検索連動型広告は、少ない広告費で売り上げアップが期待できる便利な広告です。しかし、これから広告運用に携わる新人のマーケティング担当者の方は、検索連動型広告についてよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで、検索連動型広告の特徴や仕組み、メリット・デメリットについて詳しく解説します。少額予算で成果を出すポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 検索連動型広告とは
  2. 検索連動型広告の特徴3つ
  3. 検索連動型広告のメリット
  4. 検索連動型広告のデメリット
  5. 検索連動型広告と相性の良い商品やサービス
  6. 検索連動型広告にかかる費用
  7. 検索連動型広告を少額予算で成功させるポイント
  8. 検索連動型広告の運用事例
  9. 検索連動型広告はWeb集客に最適な広告手法

▼今すぐ検索連動型広告で成果を出す方法を知りたい方はこちら

売上が上がる!費用対効果バツグンの検索連動型広告

売上が上がる!費用対効果バツグンの検索連動型広告

売上がすぐ上がる!?費用対効果バツグンの検索連動型広告について解説致します。

検索連動型広告とは

image2.png

検索連動型広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告のことです。PPC広告、キーワード広告とも呼ばれ、広告がクリックされると費用が発生します。

検索連動型広告はリスティング広告の一種

検索連動型広告リスティング広告の一種です。

リスティング広告とは、検索エンジン検索結果に表示される広告のことであり、検索連動型広告ディスプレイ広告の2つに分けられます。どちらにも一目で広告とわかるように、URLの横に広告ラベルがついています。

それぞれの違いは以下の通りです。

表示場所 ターゲット
検索連動型広告 検索窓の近くにテキストで表示 準顕在層、顕在層
ディスプレイ広告 サイト内に画像バナーや動画バナーで表示 潜在層、準顕在層、顕在層

検索連動型広告は、 商品やサービスを能動的に探している顕在層や、商品について詳しく調べ始めた準顕在層へのアプローチに適している広告です。

たとえば「ノートパソコン おすすめ」「パソコン スペック」など、購入する意思はあっても、どの商品にするのか迷っている段階のユーザーにヒットします。そのため、費用対効果に優れた広告であるといえます。

一方、ディスプレイ広告は潜在層を含めた幅広い層にヒットするため、認知拡大に適した広告であるといえます。

検索連動型広告と自然検索の違い

自然検索とは、通常の検索結果のことです。オーガニック検索とも呼ばれています。

自然検索はクリックしても費用がかからないため、上位表示させることで表示回数を増やし、継続的な流入を狙うことができます。

ただ、上位表示させるためには、検索エンジンに評価されるようなサイトやページに作り変える必要があります。効果が出るまで時間がかかる上、予算を投入しても確実に上位表示されるとは限りません。

すぐに成果を出したいとき、コンテンツの量が足りていないときは、検索連動型広告の活用をおすすめします。

検索連動型広告の特徴3つ

検索連動型広告の特徴として、主に以下の3つが挙げられます。それぞれについて解説します。

1.キーワードを自由に選択できる

検索連動型広告は、広告主が好きなキーワードを選んで自由に設定できます。

例えば、求人サイトに集客するなら「転職 30代」「東京都 営業職」、メンズエステに集客するなら「脱毛 ヒゲ」「メンズエステ おすすめ」などです。

クリック率、コンバージョン率を確認し、定期的にキーワードを見直すことで効果を最大化できます。

2.クリック課金型入札で予算管理が楽

検索連動型広告は、クリックされた回数に対して費用を支払うクリック課金型です。広告が表示されても、クリックされなければ費用は一切発生しません。

「予算を投入したのに反応がなかった」「効果がないのに掲載を続けなければならない」といったリスクを回避できます。

表示回数で費用が発生するインプレッション保証型や、掲載期間で費用が発生する期間保証型に比べて費用対効果が明確であり、無駄がないという特徴があります。

3.クリック単価を自由に決められる

検索連動型広告は、広告主がクリック単価の上限を自由に設定できます。クリック単価の平均は80〜1,000円ほどです。

キーワードの想定単価がわかるキーワードプランナーなどを使い、競合や予算とのバランスを取りながら運用できます。

検索連動型広告のメリット

続いて、検索連動型広告のメリットについて解説します。

即効性がある

検索連動型広告は、オークション制で掲載順位を決定しているため、短期間での効果が期待できます。入札金額やキーワード次第で即日上位掲載も可能です。

低予算から始められる

クリック単価の上限を低めに設定すれば、1日1,000円で広告配信ができます。低予算でスタートすることで、広告費の使い過ぎを防げます。

配信開始・停止の自由度が高い

検索連動型広告は、設定ページから配信の開始や停止など、広告に関する設定をいつでも変更できます。「思ったほど効果が出ていないから出稿を停止する」といった臨機応変な運用も可能です。

リアルタイムに成果が確認できる

クリック率や広告の表示回数、費用などリアルタイムで確認できます。費用対効果に問題があればキーワードや広告文を見直し、より高い成果を得られるパターンを見つけることができます。

検索連動型広告のデメリット

一方で、検索連動型広告には以下のようなデメリットもあります。

コンバージョン数に上限がある

検索連動型広告の枠には限りがあり、入札したキーワードが無限に検索されているわけではありません。そのため、コンバージョン数には限りがあります。

認知拡大には向かない

キーワードを検索した人にしか表示されないため、認知拡大を目的としたキャンペーンには向いていません。潜在層にもアプローチしたいときは、ディスプレイ広告などほかのマーケティング施策を検討してみましょう。

