ヒートマップツールは、ホームページの改善で大切な「ユーザー行動を見える化」をしてくれるツールです。実際に訪問したユーザーがどのような動きをしているかを知ることで、ユーザー目線に立ったホームページ運営・改善が可能となります。

ホームページランディングページ(LP)を運営するなら活用したいヒートマップツールですが、無料・有料ともに数多くのツールが存在しますので、なかなか比較が難しいものです。

そこで今回は、ユーザー行動を可視化するヒートマップツールを無料・有料含めてご紹介します。

この記事を参考に導入を検討し、ホームページ運営にぜひ役立ててみてはいかがでしょうか。

(※料金などの情報は2017年4月24日時点でのものです。今後変更となる可能性がありますのでご了承ください。)
  

ユーザー行動を可視化する無料・有料ヒートマップツールまとめ

1. User Heat

User Heat
http://userheat.com/

スマートフォンサイトも、PCサイトも、ヒートマップ解析が月間30万PVまで無料で使用できるツールです。

ユーザー登録後、計測タグを埋め込んで分析したいページを選択すると、ヒートマップデータを見ることができます。

熟読エリア分析・クリックエリア分析・終了エリア分析・マウスムーブ・離脱エリアの5つの分析を行うことができ、ユーザーがどこをよく読んでいるか、どこをクリックしたかといったことがわかります。

無料で使用することができますので、初めてヒートマップツールを導入するのなら一度試してみたいツールです。

利用料金:無料

  

2. SiTest

SiTest
https://sitest.jp/

人工知能(AI)を搭載し、ヒートマップ解析、A/Bテスト、エントリーフォーム最適化(EFO)などがまとめて使えるツールです。

ヒートマップ解析にはスクロール解析・マウスグラフィ・マウスムーブを含む8つの機能が備わっています。特徴的な機能としては、マウスを動かした順序と滞在時間を視覚的に表示してくれるゲイズプロットがあります。

様々な機能を使ってホームページの問題点を改善したい、という悩みを持つ方にオススメです。

利用料金:50,000円〜 要問い合わせ(無料トライアルあり)

  

3. Ptengine

Ptengin
https://www.ptengine.jp/

マルチデバイス対応ヒートマップ解析を備えた、アクセス解析ツールです。PC、スマートフォン、タブレットユーザーの動きを見える化し、視線の集中度、スクロール到達率といった情報を確認できます。広告毎のヒートマップ表示も可能です。

ヒートマップ解析以外の機能としては、ユーザーの行動を知ることができるリアルタイム・WebページHTMLを編集せずに自動的に計測ができるイベントトラッキングなどがあります。

利用料金:Freeプラン 無料、有料 エコノミー 15,984円(税込)〜/月 ※契約期間による割引あり

  

4. クリックテール

クリックテール
https://www.ctale.jp/

クリックテールでは主要機能として、ヒートマップセッションプレーヤー・コンバージョン分析・コンサルティングを提供しています。

メイン機能であるヒートマップでは、マウスの動き・クリック・熟読時間といった情報からユーザーの意図を見抜くヒントを得ることができます。顧客グループごとの行動比較機能が備わっていますので、行動差異を発見することが可能です。

ユーザーのマウスの動きを録画することも可能で、明確にユーザーの行動を追跡できます。

利用料金:要問い合わせ

  

5. user insight

user insight
http://ui.userlocal.jp/

クリックエリアだけではなく、リンクが無い箇所のクリックも知ることができる全クリックエリア分析が可能です。ヒートマップの結果をユーザー環境で絞込みすることもできます。

ヒートマップ以外にも、ユーザー属性分析・組織分析・リアルタイム分析・検索キーワード分析など多彩かつパワフルな分析機能を搭載しており、これ1つであらゆる角度から分析することができます。

また、"わかりやすい管理画面"や"勉強会を開催している"という点もUser Insightの魅力の1つです。初心者の方でもホームページ改善、アクセス解析に取り組みやすくなっています。

利用料金:要問い合わせ

  

