あらゆる企業にとって、マーケターは売り上げアップに欠かせない存在です。モノに溢れる昨今、商品やサービスが増えて競合が激増し、ただ良いモノを作れば売れる時代は終わりました。いかに生活者が求める価値や体験を届けられるかがマーケティングに欠かせない要素になり、今まで以上にマーケターの手腕が問われています。

こうした理由から、これからキャリアアップして優秀な人材になりたい方にとって、マーケターはとてもおすすめな職種です。この記事ではマーケターの役割を解説したうえで、マーケターの主な仕事内容や必要なスキルについて詳しく解説します。これからの時代に求められるマーケターを目指したい方におすすめのPDF資料も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

今回紹介する内容の一部は、PDF資料「マーケターが本来やるべき3つの業務とそんな時に役立つネットリサーチ活用法とは?」から抜粋しています。

マーケターが本来やるべき3つの業務とそんな時に役立つネットリサーチ活用法とは?

マーケターが本来やるべき3つの業務とそんな時に役立つネットリサーチ活用法とは?

マーケターが本来やるべき3つの業務とネットリサーチ活用法についてご説明いたします。

目次

  1. マーケターの役割とは
  2. マーケターに必要なスキル
  3. マーケターの仕事内容は大きく分けて3つ
  4. プロマーケターはネットリサーチ力とデータ分析力が高い

マーケターの役割とは

マーケティングを担当する「マーケター」とは、商品やサービスを売る仕組みを作る人を意味します。企業が扱う製品の価値やメリットを明確にして、生活者が「欲しい」と思えるような商品として届けるのが役割です。

具体的には、商品のコンセプトや内容、ターゲット、市場、宣伝・販促の方法などを分析して考案し、実行していきます。売り上げアップを担う重要な職種であり、ありとあらゆる業界で求められる人材だと言えます。

マーケターに必要なスキル

それでは、優秀なマーケターになるにはどんなスキルが求められるのでしょうか。必ず押さえておきたいスキルを4つ紹介します。

コミュニケーション力

マーケターにはコミュニケーション力が必要です。なぜなら、マーケターは多くの部署と関わるうえに、顧客や社外とのやり取りを行うことも珍しくないからです。

会社の戦略が顧客の要望とずれないように、実際に顧客からヒアリングしながらマーケティング戦略を練ることもあります。また、部分的にデータ分析などを外注している場合は、社外の取引先に要件をわかりやすく伝えなければなりません。

そして、こうしたさまざまな過程を経て練り上げた戦略や商品コンセプトの魅力を社内に伝えるのも、マーケターの重要な役割です。せっかくいいプランを立てても、魅力が伝わらなければ会議で通らないので、スムーズに意思疎通できるコミュニケーション力が必要でしょう。

情報感度の高さ

起業の戦略を立てていくマーケターは、世の中の流れやトレンドを敏感に察知する情報感度の高さが求められます。時代に合っていなければ、いい商品でも十分なニーズがなく、売れないまま埋もれてしまうことは多々あります。

「今はこうしたトレンドがあり、生活者にはこんなニーズがあるので、この商品が求められています」と説得力を持って伝えられるだけの情報感度を持ち、常に時代の変化に意識を向けながら過ごす意識が欠かせません。

課題解決力

優秀なマーケターは、ただ戦略を立てて企画を作るだけでなく、その後に課題点を把握して改善していく課題解決力があります。最初からうまくいくケースは稀で、少しずつブラッシュアップしながら成功に近づけていくほうが多いでしょう。

課題解決力があれば、スピーディーにPDCAサイクルを回して最小コストで最大の効果を発揮することができます。しっかりと現状を把握し、今よりいい状態にするにはどうしたらいいか考え続ける姿勢が問われます。

データ分析力

その現状把握と課題解決に欠かせないのがデータ分析力です。主観で物事を捉えると正しく現状を把握できず、見当違いな改善策を取ってしまうリスクがあります。数値で客観的に現状をとらえれば、マーケティング初心者でも的確に課題を把握できるものです。

ただ、データ分析力はマーケティング初心者がつまずきやすく、伸び悩むポイントでもあります。そのため近年のデータ分析ではスピーディーで手軽なネットリサーチが人気で、多くの企業がマーケティング活動の一環として取り入れています。ネットリサーチの方法を把握すれば、データ分析力を伸ばしやすくなるでしょう。

詳しくは以下のPDF資料に記載しています。

初心者マーケターが押さえておきたい分析方法とは?

