現在は多くの企業が、PRや商品・サービスなどの情報拡散にSNSを活用しています。中でもTwitterは国内でも5300万人以上の利用者がいると言われており、広告戦略には欠かせないツールです。

SNSの動画視聴率が増加する中、特に注目を集めているのがTwitter動画です。Twitter動画には、ファンを拡大しやすいなど、さまざまなメリットがあります。この記事では、Twitter動画のメリットや企業が動画投稿で成果を出す方法などについて解説します。

目次

  1. 企業がTwitter(ツイッター)を使う4つのメリット
  2. 企業がTwitter(ツイッター)動画を活用すべき理由
  3. Twitter(ツイッター)動画を活用して成功した事例
  4. Twitter(ツイッター)動画投稿で効果を発揮する運用方法
  5. 企業が抱えるTwitter(ツイッター)での動画活用の課題
  6. 動画作成ツールを利用して課題を解決
  7. Twitter(ツイッター)動画で企業の認知とコアファンを拡大しよう

Twitter動画の活用方法について詳しく知りたい方はこちら

フォロワー数が2か月で25倍!今始めるべきTwitter活用術

フォロワー数が2か月で25倍!今始めるべきTwitter活用術

SNSでファンを獲得!今始めるべきTwitterでの動画活用術について解説いたします。

企業がTwitter(ツイッター)を使う4つのメリット

001.png

企業がTwitterマーケティングに利用する場合、大きく4つのメリットがあります。

認知拡大

オープンで多くのユーザーの目に触れやすいのがSNSの特徴です。特にTwitterユーザー数も非常に多く、フォロワー全員と素早く情報を共有できるリツイート機能もあるため、拡散性が圧倒的に高いメディアといえます。Twitterの持つ拡散性の高さが、認知拡大に非常に有効となります。

UGCが生まれやすい

Twitterの特徴のひとつが、リアルな声を気軽に投稿できることです。ユーザー自らがコンテンツを生成することを、 UGC(User Generated Contents)といいます。いま感じた思いや感想などを瞬時に投稿(UGC)することで、拡散と共感が生まれやすいのがメリットです。

新規ファンの獲得・育成

Twitterでは、UGC が生まれた後に企業とユーザーがコメントやダイレクトメールなどで、直接やり取りすることが可能です。ユーザーとコミュニケーションを図ることで距離感が近くなり、よりコアなファンを獲得することができます。

ブランディング

コンセプトを統一させた投稿を行うことにより、ユーザーに企業や商品・サービスについて特定のイメージを持ってもらうことが可能です。

これら4つのメリットを生かした配信によって、Twitterを利用したマーケティングの成果が期待できます。そのほか、直近で最もツイートされているワードのランキングが分かるトレンド機能など、Twitterにはマーケティングにおいて強い特徴が備わっています。

企業がTwitter(ツイッター)動画を活用すべき理由

直接ユーザーとのコミュニケーションが可能なTwitterは、ビジネスの足がかりともなる重要なツールといえます。その上で、さらに一歩踏み込んで動画を活用した手法を用いる企業が増えています。このように企業がTwitter動画を活用する理由は、主に以下の通りです。

理由1. 5G時代の到来

5Gの普及によって、これまでの4Gよりさらに高速大容量通信、多数同時接続が強化されます。これにより、動画でのコミュニケーションが加速化するでしょう。

各SNSでも動画の利用が一般的になり、動画投稿が当たり前になることが予想されます。いまから動画配信を準備しておくことは、決して早いことではありません。

理由2. 静止画に比べて優位性が高い

動画と静止画を比較したとき、伝達力が大きく違います。1分間の動画配信では、およそ180万語の情報伝達力があるといわれているほどです。

この情報量は3,600 ものWeb ページに匹敵します。動画は静止画よりも、企業の魅力や商品・サービスに関する情報を短時間で伝えることができます。

理由3. SNSでは若者の動画視聴が主流

マーケティングに重要なのがターゲットの絞り込みです。SNSは幅広い世代で利用されていますが、スマートフォンで動画を視聴している割合が最も高いのは10代(90.6%)や20代(79.5%)の若年層です。

ターゲティングをスマートフォンを利用している若い世代に置いている場合、動画配信はなくてはならない手法となります。

Twitter(ツイッター)動画を活用して成功した事例

002.png

実際にTwitter動画を活用し、フォロワーを25倍に拡大できた事例を紹介します。拡大するために行ったポイントは、主に以下の2点です。

  • 動画投稿+トレンドキーワードで差別化を行い、インプレッションを高める
  • 固定ツイートの動画活用。言葉+動画で、惹きつける

動画投稿+トレンドキーワードで差別化を行い、インプレッションを高める

003.png
Twitterには、各地域で話題になっている最新の単語「トレンドワード」があり、ランクインしているトレンドワードを用いて投稿すると、ユーザーの関心を集めインプレッションが増える傾向があります。

例として、A企業の公式アカウントで「#企業公式が毎朝地元の天気を言い合う」のハッシュタグを用いて、それぞれ「静止画」「静止画2枚」「動画」の3つを投稿した際、インプレッション・エンゲージメントの変化は以下のようになりました。

まず1回目に静止画1枚を投稿し、次に同様に静止画2枚を投稿したところ、インプレッションが120%アップしました。2回目の投稿では、「ハッシュタグに即した天気の画像」を載せること、「オリジナリティを感じられる言葉」を投稿することを意識し、1回目との差別化を図りました。

