マーケティング施策に根拠のあるデータを活用したいと考えているものの、具体的な方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、データマーケティングの基本知識から主なツール、成功事例までが分かりやすく理解できる情報をまとめてお伝えします。データの活用に興味があるマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください

目次

  1. データマーケティングとは?目的や効果を知ろう
  2. 海外の有名企業でも活用されているデータマーケティング
  3. データマーケティングに役立つツール・手法
  4. データマーケティングの成功事例でコツを学ぼう
  5. データマーケティングを導入して成果を伸ばそう

データマーケティングとは?目的や効果を知ろう

データマーケティングとは、顧客の属性や購買履歴などのデータを基にマーケティング施策を行う手法です。

インターネットの普及により顧客のニーズが細分化した現在では、顧客ごとに最適化したアプローチが効果を発揮するようになりました。データマーケティングを導入すると、膨大なデータを分析しLTVやリピート率の向上、新規顧客の獲得などに活かすことができます。

海外の有名企業でも活用されているデータマーケティング

image2.png

マーケティング施策は、顧客獲得の前後に大きく分けられます。日本国内では新規顧客の獲得に向けたマーケティング施策が盛んです。一方、マーケティングが一歩進んでいるアメリカでは、顧客獲得後にロイヤリティやLTVを高めるための施策が重要視されています。

例えば、世界190ヵ国以上で1億2,500万人以上の有料会員を獲得したNetflixは、顧客獲得後のデータマーケティングに注力する企業の一つです。Netflixでは、データに基づくレコメンド機能を活用し、会員数と売上高を年々増やしています。

データマーケティングに役立つツール・手法

一口にデータマーケティングといっても、データの扱い方や活用法は様々です。また、データマーケティングを行うためのツールにも複数の種類があります。

ここでは、データマーケティングに取り組む際に知っておきたい手法やツールを確認しましょう。

DMPとは

マーケティングに関連するデータを収集し、分析や管理を行うためのツールを「DMP」と呼びます。DMPは「Data Management Platform」の頭文字をとった略語です。

国内で主に使用されているDMPには、Adobe Audience ManagerやセールスフォースDMPなどがあります。DMPに関する詳しい内容や、自社に合うDMPの選び方は、以下のPDF資料「プライベートDMP徹底解剖」でご確認ください。

プライベートDMP徹底解剖

プライベートDMP徹底解剖

KIRINや阪急百貨店などの大手企業も導入しているデータドリブンの必需品『プライベートDMP』 日本国内で利用可能なプライベートDMPの特徴と選定基準をまとめています。

BIとは

BIとは「Business Intelligence」の略語で、収集したデータの分析や可視化に特化したツールです。データマーケティングに活用されるツールという点ではDMPと似ているものの、BI自体にはデータを蓄積する機能が含まれないことが主な違いとして挙げられます。

データを収集する基幹システムとBIを連携させることで、データマーケティングに必要な様々な分析が可能です。BIツール選びのポイントや、おすすめのBIツールに関する情報は、以下のPDF資料「BIツール徹底解剖」でご確認ください。

BIツール徹底解剖

BIツール徹底解剖

データを操り、本質的な次の一手を導き出す

CDPとは

CDPは「Customer Data Platform」の略語で、顧客に関するデータを一元管理するためのシステムです。DMPと異なり、CDPでは個人情報や購買履歴など、マーケティングに関するデータが各顧客に紐づけられた形で管理されます。

以下のPDF資料「CDPの導入を検討している人がまず読む本」では、実際にデータを活用したシナリオや、バラバラだったデータを売上に変える方法などを確認することができます。ぜひ参考にしてみてください。

CDPの導入を検討している人がまず読む本

CDPの導入を検討している人がまず読む本

実際にデータ活用したシナリオや、バラバラだったデータを売上に変える方法などを中心にご紹介しています。

データマーケティングの成功事例でコツを学ぼう

データマーケティングを導入する際は、すでに結果を出している他社の成功事例が参考になります。ここからは、国内でデータマーケティングを行っている企業の事例を見ていきましょう。

売上向上135%を実現|キリン株式会社

image4.png
出典:DRINX

飲料業界の最大手であるキリン株式会社では、従来のマス広告によるマーケティングだけでなく、顧客ごとのニーズに応える施策にも取り組んでいます。

その取り組みの1つが、オンラインショップ「DRINX」の運営です。DRINXでは、単にお酒を販売するだけでなく、季節やシーンに合わせたお酒の楽しみ方などが提案されています。

