ダイレクトレスポンスとは、お問い合わせや商品・サービスの購入などの直接的なアクションのことを指します。

リスティング広告は、キーワードを意図的に検索しているユーザーに対して表示されるため、コンバージョンにつなげやすいのです。

image12.png

リスティング広告は、少額しか予算を用意できない場合でも高い成果を見込める広告の一つです。ターゲットを絞って広告を表示できるので、費用対効果が高くなる傾向があります。

なお、コストをかけずにリスティング広告を配信する際は、興味・関心の高いユーザーに引っ掛かるようなキーワードを選ぶことが大切です。キーワードをしっかりと設定してリスティング広告を配信することで、低コストでも効率的に成果を上げられるようになります。

YouTube(ユーチューブ)広告の特徴

image4.png

YouTube広告とは、オンライン動画共有プラットフォームであるYouTubeに掲載できる広告のことです。YouTube広告には、インストリーム広告やバンパー広告、ディスカバリー広告などの種類があります。

テキストや画像では伝えづらい商品・サービス、ブランドの魅力などをアピールしやすい点が特徴です。

YouTube広告を配信すべきシチュエーション

YouTube広告を配信すべきシチュエーションとして、動画広告オンラインで配信したい場合が挙げられるでしょう。

世界中のユーザーが利用しているYouTubeは、動画を活用して商品やサービス、ブランド、企業について認知拡大を目指すのに最適なチャネルです。圧倒的な人気を誇るチャネルでターゲットを設定し動画広告を打ち出せるので、高い効果を期待できます。

image-8-min.png

ニッチな業界で、適切な広告がわからない場合、YouTube広告を活用するとよいでしょう。
YouTubeにアップロードされている動画のジャンルは幅広く、興味や関心をもつユーザーが限られている商品やサービスを訴求する際にも役立ちます。

Facebook(フェイスブック)広告の特徴

image9-min.png

Facebook広告とは、世界で16億人以上の幅広い年齢層のユーザーが利用しているSNSのFacebookで表示する広告のことです。

主に、デスクトップの右側広告枠やデスクトップニュースフィード、モバイルニュースフィード、Facebookの提携するデベロッパーアプリに表示されます。

ユーザーの属性に合わせた広告を配信できるので、精度の高いターゲティングが可能です。また、ユーザーシェアやいいねをすることで、広告が拡散される点も特徴に挙げられます。

Facebook広告を配信すべきシチュエーション

image1-min.png

狙いたいターゲットが明確に決まっている場合、Facebook広告を利用するとよいでしょう。Facebookは原則実名で登録しているユーザーが多いため、正確な情報に基づいて広告を出せます。そのため、ブランドのファンを増やしたい企業や、EC商品販売を強化したい企業などにおすすめです。

image3.png

また、Facebookはビジネスシーンでも利用される代表的なSNSであるため、BtoB領域でも強みをもっています。そのため、BtoB向けの商品・サービスを訴求するのにも最適です。

さらに、企業だけでなく、個人事業主にも利用されており、ビジネス目的の商品・サービスの認知拡大を目指すのに向いています。

Instagram広告の特徴

image10-min.png

Instagram広告とは、若者を中心に人気を集める画像・動画の共有サービスです。世界で7億人以上のユーザーがInstagramを利用しており、画像や動画などのコンテンツを活用したい企業に向いています。

Instagram広告は、デスクトップニュースフィードやモバイルニュースフィードに表示されます。さらに、Facebook広告とシステムを共有しているので、精度の高いターゲティングを実現できる点が特徴です。

Instagram広告を配信すべきシチュエーション

image7.png

Instagram広告を配信すべきシチュエーションとして、若者や女性に商品やサービスを訴求したいケースが考えられるでしょう。

Instagramはユーザーの60%以上が10代〜20代です。特に女性の利用者が多いので、若い女性に向けた広告を配信したい企業に向いています。

image5-min.png

美しいイメージ画像・動画を広告にする場合、Instagram広告を活用しましょう。Instagramはお洒落なイメージのコンテンツを投稿するユーザーが多く、ビジュアル性の高いコンンテンツはユーザーにも好まれ、広告の効果も出しやすい傾向があります。

本記事では、リスティング広告やYouTube広告、Facebook広告、Instagram広告について解説しましたが、他の媒体の広告についても以下の資料で確認することができます。

Twitter広告やLINE広告、SMARTNEWSADS、Indeed広告についても理解を深めたい方は、ぜひ以下の資料をダウンロードして確認してみてください。

Twitter広告やLINE広告、SMARTNEWSADS、Indeed広告についても確認する

Twitter広告やLINE広告、SMARTNEWSADS、Indeed広告についても確認する

最適なWeb広告を目指そう

Web広告の種類によって、最適なターゲットや広告の打ち出し方、期待できる効果は異なります。そのため、まずはそれぞれのWeb広告の種類の特徴を把握することが重要です。

以下の資料では、今回ご紹介した媒体以外についても特徴や配信すべきシチュエーションを確認できるほか、中小企業のWeb集客の専門家についても紹介されています。

Web集客について、疑問や悩みがある方に最適なサービスとなっていますので、気になる方は確認してみてはいかがでしょうか。

分からないことはWeb集客の専門家に相談しましょう

分からないことはWeb集客の専門家に相談しましょう