ユーザーやカスタマーとの直接アクセスが可能なSNSは、新たな広告手法として注目を集めています。特に対面での製品購入・サービス利用が難しいコロナ禍においては、SNSマーケティングの成長拡大は増加の一途を辿っており、中でも広告手段としてTwitterを利用した企業が成功を収める事例が増えています。

この記事では、Twitter広告のメリットや、成功にかかせないターゲティングの選び方など、Twitter広告のノウハウについて紹介します。

なお、今回紹介する内容の一部は、PDF資料「Twitter広告初めてガイド」から抜粋しています。

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。

目次

  1. マーケティングに欠かせないTwitter(ツイッター)広告
  2. Twitter(ツイッター)広告のメリット
  3. Twitter(ツイッター)広告の種類
  4. Twitter(ツイッター)広告で選べる8つのターゲティング
  5. Twitter(ツイッター)広告の運用
  6. Twitter(ツイッター)広告を正しく運用し、成功に導こう

マーケティングに欠かせないTwitter(ツイッター)広告

国内における月間アクティブユーザー数は4,500万人(2017年10月時点)と言われるTwitter。多くのユーザーを有するTwitterを利用した広告手法は、いまやマーケティングには欠かせないものとなっています。

Twitter広告とは

image5.png

Twitter広告とは、Twitterの特性のひとつであるフォロワー同士の横のつながりに着目した広告手法です。広告を閲覧・フォローした人だけでなく、フォロワー以外のユーザーにも広告を表示できるため、情報が拡散されやすいのが大きな特徴です。

なお、広告は、Twitterのタイムラインや検索結果ユーザー欄に掲載可能です。Twitterユーザーの目に留まりやすい位置に広告を掲載できるため、より多くのユーザーに見てもらうことができ、認知度拡大が期待できます。

また、製品やサービスの特性に応じて興味や関心を持ってもらいやすいターゲット層に配信するといったアプローチも可能です。

3つの手法から選ぼう

Twitter広告では、 「文字」「画像あるいは動画」「Twitterカード」 の3つのクリエイティブから広告を配信することができます。Twitterカードとは、画像や動画、アプリストアへのリンクなどがついたツイートを指します。

Twitter広告のメリットである情報拡散を狙う場合、「文字」「画像あるいは動画」「Twitterカード」の、どのクリエイティブがターゲット層に響くのか、ユーザーの行動心理を図り選ぶことが大切です。

Twitter(ツイッター)広告のメリット

image4.png

Twitter広告には主に3つのメリットがあります。

情報を拡散しやすい

Twitterが多くのユーザーから支持される理由として、共感性の得られやすさが挙げられます。リツイートや「いいね」は、ユーザー同士の輪を広げ、共感を高めるリアクションです。

Twitter広告では、こうしたリツイートや「いいね」も活用できるため、二次拡散が期待できます。また、これらのアクションは課金されない仕組みとなっているため、拡散されても広告としての経費がかからず、費用面でもメリットがあります。

ターゲットを絞った配信が可能

Twitter広告は、様々なターゲティングができることが大きな特徴です。キーワードや興味関心をはじめ、フォロワー、映画・テレビ番組など、Twitterの特徴を活かしたターゲティングで、自社の製品やサービスに興味関心を持ってくれそうなユーザーを狙い撃ちできます。

若年層へのアプローチに強い

幅広い年代のユーザーが利用しているTwitterですが、中でも10~20代の若年層が多く、10代は69%、20代は69.7% ものユーザーTwitterを利用しています。

そのため、若年層ユーザーをメインターゲットとした製品やサービスの認知拡大を目指す場合は、大きな効果が得られる可能性があるでしょう。

Twitter(ツイッター)広告の種類

001.png

Twitter広告は、次の3つの種類から選ぶことが可能です。目的によって、それぞれ使い分けるようにしましょう。

プロモツイート

最もスタンダードな配信手法で、多くの企業が利用しているのがプロモツイートです。主にタイムライン上に表示され、商品やサービスの認知拡大、サイト流入が見込めます

また、通常のツイートと同様、リツートや返信、「いいね」をつけることができ、クリエイティブは文字のみ、画像・動画など様々な形式に対応しているため、広告表現の使い分けも可能です。

ただし、ユーザーに表示されるプロモツイートは一日一回となっているため、効果的でキャッチーなクリエイティブが求められます。

プロモアカウント

現在フォローしていないTwitterアカウントの中で興味を持ちそうなアカウントをお知らせする広告です。

フォロワー数の獲得を目的とした場合に有効で、タイムラインのほか、おすすめユーザー検索結果画面にも広告が表示されます。フォローされない限りは課金されないため、経費を抑えて確実性を優先したい場合におすすめです。

