※本記事は、2015年2月17日に公開された記事をマケスト提供により一部再編集を行っております。

近年、金融関連サービスのスタートアップが続々と誕生し、予想を上回る急成長を遂げています。

クラウド会計サービスの「MFクラウド会計・確定申告」は立ち上げから1年で利用者数12万人を突破し、昨年複数のVCから15億円の資金を調達しました。

参考

マネーフォワードの「MFクラウド会計・確定申告」、開始1年で利用者12万人

煩わしい確定申告や会計処理の負担を大幅に削減するクラウド会計ソフトは、認知度も徐々に広がり始めており、今後確実に伸びることが予測できます。

また、2015年2月10日にはLINE株式会社が決済サービスの「Webpay」を買収し、「LINE pay」 のシステム強化を図るようです。

参考

LINEによるウェブペイの100%子会社化について

確定申告や日々の記帳等、煩わしいファイナンス周りの作業負担をIT技術で一気に軽減させるこれらのサービスに、今注目が集まっています。
今回は、クラウド会計、スマホ用決済サービス、家計簿アプリを軸に主な金融系Webサービスをまとめました。

クラウド会計ソフト

1.クラウド会計ソフトfreee(フリー)

***
http://www.freee.co.jp/

freee株式会社が提供する、1つで会計、確定申告、請求書作成ができる全自動のクラウド会計ソフトです。
自動で帳簿が作成可能で操作も直感的で非常に使いやすくなっています。2013年の3月にサービスをスタートさせ、2年足らずで登録事業所数20万件にまで伸ばしました。
2015年1月には確定申告向けの新機能を追加し、更に利便性を高めています。

参考:
クラウド会計ソフト freee の登録事業所数が 20万を突破

2.MFクラウドシリーズ

***
https://biz.moneyforward.com/

株式会社マネーフォワードが提供するビジネス向けクラウドサービスです。
会計、確定申告、請求書作成の3つのサービスを提供しています。同社が提供する家計簿アプリ「moneyforward」とともに、2014年度グッドデザイン賞を受賞しました。

3.やよいの青色申告

***
http://www.yayoi-kk.co.jp/products/aoiro_ol/

弥生株式会社が提供するクラウド申告ソフトです。
確定申告のなかでも青色申告に特化しており、操作性に優れています。最初の1年間は無料で利用することができるため、青色申告を選択する方は一度試してみるといいでしょう。

4.ネットde会計

***
https://www.netdekaikei.jp/
株式会社パイプドビッツが提供するクラウド会計サービスです。
月次の試算表や決算報告書の自動作成や、複数拠点でリアルタイムでデータを共有できるなど、企業の会計担当者の作業を効率化するための機能が満載です。初めの30日間は無料で利用可能です。

5.Crew

***
http://crew-hybrid.com/

Crewは会計事務所の全国チェーン「Q-TAX」の加盟税理士と、一般社団法人「起業家を支援する全国会計事務所協会」が共同開発したクラウド会計ソフトです。
特に簿記知識が無くても入力できるのでExcelでの帳簿作成が苦手な方でも簡単に利用することができます。

6.ClearWorks

***
http://www.clear-works.jp/
株式会社スマイルワークスが提供する会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるSaaS/クラウド型の統合業務システムです。
無償メールサポート、有償電話サービス、他社会計ソフトとの仕訳連動サポート、人材育成サポートなどアフターフォローが大変充実しています。

7.楽楽精算[マケスト提供]

楽楽精算
https://www.rakurakuseisan.jp
楽楽精算の詳細はこちらをクリック![マケスト提供]

累計導入社数No.1のクラウド型経費精算システムです。
会計ソフトと連携でき、領収書や請求書の電子化が可能なため、紛失するリスクや書面郵送にかかる時間と手間を削減することができます。

8.ジョブカン経費精算[マケスト提供]

ジョブカン経費精算.jpg
https://ex.jobcan.ne.jp/
ジョブカン経費精算の詳しい情報はこちら[マケスト提供]

ジョブカン経費精算は、PC・スマートフォンから、いつでもどこでも申請・承認ができる経費精算システムです。

仕訳データの自動作成が可能なため、会計ソフトに取り込むだけで仕訳作業が完了します。

決済サービス

9.SPIKE

***
https://spike.cc/

株式会社メタップスが提供するオンライン決済サービスです。
登録や決済処理が非常に簡単なうえ、決済手数料0というこれまでになかったビジネスモデルを打ちたて、サービスリリース直後から話題となりました。

参考:
賢いECサイトは使ってる!カード決済手数料0円の「SPIKE」についてメタップス佐藤航陽さんに聞きました

10.LINEpay

***
http://line.me/ja/pay
LINE株式会社が提供するオンライン決済サービスです。
先に紹介した「SPIKE」と同様手数料0を導入しています。メッセンジャーアプリ「LINE」と連携し、友人同士での送金も簡単に行える他、LINEショッピングでも利用できます。

11.ペイメント・マイスター

***
https://www.flight.co.jp/meister/
株式会社フライトシステムコンサルティングが提供するiOS搭載のスマートデバイス用決済アプリです。
クレジットカード、銀聯カード(中国銀聯が提供するクレジットカード及びキャッシュカードの総称)で決済処理を行うことができます。リアル店舗やイベント時の料金回収をスムーズに行うことができます。

12.paidy

***
https://paidy.com/

株式会社エクスチェンジコーポレーションが提供するオンライン決済サービスです。
なんとクレジットカードの登録は不要で、携帯電話番号とメールアドレスの登録をすれば決済を行えます。料金は後払い制でコンビニでも支払い可能です。後払いだと料金が支払われないのかと不安になる事業者様も多いと思いますが、決済された金額はPaidyで100%保証するようです。