6. VWO

VWO
https://www.assion.co.jp/lp/05/

VWO(Visual Website Optimizer)は、ヒートマップの機能を備えたA/Bテストツールです。タグをホームページに埋め込むだけで、誰でも簡単にA/Bテストを行い、ホームページ改善に役立てることが可能です。

キャンペーンページの作成、ABテストのためのページ作成はたった数分ででき、直感的に使えるVWOエディターを使用しますのでHTMLCSSの知識が無い方でも安心です。

利用料金:スタンダードプラン 100,000円〜/月、サポートプラン 200,000円〜/月


  

7. USERDIVE

USERDIVE
https://www.uncovertruth.co.jp/userdive/index.html

USERDIVEは、アクセス解析・サイト内解析という異なるツールを組み合わせることで、より効果的なホームページ改善を実現するツールです。

マウスの動きを可視化するマウスヒートマップのほか、動画分析・クリックヒートマップを含む全8個の機能を搭載しています。その中でも特徴的な機能が動画分析で、ユーザー行動をありのままに可視化し、実際にユーザーがどんな動きをしているのか定性的に判断することが可能です。

また、効果的な分析のためのフィルター19個を用意しており、全体だけでなく細かな分析も可能です。

利用料金:要問い合わせ

8. Appsee

Appsee
http://www.appsee.net/

アプリの利用状況全てを可視化してくれるツールです。利用ユーザーの動きをビデオで録画するユーザ記録機能を備えており、ユーザーの視点から問題点を把握、UIを改善することができます。

ヒートマップ機能ではタッチヒートマップを搭載し、ユーザーアプリ内のどの画像・要素を押しているのかを知ることが可能です。リアルタイムアプリ分析では、面倒な設定不要で、アプリ内の様々な分析結果を見ることが可能です。

アプリユーザビリティを改善したい、とお考えの方にオススメです。

利用料金:95,000円/月~ (無料トライアルあり)

9. MIERUCA

MIERUCA
https://mieru-ca.com/heatmap/

無料で使える、スマートフォン集客改善ツールです。スクロール解析機能・クリックヒートマップ機能・アテンションヒートマップ機能の3つのヒートマップ機能で、無駄クリックや注目度の高い重要コンテンツ、読了ユーザーの割合など、UXの向上に役立つ分析結果を得ることができます。

MIERUCAならではの機能として、登録したページの解析結果を1日ごと自動でキャプチャ・スクリーンショットする機能があり、後から正確なデータを比較するのに役立ちます。

利用料金:無料プラン 0円、有料 ミニマム 9,800円/月〜

  

10. BOOSTEC

BOOSTEC
http://boostec.jp/

BOOSTECは、分析から改善までを行えるECグロースハックシステムです。ヒートマップリンク先最適化・A/Bテスト・CV分析・メール分析が利用できます。

ECカートと連携することにより、CV件数はもちろん、商品がいつ・いくつ売れたかといった詳細な情報を知ることが可能です。定期コースユーザーだけの再来訪の動きなど、ユーザーの行動や購入商品の条件からヒートマップ解析を行うことができます。

利用料金:基本契約 49,800円 (無料トライアルあり)

  

11. Mockingfish

Mockingfish
https://www.mockingfish.com/

Mockingfishは、A/Bテストヒートマップが使用できるWeb最適化とテストツールです。

クリック行動、マウススクロールの動作、ユーザーの好みをヒートマップにより把握し、コンバージョン率・顧客エンゲージメント向上に役立てることができます。ヒートマップ機能で分析・監視できる要素がたくさんあるのが魅力的です。

利用料金:Startup 無料トライアル、Enterprise ビジネスパッケージ 要問い合わせ

  

12. sessioncam

sessioncam
http://www.sessioncam.jp/

企業ブランディングを行う会社、株式会社ベレネッツが提供するWeb検証ツールです。主な機能として、ヒートマップ機能・フォーム離脱確認機能・録画機能があり、ユーザーのホームページ訪問後の動向を詳しく知ることができます。

ヒートマップ機能では、クリックアクティビティ・アテンションヒートマップページスクローリングヒートマップの分析ができ、ユーザーがどのくらい情報を見ているか、どの領域を最も見ているかといった情報がわかります。

