株式会社 bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納裕三、以下「当社」)は、市場 調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニングが発表した仮想通貨取引所の ビットコイン取引量シェア調査において、2016 年下半期のビットコイン取引量(売買代金)が国内第 1 位となりました。また、これを記念して「ビットコイン取引量国内No.1キャンペーン」を開催致しますことをお知らせします。
 本調査は、株式会社シード・プランニングが仮想通貨の中で最も取引量の多いビットコインについて日本円で取引できる取引所を対象に実施したものです。その結果、2016 年下半期のビットコインの市場規模は約 1,830 万ビットコイン(約 1.3 兆円)となり、bitFlyerが取引量の 61%を占め第 1 位となりました。

※上図はシード・プランニングの発表資料に基づき当社が作成したものです。
2016 年下半期のビットコイン取引量国内第 1 位の達成を記念して「ビットコイン取引量国内 No.1 キャンペーン」を開催致します。
キャンペーン概要】
キャンペーン
ビットコイン取引量国内No.1キャンペーン
キャンペーン内容
キャンペーン期間中に初めてアカウント開設とビットコイン現物のお取引をした方の中から、抽選で 100 名様に 1,000 円相当のビットコインをプレゼント致します。 また、キャンペーン期間中のビットコイン現物のお取引量が上位のお客様に順位に応じて総額 20 万円相当のビットコインをプレゼント致します。
キャンペーン期間: 2017 年 3 月 31 日(金)12:00(正午) ~ 2017 年 4 月 13 日(木)23:59(日本時間) 詳細は下記のリンクよりご覧ください。
https://bitflyer.jp/cam/numberone-201703/ja/
【株式会社シード・プランニングについて】
 株式会社シード・プランニングとは 1983 年に設立された調査会社で、医療、エレクトロ ニクス・IT、メディカル・バイオ、ヘルスケア等様々な市場分野について市場調査・コン サルティング、独自調査による市場調査レポートの発行などを行っています。今回の発表資料では、今後のビットコイン取引高の急速な拡大に関する予測も示しています。今回の発表資料はシード・プランニングの下記ウェブサイトにて掲載されております。 2017 年 2 月 28 日発表 「仮想通貨法施行を前に、ビットコインのニーズと仮想通貨取引 所のビットコイン取引量・シェアを調査」
http://www.seedplanning.co.jp/press/2017/2017022801.html
【当社について】
 当社は、SMBC ベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱 UFJ キ ャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルート、電通デジタルホールディングス、SBI インベストメント、GMO VenturePartners、QUICK、ベンチャーラボインベストメントなどから出資を受けている国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業です。FinTech の領域において仮想通貨・ブロックチェーンの技術開発を通じたイノベーションを目指し、ビ ットコイン販売所・取引所、ビットコイン決済サービス、ビットコイン広告サービスなどを提供するビットコイン総合プラットフォーム bitFlyerの運営、およびブロックチェーンの調査・分析、ブロックチェーンを活用した新サービスの研究開発を行っています。
当社紹介動画:https://youtu.be/9FZn5XwQKLY
当社オリジナルブロックチェーンmiyabi紹介動画:https://youtu.be/SxHZI08yhZ0
当社コーポレートサイト:https://bitflyer.jp