13.webpay

***
https://webpay.jp/
ウェブペイ株式会社が提供するオンライン決済サービスです。
ホームページに簡単に決済機能を搭載することが可能で、先に紹介したクラウド会計サービスの「freee」も導入されています。
冒頭で紹介したとおり、2月10日よりLINE株式会社に買収され100%子会社となりました。

14.Powa Tag

***
http://power-payment.com/about.html
パワーペイメント株式会社が提供するオンライン決済サービスです。
クレジットの暗証番号下4桁を入力すれば自動的に住所など配送に必要な情報が登録され、登録の手間が格段に省かれるなどユーザー側にとってのメリットが大きいです。

15.Square

***
https://squareup.com/jp
Square, Inc.が提供する小型クレジットカードリーダーです。
Squareをスマートフォンやタブレット等のスマートデバイスに差し込めばカードリーダーとして利用することが可能となり、その場で簡単に決済を行うことができます。iOSAndroidどちらにも対応可能です。

16.Coiny

***
http://coiney.com/

コイニー株式会社が提供するスマートデバイス用クレジットカードリーダーです。
コイン型の小さなカードリーダーをスマートデバイスに差しこむだけで決済が行えます。1万円以下の決済であればサインレスで処理することができるため、スピーディーな決済が可能です。

17.PAYGATE

***
http://www.paygate.ne.jp/
株式会社ロイヤルゲートが提供するクレジットカード決済アプリです。
Android, iOS, Windows8.1に対応しており、Bluetooth、イヤホンジャックなどあらゆる接続形式に対応したカードリーダーを利用してスマートデバイスを決済端末にすることができます。

18.PokePos

***
http://clementec.com/service/pokepos/outline.html
株式会社クレメンテックが提供するモバイル決済用のデバイスです。
持ち運びやすいスマホサイズのカードリーダーを使用し、iOSデバイスでのクレジットや電子マネー、各種ポイント決済を可能にします。

19.ポケレジ

***
http://www.saat.jp/pocketregi/
ネットムーブ株式会社が提供するモバイル決済システムです。
スマートフォンやタブレットとカードリーダーを連携することで、スマートデバイスをクレジットカード端末として利用できます。カードリーダー用の機器はBluetoothによるワイヤレス接続可能タイプと磁気ストライプ対応タイプの2種類あります。

20.楽天スマートペイ

***
http://smartpay.rakuten.co.jp/
楽天株式会社が提供するモバイル決済システムです。
専用カードリーダーとスマートデバイス用のアプリを連携させることでどこでも決済を行うことができます。1店舗に複数のカードリーダー導入が可能で、POSレジとの連携も可能なため、店舗での決済処理に有用です。

21.PGペイメントサービス

***
http://www.gmo-pg.com/service/smartphone
GMOペイメントゲートウェイ株式会社が提供するオンライン決済サービスです。
ECサイト(ネットショップ)上で、クレジットカード決済や後払い、コンビニ決済など様々な決済手段を選択できる総合決済サービスとして50,000以上のECサイト導入実績を誇ります。

家計簿アプリ

22.Zaim

***
http://zaim.net/
株式会社Zaimが提供する家計簿アプリです。
紙のレシートをスマートフォンカメラで撮影すると品目や金額を読み取り、自動入力される機能や、金融機関の公式サイトから入出金の記録を自動取得する機能など、ユーザーの負担を徹底的に減らす仕様となっております。国内利用者は300万人を突破しています。

23.moneyforward

***
https://moneyforward.com/
株式会社マネーフォワードが提供する家計簿アプリです。
金融機関と連携し、残高や引き出した金額を取得し、自動的にカテゴリ分類するという、全自動の家計簿システムを実現しています。
先に紹介したクラウド会計システムFMクラウドとともに、2014年度グッドデザイン賞を受賞しています。

24.オカネレコ

***
http://okane-reco.com/
スマートアイデア株式会社が提供する家計簿アプリです。
1回の操作が2秒で完結するという手軽さから多くの人に支持され、利用者は200万人を突破しています。

25.ポチレコ

***
https://itunes.apple.com/jp/app/kantan-jia-ji-bu-pochireko/id704984197?mt=8
ヤフー株式会社が提供する家計簿アプリです。
目標設定機能や分析機能が充実しており、記入し忘れた日はお知らせ通知がくるように設定できるので、毎日欠かさず、モチベーションを維持しながら家計簿をつけることができます。

26.RecoReco

***
http://www.brainpad.co.jp/recereco/
株式会社プレインパッドが提供する家計簿アプリです。
操作はレシートを撮影するのみで、自動的に内容を読み取り、無駄な出費も分析する機能をもちます。家計簿系アプリでは最速で100万ダウンロードを突破したようです。

まとめ

クラウド会計サービス、オンライン決済サービス、家計簿アプリなど、今注目されているファイナンス系サービスに共通しているのが、これまで手間がかかることが常識だったとことを簡略化していることにあります。
お金周りの処理は蔑ろにできない反面、苦手と感じる方も多いので、その手間を圧倒的に省略できるサービスは多くのユーザーの問題解決ツールとなったのでしょう。
あらゆるサービスの根本には、ユーザーが抱える何かしらの問題を解決できるなにかがなければ成立しません。
自社サービスにおいても、改めて、どのようなユーザーのどのような問題を解決できるものなのか、ということを考えてみましょう。

人事・経理担当者の救世主!経費精算サービスをチェック[マケスト提供]

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

このニュースに関連するカリキュラム

Webマーケティング戦略の基礎について説明しています。