自社のホームページランディングページから「お問い合わせ」や「資料請求」を獲得したい時の施策の1つに「リスティング広告」があります。

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに合わせて自社のホームページへ誘導する広告を出稿できるので、実施を検討しているWeb担当者も多いのではないでしょうか。

リスティング広告の運用にはキーワード選定や入札単価の設定など細かな運用スキルが必要です。自社にスキルを持った担当者がいない場合は、広告代理店に依頼するのが一般的ですが、外注する場合はまとまった予算が必要になるケースがほとんどです。

それほど予算を割けないけどリスティング広告を実施したい場合は、月額5万円からリスティング広告の運用代行を依頼できる「ferret Oneリスティング代行サービス」を活用するといいかもしれません。

今回は、株式会社ベーシック監修のもと、Web担当者が抱えるリスティング広告を運用する上での課題というテーマから「ferret Oneリスティング代行サービス」の特徴をご紹介します。
  

自社でリスティング広告を運用する上での課題は?

運用には人的リソースが必要

リスティング広告を自社で運用するなら、人的リソースが必要です。純広告のように特定の期間で出稿する広告と異なり、運用型広告であるリスティング広告は常に効果検証とキーワードの改善を行う必要があるからです。

そのため、運用に時間を割ける人材を確保しなければなりません。社内にWebマーケティング担当者が不在の場合、十分に運用できない可能性があります。
  

スキルやノウハウが無いと広告費をおさえられない

リスティング広告は、効果のあるキーワードを選定し、適切な予算配分を行うことができれば高い費用対効果を得られます。一方で、キーワードの選定や入札の設定を失敗するとほとんど効果を得られない場合もあります。

リスティング広告で成果を出すためには、一定以上のスキルやノウハウを持った担当者が運用しなければ、求める成果を出すことは難しいと言えます。
  

リスティング広告を広告代理店に依頼すると…?

自社でリスティング広告の運用が難しい場合には、広告代理店へ運用代行を依頼するという手段があります。

リスティングを専門に行っている広告代理店であれば、運用に関するノウハウを豊富に保有しているため、自社で試行錯誤を続けるよりも成果を出しやすいのが特徴です。

とはいえ、広告代理店にリスティング広告の運用を依頼する上でも注意しておきたいポイントがあります。
  

自社の予算感に見合わない費用が発生する可能性

広告代理店に運用を依頼する場合、純粋な広告費に加えて月額の運用費を支払う必要があります。

企業や運用プランによって詳細は異なりますが、一般的に、運用費は広告費の20%ほどになり、1度にまとまった費用が発生することがあります。また、少額の予算では依頼を受け付けていないこともあるため、予算に余裕を持って依頼する必要もあるでしょう。

まとまった費用を支払う必要があるため、自社の予算状況によっては社内稟議をとおすことがそもそも難しいということも考えられます。
  

運用代行の担当者が自社の業界や商品への知見が十分ではない可能性

広告代理店は、様々な業界のクライアントの広告を運用しているため、自社の業界や商材に関する知見が十分ではないこともあるでしょう。そのため、自社の商品の特徴に合わせたリスティング広告の出稿が行えず、運用当初に想定していたユーザーにリーチできない可能性も考えられます。

自社が訴求したい商材に対して的確なキーワードを狙うのであれば、広告代理店と「何のキーワードを用いてどういったユーザーに届けるのか」のすり合わせを入念に行うことが大切です。

参考:
リスティング広告は代理店に任せる?自社運用(インハウス)?判断に役立つ8つの視点|ferret
  

予算とリソースがなくてもリスティング運用できる「ferret Oneリスティング代行サービス」とは

リスティング広告の運用をしたいけれど、「自社運用」と「広告代理店への依頼」どちらにも懸念点があり、なかなか実施に踏み切れないという課題を抱えた担当者もいるのではないでしょうか。