利用料金:試用版 1ヵ月500アクセスまで無料、有料版 17,000円/月

13. TwinHeat

TwinHeat
http://twin-heat.com/

アドレスをコピペするだけの簡単設定、読み取りやすいレポートが特徴のヒートマップツールです。面倒な設定はなしで誰にでも簡単に設定可能で、レポート作成も簡単にできます。

ヒートマップ以外には、サイト改善・サイト構成表作成・LPOフォーム最適化・広告効果レポートを使うことができて、これだけツールが充実しているのに初心者でも簡単に、低料金で使える手軽さが魅力的です。

利用料金:初期費用 無料、計測ページごとのクリック数 1 ~ 5,000の場合 50ポイント 5,000円(税別)/月※計測ページごとのクリック数で変動

  

14. seevolution

seevolution
https://www.seevolution.com/

seevolutionは、ヒートマップとリアルタイムアナリティクスが1つにまとまったツールです。ホームページにおいて重要なアクションである訪問者のクリックを確認・最適化することで、コンバージョンを最大化することができます。マウスムーブヒートマップ・スクロールヒートマップも利用可能です。

WordPressをはじめとした、主要なCMSプラグインがあるのも特徴的です。

利用料金:Light 無料、Premium $49/月〜(無料トライアルあり)

  

15. hotjar

hotjar
https://www.hotjar.com/

ホームページに訪れたユーザーを理解するための機能がオールインワンになったツールです。ヒートマップでは、クリックヒートマップ・ムーブヒートマップ・スクロールヒートマップの分析ができ、分析結果のダウンロード・共有も可能です。

ヒートマップ以外にも、録音機能ほか多彩なツールが使えるのが魅力的です。

利用料金:パーソナル BASIC無料、PLUS $29/月、ビジネス $89/月〜

  

16. Alientech

Alientech
https://alientech.com/

Alientechの特徴は、ヒートマップフォーム解析、訪問者情報が分析できるほか、ソーシャルメディアトラッキングが可能な点です。

SNS連携による分析に興味がある方は、一度無料トライアルを試してみてはいかがでしょうか。

利用料金:STARTER $5.99/月〜(無料トライアルあり)

17. Loop11

Loop11
https://www.loop11.com/

Loop11は、ホームページにおけるユーザーの行動を理解するのに役立つユーザビリティテストプラットフォームで、ユーザビリティテストを作成することができます。

これまでご紹介したツールとは少し形式が異なり、ヒートマップ機能も備え、ユーザーのクリックした箇所を可視化できます。

利用料金:$199/月〜 年払いによる割引あり(無料トライアルあり)

  

18. Mouseflow

flow
[http://static.ex-ture.jp/mouseflow2.html)

Mouseflowでは、ヒートマップとレコーディングからホームページ訪問中のユーザーの行動を理解することができます。

基本的なヒートマップ機能に加えて、レコーディング機能・コンバージョンに至ったプロセスが確認出来るファネル機能・フォーム解析機能を提供しています。幅広い機能と詳細な顧客フィルタリング、導入の手軽さが魅力的です。

利用料金:要問い合わせ

  

19. crazyegg

crazyegg
https://www.crazyegg.com/

crazyeggではヒートマップのほかに、ページの動作している部分を確認出来るスクロールマップ・Googleアナリティクスが教えてくれないことを確認できるオーバーレイといった機能が使えます。

これだけ機能が揃っていながらも、月に$9〜というリーズナブルな価格で利用でき、全てのプランが30日の間無料で使え、じっくりとお試しできるのがポイントです。

利用料金:Basic $9/月〜(無料トライアルあり)

  

20. SimpleHeatmaps

SimpleHeatmaps
https://www.simpleheatmaps.com/

SimpleHeatmapsはデバイスごとにヒートマップを生成し、クリックの動きやスクロールを追跡できるツールです。ヒートマップをフォルダに保存・管理できる機能、ブロックIP機能といった、あると便利な機能も多数搭載しています。

利用料金:Small $19/月〜 年払いによる割引あり

  