さらに3回目に「動画」で、具体的にいま現在の天気を投稿し、動画冒頭に「企業公式のみなさま〜」と入れるなど、宛先を明確にする工夫も行っています。その結果、インプレッション・エンゲージメント共に、240%アップという成果を得ることができ、いいねの総数は 104個になりました。

もうひとつの成功事例「固定ツイートの動画活用。言葉+動画で、惹きつける」の詳細については、以下の資料で確認することができます。

Twitter動画の成功事例について詳しく知りたい方はこちら

フォロワー数が2か月で25倍!今始めるべきTwitter活用術

フォロワー数が2か月で25倍!今始めるべきTwitter活用術

SNSでファンを獲得!今始めるべきTwitterでの動画活用術について解説いたします。

Twitter(ツイッター)動画投稿で効果を発揮する運用方法

動画+トレンドワードの組み合わせ投稿で、多くのユーザーの関心を惹きつけることが可能となりますが、効果を最大限に発揮するためには、以下のような工夫が必要です。

1. 企画・イベントの告知、報告をこまめに

企業のプレスリリースやセミナーの告知がある場合は、こまめに報告します。特別報告することがない時は、季節や時事、現在話題になっているハッシュタグなどを絡めるなど投稿内容を工夫しましょう。

どういうワードがトレンドなのかをチェックすることも大切です。こうした投稿をすることで、フォロワーに見つけてもらいやすくなります。

2. 1日2回以上の定期的な投稿を

Twitterはリアルタイムな話題が拡散されやすい反面、投稿が流れてしまうという性質があります。発信した情報が流れないように、投稿はこまめに行いましょう。1日2回以上投稿を行うことで、効果が現れることがあります。予約機能を利用し、定期的な投稿を心掛けることが大切です。

3. 週3回以上の動画配信で効果が

週に3回以上動画を投稿すると、効果が見えやすくなります。動画は短尺で、タイムラインで埋もれないよう動きのある動画を制作することがコツです。こうした動画をこまめに配信することで、他社との差別化も図れ、ファン数の拡大にも繋がります。

4. ひとりで運用しよう

最大限に効果を発揮する運用ポイントは、「ひとりで運用する」ことです。話題が次々に変化するTwitter の中では、トレンド入りしているキーワードに沿った動画を短時間で制作し、すぐにアップする小回りさが重要になります。グループで行うより、1人で対応する体制にすることが、成功のカギとなります。

企業が抱えるTwitter(ツイッター)での動画活用の課題

Twitter動画の重要性は理解できても、以下のような課題が存在するため、なかなか社内で実現できない場合があります。

動画制作の人材確保

動画制作にはTwitterの特徴を理解し、制作のスキルなどを持つ人材が必要です。社内にそうした人材がいない場合は、専門知識を持つ人材の採用や専門的な編集ソフトを使うことが想定されます。

しかし、編集ソフトを使用する場合でも、Twitterの知識は必要なため、未経験の社員にゼロから習得して作成してもらうのは難しい場合があります。

時間がかかる

タイムリーな動画を制作するためには、編集作業などあらゆる工程を素早くこなしていく必要があります。しかし、1つの動画制作に多くの時間をかけることが困難なケースも多くあります。

たとえ動画制作を外注したとしても、動画が納品されるまでに数週間〜数か月かかってしまうこともあるため、タイムリーな動画発信が困難になってしまいます。

外注にはコストがかかる

社内で動画制作ができない場合は外注することになりますが、外注すると制作費などのコストがかかってしまいます。追加で修正を依頼した場合は、想定外の修正費がかかることもあるでしょう。

また、内容のすり合わせや修正のやりとりに、思った以上に時間が取られる可能性もあり、人的コストも発生してしまいがちです。

動画作成ツールを利用して課題を解決

社内に動画制作ができる人材がいない場合、様々な課題が発生します。しかし、動画作成ツールを導入することによって、こうした課題を解決することが可能です。

AI動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」は、動画作成の経験がなくても簡単に編集ができ、クラウドへのアクセスで直接動画編集ができるので、時間のかかるソフトのダウンロードも必要ありません。さらに、定額制なので動画編集にかかるコストや本数を気にせず作業が行えます。

VIDEO BRAINの機能やサービスについては、以下の資料を詳しく確認することができます。

▼動画作成ツールについて詳しく知りたい方はこちら

フォロワー数が2か月で25倍!今始めるべきTwitter活用術

フォロワー数が2か月で25倍!今始めるべきTwitter活用術

SNSでファンを獲得!今始めるべきTwitterでの動画活用術について解説いたします。

Twitter(ツイッター)動画で企業の認知とコアファンを拡大しよう

若者のSNS利用では、動画視聴が主流となっています。また、4大SNSのひとつTwitterは、若者を中心に利用者が大変多いのが特徴です。企業がTwitterで動画配信することは、若者を中心とした企業認知の向上やコアなファンの拡大において多くのメリットがあります。

コストの問題や社内での人材配置が難しい場合、動画制作ツールを使用するのも一手となります。定期的な動画作成・配信を行い、フォロワー数を拡大して成果に繋げましょう。

Twitter動画の活用方法について詳しく知りたい方はこちら

フォロワー数が2か月で25倍!今始めるべきTwitter活用術

フォロワー数が2か月で25倍!今始めるべきTwitter活用術

SNSでファンを獲得!今始めるべきTwitterでの動画活用術について解説いたします。