ブランドを確立できれば、自社の認知度を上げサービスを販売するときに有利です。ですが、ブランディングするために実際にどんな施策を行うべきかお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
ブランディングを成功させるためには、そもそもブランドとは何かという基礎的な知識から、施策に落とし込むための実践的な情報までを網羅しておく必要があるでしょう。

今回はブランディングの概要や、実際にブランディングを行うときに参考にできる記事をご紹介します。他社にはない独自のブランドを構築するために、ぜひ参考にしてみてください。

1. ブランディングの基本を理解する

値下げ競争から脱却するためには不可欠!「ブランディング」の基本と重要性を解説|ferret__フェレット_.png
https://ferret-plus.com/4237

ブランディングは自社のブランドを認知させ、他のサービスとの差別化を図るために重要な施策です。ブランドという言葉のそもそもの意味や、独自のブランドを築き上げている企業が取り入れているCIやUSPの概要をまとめています。
例えばCIはコーポレートアイデンティティの略で、ロゴやサービス名を見ただけですぐにどんなサービスなのか想起できる要素をさします。

ブランディングと一言でいっても様々な要素が含まれています。これからブランディングに取り組もうとしている方や、ブランディングって何?という方は、まず言葉の基本的な意味から理解していきましょう。

2. ブランディングで他社と差別化する

「ブランディング」を理解しよう!大きなメリット5つと最低限必要な要素5つ|ferret__フェレット_.png
https://ferret-plus.com/7432

ブランディングを行うことで、自社のファンを構築できればリピートして購入してくれるユーザーが増えるでしょう。リピートしてくれる顧客が増えれば、新たにサービスを周知させるための広告費が必要なくなり、コストが削減できるメリットがあります。

ですがブランディング施策を行い、期待した効果を生み出すためにはあらかじめ決めておかなければいけない要素5つがあります。
例えば、誰に向けたブランディング施策を行うのかペルソナを設定することが重要です。ペルソナを設定しないままでは、ブランディング施策の戦略や内容があやふやになってしまいます。

ブランディング施策を計画するときは、ペルソナを設定しているかをはじめ、しっかりと要素を含んでいるのか見直すといいでしょう。

3. 自社に適したブランディングの方法を選ぶ

ブランドマーケティングを行うなら押さえておきたい6つの切り口|ferret__フェレット_.png
https://ferret-plus.com/7723

ブランディングの方法には、いくつか種類があることをご存知でしょうか?
例えば、音を使ったブランディングをオーディオブランディングといいます。音を使うことで、視覚だけではなく聴覚からも自社ブランドのイメージを伝えられます。
また、テレビや動画投稿サイトでよく見かけるプロモーションビデオも、ビデオブランディングという方法の一つです。

伝えたいイメージやメッセージによって、ブランディング方法は様々です。どんなイメージを伝えたいのか考えた上で、自社に合ったブランディング方法を探してみましょう。