もうひとつ、今現在起きていることをユーザーが視認しやすい場所に表示できる広告「プロモトレンド」があります。詳細は以下の資料で確認できるため、ぜひ参考にしてみてください。

マーケターなら押さえておきたい「プロモトレンド」の詳細はこちら

マーケターなら押さえておきたい「プロモトレンド」の詳細はこちら

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。

Twitter(ツイッター)広告で選べる8つのターゲティング

image1.png

広告は、届けたいクリエイティブを、誰にどのように届けるのかが重要です。中でもターゲットを絞り込む要素である「ターゲティング」の選択肢が多ければ、多様な組み合わせによって、より多くのターゲットに配信することができます。

Twitter広告では8つのターゲティングが用意されています。それぞれの特徴を見てみましょう。

キーワード

見込みユーザーが使うと思われるキーワードが絞り込める場合に使用するターゲティングです。商材やサービスに関連するキーワードに見当がつく場合に有効です。ツイートされたキーワードを元にターゲットを絞り込みます。

興味関心

あらかじめ用意されている興味関心を選択し、それに属するユーザーに配信されます。商品やサービスにマッチするカテゴリを選ぶと、見込みユーザーとも合致しやすいため、使いやすいターゲティングといえます。

フォロワー

特定のアカウントのフォロワーと興味関心が近いユーザーに配信することができます。見込みユーザー層がフォローしているアカウントが明確な場合、横のつながりを活かした絞り込みが可能です。

イベント、映画、TV番組

特定のイベントや映画、テレビ番組に反応したユーザーを絞り込みたい場合に使用するターゲティングです。こうしたプロモーションをターゲティングにすると、年代や性別などに関わりなく、広範囲のユーザーにアプローチでき、商材によっては大きな効果を得ることが可能です。

この他にも、設定した性別や年齢、場所、言語に合致するユーザーにリーチできるターゲティングや特定の会話トピックに反応したユーザーにリーチできるターゲティングなどがあります。すべてのターゲティングを確認したい方は、以下の資料をぜひダウンロードしてみてください。

【無料配布中】Twitter広告で可能なターゲティングを全て確認する

【無料配布中】Twitter広告で可能なターゲティングを全て確認する

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。

Twitter(ツイッター)広告の運用

ここでは、Twitter広告を導入し運用するにあたって、押さえておきたいポイントを紹介します。

費用は自由に決められる

Twitter広告の表示やリプライ、いいね、リツイートには費用がかかりません。Twitter広告で費用がかかるのは、以下のアクションです。

  • クリック数
  • 動画再生数
  • アプリインストール数
  • フォロワー獲得数

なお、広告配信数についても費用が発生しますが、1日いくら配信するかを入力する仕組みのため、かける費用は自由に決めることができます。また、最低出稿金額はなく、いつでも金額を変更することができ、少額から始めることも、最初から高額で始めることも可能です。

Twitter広告配信のタイミング

Twitter広告の特性は、情報の拡散が見込めることです。配信のタイミングは、広告の内容によっても変わりますが、例えば新商品やサービスをリリースしたときなどが効果的な配信タイミングといえるでしょう。

新しい情報や商品情報をいち早く受け取ったユーザーは、他の人にも教えたいと考えるものです。そこから新たなユーザーへの拡散が見込めます。

また、二次的拡散を狙う場合、フォロワーが広告を受け取る時間帯なども配信の際考慮したいものです。フレッシュな情報をフレッシュなまま拡散してもらうことは、拡散の後押しとなります。

配信における注意点

Twitter広告を導入する場合、前提として広告利用するTwitterアカウントがアクティブであることが必要です。アカウント作成直後やツイート履歴といったアクションがない場合は広告配信ができません。

また、広告内容が定まっていない状態でも配信されてしまうことがあります。配信前には広告内容のチェックをし、間違った内容がアップされないよう注意しましょう。

Twitter(ツイッター)広告を正しく運用し、成功に導こう

Twitter広告は、情報の拡散がしやすいというTwitterの特徴をフルに活かせる点が強みです。文字や画像、動画などの広告をタイムラインなどに表示し、多くのユーザーにリーチできます。

共感を得られるツールとして多くのユーザーが利用しているTwitterを武器に、自社の製品やサービスを拡散できるTwitter広告は、今後もますます需要が広がることでしょう。

ただし、Twitter広告で成果を出すためには知識とともに、正しく運用する必要があります。運用のサポートやターゲティングの選定など、重要な部分を運用のプロである代理店に依頼するのもひとつの方法です。

以下の資料では、Twitter広告に特化したサポートを推進する代理店について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

Twitter広告に特化したサポートを推進する代理店についてはこちら

Twitter広告に特化したサポートを推進する代理店についてはこちら

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。