セールス業務を効率的に行うために「CRM(顧客管理システム)」の導入を検討している担当者もいるのではないでしょうか。CRMは、顧客のあらゆる情報を一元管理できるため、顧客情報の煩雑化を防げるというメリットがあります。

とはいえ、CRMツールは提供している企業によって仕様は様々あり、何を基準に選んだら良いのかわからないという方も居るはずです。
例えば、CRMツールの中には、月額制の「クラウド型」や、パッケージ買いきりの「インストール型」などがあります。

今回は、CRMツールの中でも「クラウド型」「インストール型」の分類をご紹介します。そして、近年普及している「クラウド型CRM」の主要ツールをまとめているため、導入時の参考にしてみてください。

セールスがCRMを導入することで何が変わる?

セールスがCRMを導入することで、顧客の連絡先から商談や購入の履歴、問い合わせ内容を一元管理できます。
セールス担当者を引き継ぐ際も、CRMで管理されているため個別に情報共有する手間を省けるのが特徴です。

CRMは、顧客の商談から購入までの履歴をツール上で簡単に確認できるため、成約しやすい時期の仮説を立てることもできます。単に情報を管理できるだけでなく、セールスの戦略策定にも役立てられるのが特徴です。

CRMの「クラウド型」「インストール型」それぞれの違いとは

CRMには大きく2つのタイプに分類することができます。それが、「クラウド型CRM」と「インストール型CRM」です。それぞれの特徴とメリット、デメリットを確認してみましょう。

クラウド型CRMの特徴

クラウド型CRMの特徴は、データをクラウド上で管理できることです。自社に専用サーバーを設置する必要が無いため、導入コストを最小限に抑えられます。また、PCやスマートフォン、タブレットなどあらゆるデバイスから利用できるため、外回りの多いセールス担当者が活用しやすいというメリットがあります。

一方で、月額制や年額制の料金体系を採用しているサービスが一般的なので、利用し続けるほどランニングコストが発生するというデメリットもあります。提供する企業によって、機能や価格も異なるため自社が求める機能と価格に合ったツールを導入してみましょう。

インストール型CRMの特徴

インストール型CRMの特徴は、パッケージ買い切りで導入できる点です。自社サーバーでデータを管理する必要がありますが、一度購入すればそのまま利用し続けることができるため、長期的に運用するのであればクラウド型CRMと比べて低コストで利用できるでしょう。

インストール型CRMのデメリットは、機能の拡張性の低さです。クラウド型CRMには、ネットワーク上でアップデートや拡張機能の追加が行えるツールがあります。一方で、パッケージ型は一般的に「購入時の仕様のまま」です。そのため、自社の業務フローに合わせるのではなく、ツールの仕様に業務を合わせる必要があります。

また、社内サーバーでデータを管理するため、外部ネットワークからのアクセスが難しいということもデメリットと言えるでしょう。

拡張性やアクセスできる範囲の広さから、近年ではクラウド型CRMが主流になりつつあります。
以下より、主要なクラウド型CRMをご紹介します。

主要クラウド型CRM7選

1.SkyDesk CRM

cloud-crm_-_2.jpg

https://www.skydesk.jp/ja/products/crm/

「SkyDesk CRM」は、富士ゼロックス株式会社が提供するクラウド型CRMです。特徴として、中小企業でも導入しやすい料金体系です。

最も安いプランでは1ヶ月あたり1,520円(税抜)、最も多機能なプランで1ヶ月あたり4,465円(税抜)で利用できます。ランニングコストの発生するクラウド型CRMですが、まずはどういうメリットがあるのか体験したいという方に適しているでしょう。

2.Zoho CRM

cloud-crm_-_3.jpg

https://www.zoho.jp/crm/

Zoho CRM」は、ゾーホージャパン株式会社が提供するクラウド型CRMです。このツールは、顧客のマルチチャネル管理と効果測定に強みを持っています。商談履歴だけでなく、ホームページへのアクセス、電話、メールなど様々なチャネルでの顧客情報を一元管理できるのが特徴です。

また、顧客のニーズに合わせて仕分けでき、挿入したデータから売上予測を簡単に作成することができます。

3.Sales Cloud

cloud-crm_-_4.jpg

https://www.salesforce.com/jp/products/sales-cloud/overview/

「Sales Cloud 」株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するクラウド型CRMです。顧客情報の管理からセールス案件ごとの進捗管理、などセールス業務における「管理業務」を総合的に担わせることができます。

また、インサイドセールス向け機能や、同社のMAツール「Pardot」との連携もできるため、幅広い業務に対応することができるのが特徴です。管理から戦略策定まで活用できるでしょう。

4.Microsoft Dynamics CRM

cloud-crm_-_5.jpg

https://www.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/home

「Microsoft Dynamics CRM」は、マイクロソフトが提供するクラウド型のCRMソリューションです。
CRMだけでなく、SFAやMAツールを備えているのが特徴です。

顧客の管理からセールスの戦略策定、社内のマネジメント管理までセールスに関わるあらゆる課題に対して活用できるでしょう。

5.データベースWaWaD-Be

cloud-crm_-_6.jpg

http://www.wawaoffice.jp/product/db/

データベースWaWaD-Be」は、 株式会社アイアットOECが提供するクラウド型のCRMです。社内でのナレッジ共有のしやすさに強みを持ったクラウド型CRMです。

Excelからインポートするデータの「入力形式」を統一し制限できるため、入力する担当者が変わっても、同一フォーマットで一元管理できるというメリットがあります。

6.Customa!

cloud-crm_-_7.jpg

https://customa.jp/

「Customa!」は、Cross & Crown 合同会社が提供するクラウド型CRMです。サポートの手厚さに強みを持っています。常時30日分のバックアップを保存しており、万が一データ損失があった場合、24時間修復対応を行っています。

また、CRMを利用する従業員が増えても、無制限にユーザー追加が行えるという特徴があります。

7.GEO CRM

cloud-crm_-_8.jpg

http://geocrm.com/

「GEO CRM」は、ナレッジスイート株式会社が提供するクラウド型CRMです。地図を用いて管理できるのが特徴です。顧客企業のエリア、売上規模、決算時期を地図上で視覚的に管理できます。

また、外回り担当者が商談内容をスマートフォンアプリから簡単に入力でき、成約率の高い顧客の抽出なども行えます。フィールドセールスが中心のセールス部署に適したCRMと言えるでしょう。

まとめ

近年では、CRMはもちろん、ビジネスツールの多くに「クラウド型」が用いられています。クラウド型は、自社サーバー不要でアカウント作成するだけですぐに使い始められるのが特徴です。また、Webや専用アプリで利用できるため、外回りの多いセールスが利用しやすいというメリットがあります。

一方で、買い切りできるインストール型と比べ、月額制や年額制などランニングコストが発生します。
クラウド型がトレンドとはいえ、自社の予算や利用頻度に合わせて検討してみると良いでしょう。