米国株式公開企業のWhite Fox ベンチャーズ株式会社(White Fox Ventures, Inc.以下、WFV)証券コードは(OTCQB: AWAW)は、2017年1月12日付けで、仮想通貨・暗号通貨の開発及び、世界の投資銀行等の金融機関・事業会社等に対するブロックチェーン開発等のアドバイザリー業務を開始することを発表しました。

WFVが開発を実施したイーサリアム実装型暗号通貨は、「Key’」(以下本暗号通貨)と名称され、オフショアに設立された特定信託会社により、主にビットコイン、イーサリアム、金の3つの資産が信託され、その信託財産を基準として、イーサリアムブロックチェーンにより発行される暗号通貨です。

中野慎介CEO最高経営責任者は、「本暗号通貨は、直近1月10日から発生したビットコインの暴落にも対抗できる通貨だ。3つに分散された資産が、相互に弱点を補完している。今回のビットコイン暴落時においても、イーサリアムは反発。金も1月初旬から上昇し、底堅い。仮想通貨は、資産クラスとしてはまだまだ脆弱だが、今後、別のアセットクラスとの融合により、社会での信用度は確固たるものになるだろう。」と「Key’」開発においてコメントいたしました。

また、本暗号通貨は、様々のハッキングに対抗するシステムを構築する一環として、イーサリアムブロックチェーン上で発行されるKey’トークンが万が一不正に発行された場合でも、独自のトラスト証明の確認により、トラストのないトークンを無価値にすることを可能する開発が進められています。

WFV経営陣は、本暗号通貨開発を進めるのと同時に、世界の投資銀行等の金融機関・事業会社等に、スマートコントラクトの推進や、独自通貨の開発等のソリューションを強力に推進してゆく予定です。また、本業務開始を皮切りに世界のフィンテック産業の推進に寄与してゆきます。

以上

免責事項 - 将来見通しに関する注意

このプレスリリースは、(1995年民間有価証券訴訟改革法、改正1933年証券取引所法第27A条、改正1934年証券取引所法(「取引所法」)第21E条の定義による)「将来の見通し」とされる記述を含む。当社の財務状況、可能性、ビジネス戦略、計画や将来の事業のための目的などに関する記述は全て、将来の見通しである。これらの文章の多くは、「うまくいけば」、「「試み」、「目標」、「目的」、「だろう」「期待する」、「信じる」、「意図する」、「予想する」、「推定する」「継続する」、「だろう」、「超える」、「べき」、「安定した」、「計画」、「潜在的な」、「劇的な」等を含み、そしてこのような言葉の変化したものや類似の表現が将来の見通しに関する記述を特定するが、逆にそれらの不在がその文章が将来の見通しに関する記述でないことを意味しない。将来の見通しの記述は、将来のリスクや不確実性を含んでいるため、実際の結果が明示または暗示のものと異なる原因となり得る要因が多数ある。当社は、これらの要因による当社への実際の影響を予測することはできず、そういった要因やその効果の多くは当社のコントロールできるものではない。当社による将来予測に関する記述は、その発言や記述が行われた時点の状況においてのものである。当社は、新しい情報、後発事象またはその他の結果として、その将来の見通しに関する記述を更新または変更する義務は無く、明示的に一切の責任を負わない。これらの不確実性を考慮すると、これらの将来の見通しに関する記述に頼るべきではない。
投資家のための情報

White Fox Ventures, Inc.の事業に関連するリスクについてのさらなる情報は、次のサイトで証券取引委員会への提出書類をご参照のこと。 http://www.sec.gov
お問い合わせ先
阿部 剛大
最高執行責任者
携帯番号: 080-4636-3573
メール: tabe@whitefoxventures.com