DRINXのユーザーの購買行動を分析し、メール配信によるクロスセルなどの施策を行ったことで、計画比135%の売上を実現しました。

キリン株式会社が取り組んだ施策の詳細は、以下のPDF資料でご覧いただけます。

「キリン株式会社の成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

「キリン株式会社の成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

KIRIN、楽天球団、BIGLOBEといった業界大手の企業が売上向上135%を実現させた手法を紹介しています。

月間目標予約数175%を達成|株式会社Loco Partners

image1-min.png
出典:Relux

一流ホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux」を運営する株式会社Loco Partnersでは、データマーケティングツールの導入により月間目標予約数175%を達成しました。

収集したデータを基に顧客ごとにパーソナライズしたコンテンツを制作し、メール配信によるリマーケティングを行ったことが施策のポイントです。また、ツールの導入によりデータ分析の工数が大幅に削減されたことも成果に繋がっています。

株式会社Loco Partnersが取り組んだ施策の詳細は、以下のPDF資料でご覧ください。

「株式会社Loco Partnersの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

「株式会社Loco Partnersの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

KIRIN、楽天球団、BIGLOBEといった業界大手の企業が売上向上135%を実現させた手法を紹介しています。

CPAだけでなくLTVも管理|株式会社ビッグローブ

インターネットのプロバイダーサービス事業などを手掛ける株式会社ビッグローブでも、データマーケティングが行われています。アクセス解析やメール配信、広告の成果など複数のデータを一元管理し、CPAだけでなくLTVまで考慮して施策を最適化しました。

株式会社ビッグローブが取り組んだ施策の詳細は、以下のPDF資料でご覧ください。

「株式会社ビッグローブの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

「株式会社ビッグローブの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

KIRIN、楽天球団、BIGLOBEといった業界大手の企業が売上向上135%を実現させた手法を紹介しています。

メール開封率を向上|株式会社ネオキャリア

人材ビジネスを中心に、メディアやヘルスケア、海外ビジネスなど複数の事業に取り組む株式会社ネオキャリアでは、事業部ごとに管理されていたデータを1つのプラットフォームで管理し始めました。

事業部を横断し、過去の行動履歴やWebサイトの回遊データなどを統合してニーズを分析することで、メルマガ開封率が6%向上しています。

株式会社ネオキャリアが取り組んだ施策の詳細は、以下のPDF資料でご覧ください。

「株式会社ネオキャリアの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

「株式会社ネオキャリアの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全Vol1

KIRIN、楽天球団、BIGLOBEといった業界大手の企業が売上向上135%を実現させた手法を紹介しています。

PDCAの高速化を実現|株式会社クレディセゾン

クレジットカード事業を中心として様々な事業を展開する株式会社クレディセゾンでは、保有している大量のデータを有効活用するためにデータマーケティング向けツールを導入しました。

データの管理から分析まで一元管理できるツールによりPDCAが高速化し、1ヶ月前後かかっていたメール配信までの期間が最短2日に短縮しています。

株式会社クレディセゾンが取り組んだ施策の詳細は、以下のPDF資料でご覧ください。

「株式会社クレディセゾンの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全 vol.3

「株式会社クレディセゾンの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全 vol.3

【プロに聞く】顧客の心を動かす「データの力」

データ抽出の工数を大幅削減|株式会社セブンネットショッピング

image3.png

出典:セブンネットショッピング

セブン&アイグループで書籍やCD、ゲームに特化したECサイトを運営する株式会社セブンネットショッピングも、データマーケティングを導入しています。

ツールの導入でデータ抽出の工数を大幅に削減し、商品開発や販促でデータに基づく施策を実行できるようになりました。

株式会社セブンネットショッピングが取り組んだ施策の詳細は、以下のPDF資料でご覧ください。

「株式会社セブンネットショッピングの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全 vol.3

「株式会社セブンネットショッピングの成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全 vol.3

【プロに聞く】顧客の心を動かす「データの力」

CVR160%、EC売上130%を実現|株式会社阪急阪神百貨店

関西を中心に14店舗の百貨店を運営する株式会社阪急阪神百貨店では、年代別や購入ブランド別などの細かなセグメントで顧客ごとのニーズに合わせた販促に取り組んでいます。

Webサイトの閲覧データなどを加味してパーソナライズしたメールを配信しCVRが160%、EC売上も130%に向上しました。

株式会社阪急阪神百貨店が取り組んだ施策の詳細は、以下のPDF資料でご覧ください。

「株式会社阪急阪神百貨店の成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全 vol.3

「株式会社阪急阪神百貨店の成功事例」デジタルマーケティング成功事例大全 vol.3

【プロに聞く】顧客の心を動かす「データの力」

データマーケティングを導入して成果を伸ばそう

顧客の購買行動が変わり、ニーズがさらに細分化していく中では、データマーケティングによる施策の最適化が必須です。

データマーケティングの実行に必要な考え方やツールを知り、業績を伸ばしたい方は、ぜひ今回紹介したPDF資料を参考にしてください。