そういった両者の課題の解決手段として活用できるのが株式会社ベーシックが提供する「ferret Oneリスティング代行サービス」です。

このサービスは、Webマーケティング支援を行うクオント株式会社が提供するリスティング広告自動最適化ツール「Q リスティングオートメーション」とferret Oneが提携したリスティング広告の運用代行サービスです。
  

アカウント開設や運用管理など面倒な作業はすべて代行

ferret Oneリスティング代行サービスでは、リスティング広告の運用の準備から代行依頼ができます。

オンライン広告配信プラットフォームGoogleアドワーズ」へのアカウント開設からキーワード選定、運用・改善まで対応しているのが特徴です。あらゆる運用業務を任せられるため、自社に専任のWebマーケティング担当者がいなくとも実施できます。

キャンペーンなど短期間で成果を出したい状況の中、人的リソースが不足しているという場合に大きなメリットとなるでしょう。
  

Googleの資格保有者+専用ツールによる運用でキーワードや入札単価を自動で最適化

fo-listing-o_-_2.jpg

外部に運用代行を依頼する上で、「予算に見合った成果が出せるのか」「自社商材に合ったキーワードで出稿されるのか」のように、どのように運用されるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

ferret Oneリスティング代行サービスは、リスティング広告の初期設計段階でGoogleの資格を保有した担当者が就き、自社の商材に沿ったキーワード抽出を行います。

リスティング広告の運用開始後は、自動ツールによって「クリック率」「クリック単価」に基づき、入札単価を自動的に調整できるという特徴があります。まさに、人とツールのメリットを掛け合わせた運用代行サービスと言えるでしょう。また、日次・月次レポート、キーワードランキング、月次サマリーと各種運用レポートを参照できるため、成果の有無に関しても頻繁に確認できるのもメリットです。
  

月額5万円から出稿できるので「お試し運用」も可能

fo-listing-o_-_3.jpg

ferret Oneリスティング代行サービスは、広告代理店への運用代行サービスと比べ、費用面でも非常に低コストで利用できるのも特徴です。広告費+手数料(30%)で月額5万円から依頼することができます。自社の予算が限られており、広告代理店へ依頼するに至っていないという方でも検討しやすいのが特徴です。

また、上述のとおり、Googleの資格保有者+専用ツールによる運用と、各種運用レポートをいつでも参照できる点を踏まえると、非常にコストパフォーマンスが高いサービスと言えるのではないでしょうか。
  

まとめ

リスティング広告を自社で運用する際、キーワード選定や広告の予算管理に手間がかかります。一方で、広告代理店へ運用代行を依頼するには、まとまった予算が必要になるため、リスティング広告の出稿になかなか踏み切れないというWeb担当者もいるはずです。

ferret Oneリスティング代行サービスを利用することで、アカウント開設からリスティングの管理、キーワードの最適化まで、面倒な作業を任せることができます。また、レポートがあるため効果を可視化でき、3ヵ月に1度のキーワード選定などの相談専用ツールで運用を行えるため、人的リソースも予算も最小限に抑えつつ効率的にリスティング広告を出稿することが可能です。

自社のキャンペーン企画など、短期間で成果を獲得したいものの、リスティング広告を運用することに対して抵抗を持っていたWeb担当者であれば、その解決策として「ferret Oneリスティング代行サービス」を利用してみてはいかがでしょうか。

[↓ ferret Oneリスティング広告代行に関するお問い合わせはこちら ↓](https://ferret-one.com/contact?utm_source=ferret&utm_medium=referral&utm_campaign=171026&waad=60bwXSZU):nofollow
[![screenshot_2017_10_25.png](https://ferret.akamaized.net/images/59f12c48fafbd83a9d0000b8/original.png?1508977732)](https://ferret-one.com/contact?utm_source=ferret&utm_medium=referral&utm_campaign=171026&waad=60bwXSZU):nofollow

  

↓ サービスの資料DLはこちら ↓

パンフレットCTA.jpg