GoogleやYahoo!などの検索結果上部に表示されるリスティング広告。アクセス数やコンバージョン数を増やすために活用しているマーケターの方々も多いと思いますが、なかなか結果が出ず費用だけかかっていませんか?
そこで本記事では、リスティング広告初心者のマーケティング担当者に向けてリスティング広告の運用方法や費用を抑えるコツを解説します。なお、今回紹介する内容の一部は、PDF資料「リスティング広告 成功事例9選」から抜粋しています。全てのデータが見たい方は、以下のリンクよりダウンロードをしてください。

リスティング広告の配信成功事例9選

リスティング広告の配信成功事例9選

月額予算10万~200万の成功事例とそのポイントをまとめました。

目次

  1. リスティング広告とは?
  2. リスティング広告のメリット
  3. リスティング広告のデメリット
  4. 成功事例から見る上手な運用方法
  5. 費用削減のコツ
  6. リスティング広告を活用してPV・CVアップへ導こう!

リスティング広告とは?

image3.jpg

リスティング広告とはWeb上に表示される広告を指します。検索窓にキーワードを入力した際、上位2~3サイトや検索下部に「広告」と書かれたサイトが表示されるはずです。それらがリスティング広告と呼ばれます。

リスティング広告には大きく分けてGoogle広告とYahoo!検索広告があり、それぞれのWebサイト上に表示される仕組みです。それぞれのユーザーが検索したキーワードにあわせ、関連性のあるサイトが広告として表示されます。リスティング広告を運用する際は、この*「キーワード」が非常に重要なポイント*です。ちなみに、GoogleやYahoo!の広告では以下のような提携している検索エンジンにも広告を表示させられます。

出稿先
Google @nifty・BIGLOBE・AU one・ライブドア・LUNASCAPEなど
Yahoo! Live Search・日経ネット・エキサイト・オールアバウトなど

どのキーワードで検索した際に広告が表示されるように設定するか、表示される時間帯や地域などによってかかる費用は異なります。GoogleとYahoo!を両方使用している方もいますが、日本ではGoogleシェア率が高いので最初はGoogle広告の利用がおすすめです。

PVとは

リスティング広告ではPVとCVと呼ばれるものをよく耳にします。PVとはPage View(ページビュー)の略で、サイトのアクセス数を意味する言葉です。リスティング広告においてはPVはそれほど重要な数字ではありませんが、1つの指標としてチェックしておきましょう。

CV数とは

CV数とはコンバージョン数、つまりサイトにアクセスをしてアクションを起こした人の数を示します。WebマーケティングにおいてはPVよりもCVの方が重要で、いくらアクセス数が増えてもアクションを起こす人がいなければ意味がありません。何かを販売する会社の場合には購入数、サービスを提供する会社なら問い合わせ数などがCV数として換算されます。

リスティング広告のメリット

リスティング広告はWebマーケティングにおいて非常に重要な役割を果たすものです。ここでは、リスティング広告利用で得られるメリットを詳しく紹介します。

即効性が期待でき低予算でも効果的

リスティングは紙のチラシなどとは異なり、即日で効果が得られるのが特徴です。配信設定をすれば即日で反映されるため、少ない日数の運用でも十分な効果が出る場合もあります。運用日数が少なければ費用もそれほどかからず、低予算でもしっかり宣伝が行えるのがメリットです。

分析がしやすい

リスティング広告を運用する際は管理画面を見ながら行います。管理画面にはリアルタイムの結果が表示されるため、アクセス数やクリック数などを分析しながら改善できるのもメリットです。

停止や配信を自由に管理できる

管理画面から簡単に停止や配信を切り替えられるのも、リスティング広告の大きなメリットです。上手く成果が出ないときは一度配信を停止し、キーワード選定などの見直しを行ってからすぐに再配信ができます。そのため、無駄に費用がかかってしまうトラブルが少なく、短期間で改善を繰り返しながらの運用が可能です。

強みを提示しやすい

リスティング広告では「どんなキーワードを検索したときに広告を表示させるか」を設定できるため、自社の商品への購買意欲がある顧客に対して強みを提示できます。例えば「リスティング広告」と検索した場合には、リスティング広告の代理店や運営代行会社の広告が表示されます。

自分の会社の商品を買ってくれそう、サービスを利用してくれそうなユーザーに絞って広告を表示させられるのが大きな魅力です。そのため自社の強みを提示しやすく、成果が出やすい広告の1つとされています。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告にはさまざまなメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。ここでは、デメリットとともに気を付けたいポイントを見ていきましょう。

管理・分析・改善が必要

リスティング広告を運用する際は管理・分析・改善を繰り返す必要があります。こまめに分析結果をチェックしながら、予算のかけ方や広告内容を見直していかなければ高い効果は望めません。管理や分析には時間や人件費もかかってしまうので、広告に使う費用とは別で予算を用意しておかなければならない可能性もあります。マメな方や分析が好きな方であれば問題ありませんが、数字に弱い方は管理代行を頼むのも1つの手段です。

キーワード選定が難しい

リスティング広告では広告選定が非常に重要なポイントとなりますが、効果的なキーワードを選びだすのはなかなか難しいものです。関連性のあるキーワードと思って設定しても、実は効果が全く出ない場合もあります。そのため、キーワード選定を間違えると予算ばかりかかって効果が出ません。

