4. ブランドストーリーで自社のこだわりを伝える

自社の商品・サービスにファンを生むために必須な「ブランドストーリー」の作り方|ferret__フェレット_.png
https://ferret-plus.com/7451

ブランディングを行う上で、ブランドの価値を伝えるブランドストーリーは重要な役割を果たします。

ただ商品を紹介するのではなく、商品が生まれた背景や他社にはない独自の商品特徴をユーザーに伝えます。ストーリーとして伝えることで、よりユーザーの感情に訴える効果があります。また、商品のメリットをデータとして具体的な数字で表すことができれば、感情に訴えるだけではなく、より客観的に説得力を持たせられます。

商品開発の苦労や、商品ができるまでに経験した失敗など、これまで公にしてこなかった情報がないか振り返ってみましょう。公開してもあまり意味がないと思っていた情報でも、ユーザーの親しみを持ってもらうきっかけになるかもしれません。

5. ブランディングで売上がアップした事例から学ぶ

ブランディングで集客数はほとんど変わらなくても売上1.3倍|ferret__フェレット_.png
https://ferret-plus.com/65

ブランディングが重要なことはわかったけど、本当に効果があるのか疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

ブランディングで売上がアップした事例として紹介しているのは、スマホケースの通販サイトphocaseです。
phocaseはスマホ通販サイトですが、お客様との関係作りを徹底的に考えた結果、通販サイトだけではなくリアル店舗を展開するという施策をとりました。
また、商品の品質を上げるため、ファッション性の高い新デザインを定期的に追加しました。その結果、売上が1.3倍に増加しました。

このように、ホームページを立ち上げた後も、継続して商品の品質を向上させていくことが大切です。

6. 企業イメージをプロモーション動画で伝える

視覚と聴覚に訴える!100万再生以上された秀逸な動画プロモーション4選+2【企業ブランディング篇】|ferret__フェレット_.png
https://ferret-plus.com/1484

ブランディングには、プロモーション動画を使うこともできます。
流行にのったものや、感情に訴えるもの、なんども見たくなるもの、エンターテイメントに富んだものなど、伝えたいイメージに合わせてプロモーション動画を作成するのもいいでしょう。

7. キャラクターで消費者とのコミュニケーションを図る

効果は絶大!ビジネスにおける戦略的なキャラクターマーケティングとは?|ferret__フェレット.png
https://ferret-plus.com/5556

熊本のキャラクター、くまモンをご存知でしょうか?
くまモンのようにキャラクターを使ったマーケティング手法をキャラクターマーケティングといいます。
マーケティングではただ施策を行うだけではなく、ユーザーとの接点を作り、関係を築いていくことも重要なポイントです。キャラクターを使うことで、ユーザーの興味を持ってもらい、接点を持ち続けるきっかけになるでしょう。

自社でキャラクターを作るだけではなく、くまモンのように事前に申請することで使用できるようになるものもあります。
ユーザーとの接点や関係作りのために、キャラクターマーケティングに取り組んでみてはいかがでしょうか。