初心者マーケターが押さえておきたい分析方法とは?

マーケターとしてのスキルを磨くネットリサーチ活用法を解説しています。

マーケターの仕事内容は大きく分けて3つ

マーケターの仕事は広く多岐にわたりますが、主に下記3つに分けられます。

  • 市場調査・ターゲット調査
  • 企画立案
  • データ分析

そして、これらを下支えするのがネットリサーチです。今回は市場調査、ターゲット調査と企画立案においてのネットリサーチの重要性について詳しく解説します。

市場調査・ターゲット調査

まずマーケターがやるべきは市場調査とターゲット調査です。市場調査では現在の市場を把握して、定量・定性の両面からデータ収集していき、どの市場で戦うべきかという戦略の土台を作っていきます。

どれだけ質の高い商品やサービスを作っても、市場に競合が多く飽和状態になっていれば、供給過多に陥っていて十分な需要が見込めません。ビジネスの勝率を上げるために非常に重要なステップです。

市場を決めたら、その市場にはどんな人がいるかを分析し、そのうえで自社の商品やサービスに合ったターゲットを見定めていきます。なるべく需要があり、母数が多いターゲットを選ぶに越したことはありませんが、その分競合が多い傾向があるので注意が必要です。

主な調査方法は、デスクリサーチとネットリサーチがあります。

デスクリサーチ

最初によく行う調査方法がデスクリサーチです。デスクリサーチとは文献や社内資料、官公庁などが出している調査データなどを収集して分析することで、二次データを集めながら「どの情報が足りないか」を把握します。

ネットリサーチ

image2.jpg

デスクリサーチが完了したら、足りない情報をネットリサーチで探して追加・補足していきます。インターネットのサイト上でデータ収集すると、データを一覧にしたり可視化したりできるので効率的にデータ収集ができます。ネットリサーチでは、サービス認知度、地域別の利用率、サービスのどこが気に入っているかなどの調査がよく行われます。

企画立案

企画立案もマーケターの重要な業務です。これから提供する新しい商品やサービスのコンセプト設計もあれば、既存商品の課題や顧客の不満を洗い出し、どうしたら改善できるかという解決策を考えるケースもありますが、いずれにせよ商品力を高めるために行います。

一般的には、現状の把握をしてから企画立案し、販促まで考えるケースが多いです。さまざまなデータから現状を数値的に把握し、そのうえでどうすれば売り上げを伸ばしていけるかを考えて販促手法も考案します。

現状を把握するためには、企画の対象となる市場規模やユーザーの利用実態、意識や利用以降などを調査したうえで、利用している競合サービスや期待する改善ポイントなども理解する必要があります。そうすれば、どういった企画を考えて販促するのが効果的か見えてくるでしょう。

image1 (4).jpg

大切なのはここからで、ネットリサーチなどでこうした入念な調査を行ってから、どれだけ的確なデータ分析ができるかでマーケティングの成否が分かれます。クロス集計、クラスター分析など、主なデータ分析方法については以下のPDF資料内で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

マーケターが備えておきたい「ネットリサーチ」活用法

マーケターが備えておきたい「ネットリサーチ」活用法

市場調査からデータ分析まで効率よく行う方法を詳しく解説しています。

プロマーケターはネットリサーチ力とデータ分析力が高い

マーケターは企業を引っぱっていくリーダー的職種なのでプレッシャーもありますが、それだけキャリアアップを目指せる花形の職種でもあります。マーケティングは、必要な情報や数値が取得できることから、経営判断に欠かせないものになっています。

今回解説したネットリサーチ力とデータ分析力のスキルが身につけば、今後、マーケターとして活躍できる人材になれるでしょう。まずは手軽なネットリサーチから勉強して、マーケティングの土台となるデータ分析力を養ってはいかがでしょうか。

ネットリサーチを効率よく行う方法やデータ分析については、PDF資料「マーケターが本来やるべき3つの業務とそんな時に役立つネットリサーチ活用法とは?」を以下のリンクよりダウンロードください。

マーケターが本来やるべき3つの業務とそんな時に役立つネットリサーチ活用法とは?

マーケターが本来やるべき3つの業務とそんな時に役立つネットリサーチ活用法とは?

マーケターが本来やるべき3つの業務とネットリサーチ活用法についてご説明いたします。