リスティング広告は基本的にテキストのみで構成されているので視覚的なアピールができないため、キーワード選定を間違えるとアクセスが見込めなくなります。また、広告慣れしているユーザーは「広告」の文字だけで避けてしまう方も多いので注意が必要です。

成功事例から見る上手な運用方法

リスティング広告の基本が分かったところで、次は実際の成功事例を紹介します。成功事例をもとにした上手な運用方法もまとめているので、ぜひチェックしてください。

クリニックの事例

image2.jpg

1つ目の事例はクリニックでの成功例です。こちらのクリニックでは予算10万円で70件の受診問い合わせを獲得しています。クリニックの場合は一度訪れて貰えば複数回通ってくれる可能性が高いため、単月成果で問い合わせ70件ならかなりの高い効果が出ていると言えるでしょう。

クリニックは会社近くの駅や自宅から近い場所などを選ぶ傾向にあるため、「クリニック×駅名」のキーワードを中心に運用。特にこちらのクリニックは駅から5分とアクセスの良い場所にあり、駅名を入れることでPVやCVがアップすると考えられます。広告文には提訴力の強い「土日も受診OK」などのアピールポイントを記載し、アクセスが増えるようにしました。顧客が「何を基準に」クリニックを選ぶのかを考えながら運用すると、キーワード選定広告文の作成がしやすくなります。

食品通販の事例

image1.jpg

2つ目に紹介する成功事例は食品通販会社です。こちらの会社では月額の予算を14万円で設定し、単月成果では商品購入252件を達成しています。祝い事に最適な商品だったため、*「父の日」のイベントに合わせた内容でLP(ランディングページ)*を作成。過去データをもとにコンバージョンの最大化を行い、企画前月の2倍の売上を達成しました。コンバージョンの最大化とはGoogleの自動入札機能の1つで、Googleの学習機能によって自動で入札が行われる機能です。

イベントごとに合わせて販売数が伸びる商品に関しては、1年を通して同じ広告文を出すよりも変化を付けながら運用する方が効果的となります。今回のようにイベントに合わせたLPを作成すればPVもCVも増加しやすくなり、結果として売上がアップするでしょう。特に繁忙期の期間には力を入れ、より提訴力の強いキーワードを盛り込んだページを作る必要があります。

また、以下のPDFでは転職エージェント・注文住宅会社・Webサービス・飲料通販など、さまざまなジャンルの会社の成功事例を記載しています。各会社が成功したポイント、予算や実際の成果なども詳しくまとめました。もっと詳しく見たい方は、以下のリンクよりダウンロードしてください。

リスティング広告で成功したポイントを大公開!

リスティング広告で成功したポイントを大公開!

月額予算10万~200万の成功事例とそのポイントをまとめました。

費用削減のコツ

リスティング広告は比較的低予算から運用できるのが魅力ですが、適当に行うと予算ばかりかかって効果が出ません。ここでは効果的な運用方法とともに、費用削減のコツなどを詳しく紹介します。

キーワードを絞ってみる

リスティング広告ではCPC(クリック課金)が基本です。クリック課金とは広告がクリックされるたびにお金がかかるシステムで、1クリックあたりの単価は50円~1,000円程度とかなりの幅があります。クリック単価はオークションなどで決定され、高い金額で入札している会社の広告が優先して掲載される仕組みです。

クリック課金の場合、アクションを起こさなくてもクリックされただけで費用が発生してしまいます。そのため、慎重にキーワードを選定しなければ余計な費用がかかります。*そんなときに便利なのが「除外キーワード」*と呼ばれるものです。除外キーワードを設定すると、そのキーワードで検索をしたときには広告が表示されなくなります。上手く活用できれば余計なクリックを防ぎ、予算を削減できるでしょう。

例えば美容整形クリニックのリスティング広告を作る場合、脱毛の施術を行っていないなら除外キーワードとして「脱毛」を設定します。そうすると、「脱毛目的で広告をクリックしたのに該当の施術がないから問い合わせはしなかった」などの余計なクリック数を減らせるはずです。

表示の時間帯や地域を限定する

リスティング広告曜日・時間帯・地域などを絞って運用できます。例えば子供服など主婦向けのサイト広告なら、家事が落ち着く午前10時前後や寝かしつけの終わる夜21時頃を中心に運用すると成果が出やすいです。時間帯や曜日を絞れば余計なクリック数も減り、結果として予算を削減できます。

また、この方法はクリニックや飲食店など地域を絞って宣伝したいときにも効果的です。お店のある場所付近のみの地域に限定して配信すればCV数がアップしやすくなり、低予算でも高い効果が見込めるでしょう。以下の資料では業種や予算に合わせて成功事例をチェックできます。ぜひダウンロードして参考にしてみてください。

リスティング広告配信で成功させたい企業は必見

リスティング広告配信で成功させたい企業は必見

月額予算10万~200万の成功事例とそのポイントをまとめました。

リスティング広告を活用してPV・CVアップへ導こう!

リスティング広告は手軽に取り入れられる一方で、運用方法が難しい傾向にあります。コツやポイントさえ掴めれば低予算でも十分に効果が得られるので、じっくりと考えて分析をしながら運用をしてみましょう。実際の成功事例を見ると、運用のイメージがわきやすくなります。上手くイメージが掴めない方や結果が出ないと感じている方は、以下のリンクより成功事例がチェックできるので、ぜひダウンロードして参考にしてください。

リスティング広告の配信成功事例9選

リスティング広告の配信成功事例9選

月額予算10万~200万の成功事例とそのポイントをまとめました。