専門知識が必要

検索連動型広告は、キーワード選定や入札価格など設定の自由度が高いため、専門的な知識が必要です。社内に検索連動型広告のノウハウを持っている担当者がいない場合は、運用代行サービスも検討してみましょう。

▼今すぐ検索連動型広告で成果を出す方法を知りたい方はこちら

売上が上がる!費用対効果バツグンの検索連動型広告

売上が上がる!費用対効果バツグンの検索連動型広告

売上がすぐ上がる!?費用対効果バツグンの検索連動型広告について解説致します。

検索連動型広告と相性の良い商品やサービス

ここでは、検索連動型広告と相性の良い商品やサービスについて見ていきましょう。

緊急性の高い商品やサービス

検索連動型広告は、緊急性の高い商品やサービスと相性が良いです。

なぜなら、ユーザーは早期に解決したいトラブルに見舞われているとき、検索エンジンを使うことが多いからです。具体的には、以下のようなサービスが該当します。

  • 水道修理
  • 害虫駆除
  • 特殊清掃
  • 鍵屋
  • カーシェアリング

これらのサービスはタイミングよくユーザーの要望を満たせるため、検索連動型広告に適しています。

Webならではの商品やサービス

検索連動型広告は、ユーザーがWebでしか接点が持てない商品やサービスとの相性も良いです。例えば「通販でしか手に入らない商品」「Webで申し込みを受け付けているサービス」などが該当します。

具体的には、以下のような商品やサービスに検索エンジンが使われることが多いです。

  • お取り寄せ
  • 記念品・贈り物
  • 人材サービス
  • 車買取
  • 保険
  • 不動産

これらの商品やサービスはWebからのアクセスが主流になりつつあるため、検索連動型広告に適しているといえます。

検索連動型広告にかかる費用

検索連動型広告にかかる費用は、月額平均20〜50万円です。ただ、この金額はあくまで目安であり、広告を出稿する業種やキーワードの状況によって上下します。

クリック単価はオークション制のため、粗利の高いビジネスや商材に関連するキーワードは高くなる傾向にあります。また、競合に大企業が多いときも相場が吊り上がって高くなりがちです。

商材によって相場が変わってくるため、予算はシミュレーションに頼ることになります。代理店に広告運用を外注する場合は、最低出稿金額を30万円程度に設定しているところが多いです。

検索連動型広告を少額予算で成功させるポイント

検索連動型広告を少額予算で成功させるポイントについて解説します。

ターゲットを明確にする

少額予算で成果を出すには、ターゲットを明確にする必要があります。

ターゲットが明確でないと、商材の特徴やアピールすべき要素も曖昧になり、数ある競合の中に自社の商品やサービスが埋もれてしまうからです。

ターゲットは単に「30代男性」とするのではなく、「○○地域に住む年収○○万円の30代後半男性、趣味は筋トレで、休日は旅行とドライブ」のように、人物像を具体化していきましょう。

誰にどんなメッセージを伝えたいのかを明確にすることで、刺さりやすい要素やキーワードが見えてきます。

顕在キーワードだけ配信する

自社の商品やサービスに直結する顕在キーワードにのみ広告を配信するようにします。

費用対効果が高いキーワードは、企業名や商品名です。また「サプリ 定期購入」「渋谷 イタリアン」など、資料請求や購入、問い合わせといった成果につながりやすいキーワード(=トランザクションクエリ)も検討してみましょう。

関連性の高い地域・時間帯に絞る

検索連動型広告は、配信する地域と時間帯を設定できます。

「関心の対象となるエリアや所在地を指定する」「平日の営業時間にのみ配信する」など、最も効果のある地域と時間帯に絞って広告を配信しましょう。

検索連動型広告の運用事例

ここでは、検索連動型広告の運用事例を紹介します。

クリニックの事例

image1.png

月額予算10万円で70件の問い合わせを獲得した事例です。

駅から徒歩5分以内にあるアクセスの良さがウリのクリニックなので、駅チカの病院を探しているユーザーをメインターゲットとして設定。

キーワードは「駅名×クリニック」など、コンバージョン率の高い地域にのみ配信し、広告文では「会社帰りでも通える」「土日も受診OK」など、来院動機となるアクセスの良さや通いやすさを強調しています。

注文住宅の事例

image3.png

ディスプレイ広告と検索連動型広告を併用して、月額予算20万円で22件の問い合わせを獲得した事例です。

ディスプレイ広告で注文住宅に関心のあるユーザーをターゲティングし、検索連動型広告で顕在キーワードをメインで配信。

「中古」「マンション」など新築一戸建てにつながらないワードを除外することでコンバージョン率を高めています。

検索連動型広告はWeb集客に最適な広告手法

検索連動型広告は、数ある広告の中でもWeb集客に最適な広告手法です。

目立つ位置に探している言葉やサービス名が表示されるのでクリックされやすく、自社サイトへのアクセス数アップが見込めます。

また、設定の自由度が高いため低予算からスタートできる点もメリットです、すぐに掲載を開始できるので、早い段階で問い合わせや購入といった成果につなげることができるでしょう。

▼今すぐ検索連動型広告で成果を出す方法を知りたい方はこちら

売上が上がる!費用対効果バツグンの検索連動型広告

売上が上がる!費用対効果バツグンの検索連動型広告

売上がすぐ上がる!?費用対効果バツグンの検索連動型広告について解説致します。