集客はほとんど変わらず売上1.3倍

このようなブランド展開や魅力的なデザインを増やすという地道な活動を、続けました。そして、次第にブランド名でのアクセスも増えてきました。

alt

年末年始はどのショップも売上が増えるところですが、phocaseでは売上1.3倍を達成しました(2013年12月3~4週と2014年1月1~2週)。

・訪問数 +9.0%
・売上件数 +50.5%
・売上 +35.7%
・CVR +38.0%

コンバージョン率については、1.07%だったものが1.47%と上がり、初年度からしっかりと年始商戦に乗ることができたと思います。実際、「phocase」ブランド名を含むキーワードでの流入も年末と年始とでは、プラス10%と増えていました。

おかげさまで、私たちのサービスも年々売上を増やしています。月間のアクセス数は、ついに100万PVをこえるほどに成長しました。

つねにお客様のもとめるデザインを開発し、サービスの品質向上を努める。そのうえで、お客様との関係づくりの基本であるホームページの日々の調整を、Googleアナリティクスや売上管理システム、メルマガ配信システムなどの数字を見て、手探りながら丁寧におこなってきた結果だと思います。

これからも、オシャレでファッション性の高いデザインスマホケースを販売できるよう、努力します。

事例ショップ:phocase|デザインケースストア

まとめ

本事例では、ホームページを立ち上げた後にこそ、品質向上をつづける大切さが問われると教えられます。つまり、商品やサービスはそれ単体で成り立つのではなく、継続的に品質向上させ、それをしっかりと顧客に伝え、関係づくりをすることが重要といえます。

ホームページの更新、メルマガ配信、リスティング広告、アクセス解析など、さまざまなツールがありますが、それらはすべて顧客との関係づくりの道具であり、その向こうにつねに顧客がいることを忘れないようにしたいものです。