21. Stats

Stats
https://www.stats.com/products/-move-heatmaps

ヒートマップを中心に、レコーディング機能、フォームアナリティクスといった機能を提供しています。

ヒートマップの基本的な機能に加えて、A/Bテストのサポートをしています。レスポンシブ対応、モバイル・タブレット対応も万全です。

利用料金:無料プラン $0、有料 BRONZE $29/月〜 年払いによる割引あり

  

22. luckyorange

luckyorange
http://www.luckyorange.com/heat-maps.php

luckyorangeでは、多彩な機能を使ってヒートマップを自分のホームページのようにダイナミックに活用できます。細やかなセグメンテーション、動作を正確に知ることができる録画、統計などが利用可能です。

無料ではないものの最安プランなら月$10と比較的リーズナブルな料金で利用でき、トライアルができるのも魅力の1つです。

利用料金:Starter $10〜/月(無料トライアルあり)

  

23. inspectlet

inspectlet
http://www.inspectlet.com/feature/heatmaps

inspectletは、ホームページの訪問者が注目している要素、マウスの動きを可視化してくれるツールです。スクロールヒートマップをはじめとした基本的な分析以外に、フォーム分析などの利用ができます。

利用料金:Free $0、有料 Micro $39/月 年払いによる割引あり

  

24. UXCam

UXCam
https://uxcam.com/

スマートフォンアプリ向けとして提供しているツールです。ヒートマップに加えて、スクリーンレコーディングによる記録、ユーザーフローをチェックすることで、ユーザーアプリで実際にどのような体験をしているか、どんな問題があるかを理解することができます。

コラボレーション機能が備わっているため、単に分析するだけではなく、分析後の改善作業も楽になります。

利用料金:Starter plan $0、有料 Pro plan$199/月〜

  

25. Heatmap.me

Heatmap.me
https://heatmap.me/

Heatmap.meは、一般的なホームページはもちろん、ランディングページの最適化にもぴったりなツールで、様々な有名企業も導入しています。

リアルタイムに情報を更新するヒートマップ分析により、最新の有用なデータを取得することが出来、ホームページ改善にすぐに役立てることが出来ます。

利用料金:無料プランあり、有料 Premium $100/月〜

  

26. Feng GUI

Feng GUI
http://www.feng-gui.com/

Feng GUIは、人の視覚をシュミレートしどのようにユーザーの視線が動くかを教えてくれるツールです。実際のユーザーの視線やマウスの動きを検出してくれるものではありませんが、まだアップロードしていないページのチェックもできますので、ユーザビリティ改善に役立つのではないでしょうか。

利用料金:Basic $25/月〜

  

27. Piwik

Piwik
http://ja.piwik.org/

Piwikは、phpMyVisitesの後継となるオープンソースウェブ解析ソフトウェアです。ホームページを訪問したユーザーに関する重要な情報の収集・分析からEコマース解析まで行うことができます。

ヒートマップは、プラグインの追加を行うことで簡単にインストールが可能で、何といっても無料で使えるのがポイントです。

利用料金:無料

  

28. GhostRec

tool29.png
http://www.ghostrec.jp/jp/features/heatmaps/

GhostRecは、ヒートマップユーザビリティ調査調査機能が備わったリモート型ウェブユーザビリティ調査ツールです。ヒートマップツールとユーザビリティ調査により、ユーザーがどう閲覧していくかをはっきりと確認することができます。

利用料金:3,980円/月

  

29. ClickHeat

ClickHeat
https://www.dugwood.com/clickheat/index.html

ClickHeatは、PHPで作られ、GPLライセンスで公開しているオープンソースソフトウェアです。簡単に導入でき、ユーザーがクリックした箇所をヒートマップで確認することが可能です。ヒートマップを無料で使えるというのは、あまりコストがかけられない場合には大きなメリットなのではないでしょうか。

利用料金:無料

 

まとめ

今回は、無料・有料ヒートマップツールをまとめてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ホームページ改善のためのツールには、ほかにもアクセス解析ツールなどがありますが、ページ内のどの部分が問題か、までを詳しく知ることができません。ユーザーがホームページ上で実際にどのような体験をしているかを分析するには、ヒートマップツールが有効です。

今後ホームページをより良くしていきたい方、ホームページの改修を考えている方は、ぜひヒートマップツールの導入を検討してみてください。